ユーロ圏の景気後退は目前: ずくなしの冷や水

2022年09月27日

ユーロ圏の景気後退は目前

Eurozone recession warning issued
The economic downturn across the 19-nation bloc has deepened, says S&P Global
The Eurozone’s economic downturn deepened in September, with business activity contracting for a third consecutive month, a new survey by S&P Global showed.

The report found that manufacturers across the 19-country union were hit hard by skyrocketing energy costs, with the purchasing managers index (PMI) sinking to its lowest level since 2013. The PMI, which is seen as a good gauge of overall economic health, fell from 48.9 in August to 48.2 in September.

Surging energy prices and the rising cost of living are “not only hitting demand but also limiting manufacturing production and service-sector activity in some cases,” S&P Global economist Chris Williamson said in a statement seen by Bloomberg.

“A Eurozone recession is on the cards,” Williamson warned, noting “Germany is facing the toughest conditions, with the economy deteriorating at a rate not seen outside of the pandemic since the global financial crisis.”

Overall demand in the Eurozone plunged to its lowest mark since November 2020, when the continent was in the grips of the second wave of the Covid pandemic. The business expectations index also declined, slipping to 53.8 from last month’s 56.6, its lowest reading since May 2020.

S&P Global expects the euro area’s economy to shrink by 0.1% in the third quarter.
ユーロ圏の景気後退は9月に深まり、企業活動は3カ月連続で縮小したことが、S&Pグローバル社の新しい調査により明らかになった。

同調査によると、19カ国からなるユーロ圏の製造業はエネルギーコストの高騰により大きな打撃を受け、購買担当者景気指数(PMI)は2013年以来最低水準に沈んでいる。経済全体の健全性を測る目安とされるPMIは、8月の48.9から9月には48.2まで低下した。

S&Pグローバルエコノミストのクリス・ウィリアムソン氏は、ブルームバーグが見た声明の中で、エネルギー価格の高騰と生活費の高騰が「需要を直撃するだけでなく、場合によっては製造業の生産とサービス部門の活動を制限している」と述べている。

"ユーロ圏の景気後退は目前だ "とウィリアムソン氏は警告し、"ドイツは最も厳しい状況に直面しており、世界金融危機以来、パンデミック以外では見られなかった速度で経済が悪化している "と指摘した。

ユーロ圏の総需要は、大陸がコビドパンデミックの第2波に見舞われた2020年11月以来の低水準に急落した。景気期待指数も低下し、先月の56.6から53.8に落ち込み、2020年5月以来の低水準となった。

S&Pグローバルは、第3四半期のユーロ圏経済が0.1%縮小すると予想している。

Worst bond market crash in over 70 years coming – Bloomberg
The central banks’ aggressive interest rate hikes could cause a heavy selloff, strategists reportedly warn
Global government bonds are on course for their worst performance since 1949 as losses mount in the face of aggressive central banks, Bloomberg reported over the weekend citing Bank of America projections.

According to the report, the escalating losses reflect how far the US Federal Reserve and other central banks have shifted away from the monetary policies of the Covid pandemic, when they held rates near zero to keep their economies going. The reversal has hit everything from stock prices to oil as investors brace for an economic slowdown.

On Friday, the UK’s five-year bonds plummeted by the most since 1992 after the government rolled out a massive tax-cut plan. Two-year US Treasuries are in the middle of the longest losing streak since at least 1976, falling for 12 straight days.

“Bottom line, all those years of central bank interest-rate suppression - poof, gone,” Peter Boockvar, chief investment officer at Bleakley Advisory Group told the media outlet. “These bonds are trading like emerging market bonds, and the biggest financial bubble in the history of bubbles, that of sovereign bonds, continues to deflate,” he explained.

The Fed raised its policy-rate range to 3.25% on Wednesday, which is its third straight 75-basis-point hike, hinting further increases beyond 4.5%.

“With more Fed rate hiking coming and quantitative tightening, as well as the possibly more government debt issuance down the road amid less Treasury buyers out there now, it all just means higher rates,” managing director at Mischler Financial Glen Capelo said, adding: “The 10-year yield is definitely going to get closer to 4%.”

