中国が人民元為替介入へ: ずくなしの冷や水

2022年10月01日

中国が人民元為替介入へ

Beijing orders state banks to get ready for massive dollar dump – Reuters
The Chinese authorities are reportedly striving to shore up the yuan
China has told state-run financial institutions to prepare to sell off their dollar holdings while stocking up on offshore yuan, as Beijing tries to bolster the national currency, Reuters reported on Thursday, citing sources with knowledge of the matter.

The simultaneous dumping of the US dollar and purchasing of the yuan are expected to avoid further drops in the Chinese currency, which is currently on track for the biggest annual loss versus the greenback in nearly three decades. So far this year, the yuan has dropped over 11% against the dollar.

The unnamed source told the agency that the scale of this round of dollar selling to defend the weakening yuan is expected to be “rather big.”

China’s offshore yuan, which moves in lockstep with onshore yuan, saw a rebound of around 200 pips on the news. The trading volumes of offshore yuan account for about 70% of all yuan FX trades globally, dwarfing the volumes traded on the mainland.

The intervention scheme reportedly involved primarily using state lenders’ dollar reserves, while the total amount of selling is yet to be determined, since moves in the Chinese currency typically depend on dollar movements and the tightening policies pursued by the US central bank.
READ MORE: Russia to launch yuan bond sales – media

In 2015, the Chinese authorities burned through $1 trillion of its official FX reserves to support the yuan after a one-off devaluation of 2%, which roiled global financial markets.

Earlier this week, Beijing ordered China’s local banks to revive a yuan fixing tool that was abandoned two years ago, as the monetary authorities tried to steer and defend the weakening currency.
ロイター通信が木曜日に報じたところによると、中国は国営の金融機関に対し、人民元をオフショアに蓄える一方で、保有するドルを売却する準備をするように指示したという。

米ドルの売却と人民元の購入を同時に行うことで、中国通貨のさらなる下落を回避することが期待されている。現在、中国通貨は対ドルでは過去約30年間で最大の損失となる勢いだ。今年に入ってから、人民元は対ドルで11%以上下落した。

無名の情報筋は同機関に対し、元安を守るための今回のドル売りの規模は「かなり大きい」と予想されると語った。

オンショア人民元と連動して動く中国のオフショア人民元は、このニュースで約200ピップスの反発を見せた。オフショア人民元の取引量は、世界の人民元FX取引の約70%を占め、本土での取引量を凌駕している。

介入スキームは、主に国営金融機関のドル準備高を利用したと報じられているが、中国通貨の動きは通常、ドルの動きと米国中央銀行が追求する引き締め政策に依存するため、売りの総額はまだ確定していない。

2015年、中国当局は2%の一回限りの切り下げを行った後、人民元を支えるために公式な外貨準備の1兆ドルを焼き尽くし、世界の金融市場を混乱させた。

今週初め、北京は中国の地方銀行に2年前に放棄された人民元固定ツールを復活させるよう命じ、金融当局が弱体化する通貨の舵取りと防衛を図った。


posted by ZUKUNASHI at 19:27| Comment(0) | 国際・政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。