クレディスイスの破綻が近い?: ずくなしの冷や水

2022年10月31日

クレディスイスの破綻が近い?



クレディS、投資銀を待つ過酷な運命−身売りや資産運用に統合も
最も極端なケースでは、最大3分の2が最終的に身売りとなる可能性
M&Aアドバイザリーチームだけは比較的安泰と思われるが他は疑問

クレディ・スイスは5700億円の資本不足、財務強化や再編で−ドイツ銀
(ブルームバーグ): スイスの銀行、クレディ・スイス・グループは財務強化や事業再編、成長促進のために少なくとも40億スイス・フラン(約5700億円)の資本が不足していると、ドイツ銀行が試算した。

増資をする場合、その規模はクレディ・スイスが証券化商品トレーディング事業を売却するペース次第になるだろうと、ドイツ銀のアナリストらが30日のリポートで分析した。クレディ・スイスは規制上の資本最低要件は満たしているものの、将来的な目標や国内同業のUBSグループの水準には届いていないともドイツ銀は指摘した。

一連の不祥事や赤字で投資銀行事業継続のメリットが疑問視される中、ウルリッヒ・ケルナー新最高経営責任者(CEO)は部門再編の方法を探っており、証券化商品について外部資本を呼び込むことも検討している。



Troubled Swiss lender to axe thousands of jobs
Credit Suisse is planning a major overhaul aimed at restoring the bank’s credibility
Swiss banking giant Credit Suisse on Thursday announced plans to slash 9,000 jobs and sell off its deal-making unit. The announcement follows a series of scandals and billions in losses.

According to the bank, it is cutting 2,700 jobs in the final quarter of 2022 and will reduce employee numbers by 9,000 by the end of 2025. This is around 17% of the company’s workforce of 52,000. The bank will raise around $4 billion in fresh capital to fund the overhaul.

Credit Suisse will also revive its First Boston name − the US-based investment bank it acquired in 1990 − as it separates its deal-making unit from the rest of the investment bank.

The overhaul is an urgent attempt to restore credibility at Credit Suisse. The bank racked up billions of dollars in losses from the 2021 collapse of hedge fund Archegos and financial services firm Greensill. This, along with the bank’s management chaos, shattered its status as one of Europe’s most prestigious lenders.

Credit Suisse has since reshuffled its management team, suspended share buybacks and cut dividend payments.

Earlier this month, the embattled lender said it was selling the landmark five-star Savoy Hotel in Zurich’s financial district for as much as 400 million Swiss francs ($404 million). The offloading of the asset has further raised investor concerns about the bank’s financial health.
経営難に陥ったスイスの金融機関、数千人の雇用を削減へ
クレディ・スイスは、銀行の信頼性を回復することを目的とした大規模な見直しを計画している。
スイスの大手銀行クレディ・スイスは27日、9000人の雇用を削減し、取引部門を売却する計画を明らかにした。一連の不祥事と数十億円の損失を受けた後の発表である。

同行によると、2022年の最終四半期に2700人を削減し、2025年末までに従業員数を9000人減らすという。これは同社の従業員数52,000人の約17%にあたる。同行は、この再編のために約40億ドルの新たな資本を調達する予定です。

クレディ・スイスはまた、1990年に買収した米国の投資銀行であるファースト・ボストンの名前を復活させ、ディールメーキング部門を他の投資銀行から切り離す予定である。

この再編は、クレディ・スイスの信用を回復するための緊急の試みである。2021年のヘッジファンドArchegosと金融サービス会社Greensillの破綻により、同行は数十億ドルの損失を計上した。これは、同行の経営の混乱とともに、欧州で最も権威のある金融機関の1つとしての地位を揺るがした。

クレディ・スイスはその後、経営陣を入れ替え、自社株買いを中止し、配当金を減額した。

今月初めには、チューリッヒの金融街にある有名な5つ星ホテル、サボイ・ホテルを4億スイスフラン (4億400万ドル)で売却すると発表した。この資産の売却は、同行の財務の健全性に対する投資家の懸念をさらに高めた。

Swiss bank guilty of laundering drug money – media
Credit Suisse has rejected the verdict and plans to appeal
Switzerland’s second largest bank, Credit Suisse, was found guilty and fined for failing to detect a money-laundering scheme involving a drug cartel, Reuters reported on Monday.

According to the report, a former employee of the bank accepted some 146 million Swiss francs ($152 million) in bank deposits between 2004 and 2008 from a Bulgarian cocaine smuggling ring, while concealing the criminal origins of the funds. Switzerland’s Federal Criminal Court said on Monday that Credit Suisse had failed to both detect the scheme and implement anti-money laundering rules. Under Swiss law, a company can be held responsible for failing to take measures to prevent a crime.

“These deficiencies enabled the withdrawal of the criminal organization's assets, which was the basis for the conviction of the bank's former employee for qualified money laundering… The company could have prevented the infringement if it had fulfilled its organizational obligations,” the court said, as cited by Reuters, noting that the bank’s management had been “passive” in dealing with the case.

According to the former employee, her superiors were made aware of the origins of the money, but the bank continued to manage the funds nonetheless. Credit Suisse denied the funds originated illegally, stating that the clients in question presented themselves as owners of legitimate businesses in construction, leasing and hotels.

Both Credit Suisse and its former employee have denied any wrongdoing.

Credit Suisse now faces a fine of two million Swiss francs ($2.1 million), while the former employee was also fined and given a suspended 20-month prison sentence. The court also ordered the drug cartel’s funds that are held in the bank to be confiscated.

Credit Suisse said on Monday it would appeal against the conviction.
スイスの銀行、麻薬資金洗浄で有罪-メディア
クレディ・スイスは評決を拒否、控訴する予定
スイス第2位の銀行クレディ・スイスが、麻薬カルテルが関与するマネーロンダリング計画を発見できなかったとして有罪となり、罰金を科されたと、ロイター通信が1日に報じた。

それによると、同銀行の元従業員は2004年から2008年にかけて、ブルガリアのコカイン密輸組織から約1億4600万スイスフラン(1億5200万ドル)の銀行預金を受け入れながら、その資金の犯罪的出所を隠していたという。スイスの連邦刑事裁判所は月曜日、クレディ・スイスはこの計画を発見することも、マネーロンダリング防止規則を実施することもできなかったと発表した。スイスの法律では、企業は犯罪を防止するための措置を講じなかった責任を問われる可能性がある。

ロイター通信によると、裁判所は、「これらの欠陥により、犯罪組織の資産の引き出しが可能となり、これが同行の元従業員が適格マネーロンダリングで有罪判決を受ける根拠となった...同社は、組織的義務を果たしていれば、侵害を防ぐことができた」と述べ、同行の経営陣はこの事件に「受身」だったことに言及した。

元従業員によると、上司は資金の出所を知っていたが、それでも銀行は資金を管理し続けたという。クレディ・スイスは、当該顧客は建設、リース、ホテルなどの合法的なビジネスのオーナーであるとし、資金の不法な起源を否定している。

クレディ・スイスとその元社員は、ともに不正行為を否定している。

クレディ・スイスは現在、200万スイスフラン(約210万円)の罰金を科され、元従業員も罰金と執行猶予付きの20カ月の実刑判決を言い渡された。裁判所はまた、同銀行に保管されている麻薬カルテルの資金を没収するよう命じた。

クレディ・スイスは月曜日、有罪判決に対して控訴すると発表した。

posted by ZUKUNASHI at 17:48| Comment(0) | 国際・政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。