セーフセックスの研究で意外な結果が: ずくなしの冷や水

2022年09月30日

セーフセックスの研究で意外な結果が

Safe-sex study delivers surprising result
Young people who were texted about safe sex ended up catching diseases through sex more than those who weren’t, research indicates
Sending text messages encouraging safe-sex behavior to young people who have recently experienced a sexually transmitted infection (STI) is unable to prevent them from getting reinfected, a British study has found out.

The effectiveness of the Safetxt project, which is aimed at reducing reinfections of chlamydia and gonorrhea, has been tested by researchers from the London School of Hygiene and Tropical Medicine.

They published the results of the study, which involved more than 3,000 people aged between 16 and 24, in the medical magazine BMJ on Wednesday.

The participants were separated into two groups, with one of them being sent frequent messages from Safetxt and the other not getting any texts at all.

The researchers found out that 22.2% of those who had received the texts became reinfected with chlamydia or gonorrhea, compared to just 20.3% among those who hadn’t.

“The Safetxt intervention did not reduce chlamydia and gonorrhea reinfections at one year in people aged 16-24 years. More reinfections occurred in the Safetxt group,” the paper acknowledged.

The authors said that their findings “highlight the need for rigorous evaluation of health communication interventions.”

They also advised the World Health Organization (WHO) that recommends the use of such messaging to “revise its endorsement of digital behavior change communication for strengthening health systems, to specify which topics and content WHO endorses.”

安全なセックスについてテキストを送られた若者は、送られなかった若者よりもセックスによって病気に感染してしまうという研究結果が発表された
最近性感染症(STI)を経験した若者に安全なセックス行動を促すテキストメッセージを送っても、再感染を防ぐことはできないことが、英国の研究で明らかになった。

クラミジアや淋病の再感染を減らすことを目的とした「Safetxt」プロジェクトの効果を、ロンドン大学衛生熱帯医学校の研究者が検証した。

彼らは、16歳から24歳の3,000人以上を対象とした研究結果を、9/28に医学雑誌「BMJ」に発表しました。

参加者は2つのグループに分けられ、一方はSafetxtから頻繁にメッセージを送られ、もう一方は全くメールを受け取らないようにした。

研究者は、テキストを受信した人の 22.2% がクラミジアまたは淋病に再感染し、しなかった人のちょうど 20.3% に比べられることを発見しました。

「セーフテクトの介入は、16〜24歳の人々の1年後のクラミジアと淋病の再感染を減少させなかった。セーフテキスト群ではより多くの再感染が起こった」と論文では認めている。

著者らは、この調査結果について、"ヘルスコミュニケーション介入の厳密な評価の必要性を強調するものである "と述べています。

また、このようなメッセージングの使用を推奨している世界保健機関(WHO)に対して、"保健システム強化のためのデジタル行動変容コミュニケーションの推奨を修正し、WHOが推奨するテーマと内容を明記する "よう助言しています。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

・・・あまり大きな差でないように思いますが、英国では淋病に何度もかかっている若い人が多いんですね。

米国はもっとすごいらしいですが。
Sexually transmitted diseases ‘out of control’ in US – officials
Health authorities are sounding the alarm over the brisk spread, urging swift prevention measures
posted by ZUKUNASHI at 15:50| Comment(0) | 健康・病気
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。