According to Bloomberg, in the coming week the market may face fresh volatility from the release of inflation data and public speaking engagements by Fed officials. Also, the sale of new two-, five- and seven-year Treasuries will likely spur trading volatility in those benchmarks, it reports.
70年以上ぶりの債券市場の大暴落がやってくる - Bloomberg
中央銀行の積極的な利上げにより、激しい売り浴びせが起こる可能性があると、ストラテジストが警告していると報じられた。
ブルームバーグは週末、バンク・オブ・アメリカの予測を引用して、世界の国債は積極的な中央銀行の前に損失が拡大し、1949年以来最悪のパフォーマンスとなる方向であると報じた。

このレポートによると、損失が拡大しているのは、アメリカ連邦準備制度理事会(FRB)やその他の中央銀行が、経済を維持するために金利をゼロ付近に維持していたコビドパンデミック期の金融政策から大きく離れてしまったことを反映しているという。この逆転現象は、投資家が景気減速に備える中、株価から原油に至るまであらゆるものに打撃を与えている。

金曜日には、英国政府が大規模な減税計画を打ち出した後、英国の5年物国債は1992年以来最も下落した。年物の米国債は、少なくとも1976年以来最も長い連敗の真っ最中で、12日連続で下落している。

ブリークレイ・アドバイザリー・グループのピーター・ブックバー最高投資責任者は同メディアに、「要するに、長年にわたる中央銀行の金利抑制が、パッと消えてしまったのだ」と語った。「これらの債券は新興国債券のように取引されており、バブル史上最大の金融バブルであるソブリン債のデフレが続いている」と説明した。

FRBは2日、政策金利の幅を3.25%に引き上げ、75ベーシスポイントの3回連続の引き上げとなり、4.5%を超えるさらなる引き上げを示唆した。

ミシュラー・ファイナンシャルのマネージングディレクター、グレン・カペロ氏は、「FRBの利上げと量的引き締めに加え、国債の買い手が少なくなる中で国債発行が増える可能性があり、すべては金利上昇を意味します」と述べ、次のように付け加えた。「10年物国債の利回りは、間違いなく4%に近づいていくだろう」。

ブルームバーグによると、来週はインフレデータの発表やFRB高官の講演などで、市場は新たな変動に直面する可能性があるという。また、2年債、5年債、7年債の新規売り出しが、これらのベンチマークの取引変動に拍車をかける可能性が高いと報じている。


EU central bank warns ‘outlook is darkening’

The ECB has slashed growth forecasts, hiking interest rates even as it predicts inflation will climb further
Europe is facing lower-than-expected economic growth as inflation continues to climb, European Central Bank chief Christine Lagarde revealed on Monday, explaining that the ECB had raised interest rates by 75 basis points in an attempt to control soaring prices.

Speaking before the European Parliament’s Committee on Economic and Monetary Affairs on Monday, Lagarde admitted that “inflation remains far too high and is likely to stay above our target for an extended period.”

The former IMF boss warned that the “economic consequences for the euro area” of “Russia’s unjustified war of aggression on Ukraine” had spiraled further since June, a reference to Western sanctions on Russian oil and gas, which have sent fuel prices skyrocketing.

“The outlook is darkening,” she said.

While the Eurozone economy grew 0.8% in the second quarter, Lagarde said the ECB expected activity to “slow substantially” over the rest of 2022, to a total of 3.1% over the year and a mere 0.9% for all of 2023. Things will improve marginally in 2024, with growth projected at 1.9%, she said.

Much of this quarter’s economic growth was due to “strong consumer spending” driven by the reopening of Covid-shuttered industries like tourism, Lagarde said, while noting a decline in global demand due to what she called the “worsening terms of trade.”

High inflation is being “reinforced by gas supply disruptions,” she said, adding that “uncertainty” and “falling household and business confidence” were also contributing to the bleak predictions.

Inflation hit 9.1% in August, driven by energy and food prices. The ECB has hiked its inflation projections accordingly, setting 8.1% for 2022, 5.5% for 2023, and 2.3% for 2024, with Lagarde pointing the finger again at “major disruptions in energy supplies.”

The central bank’s recent 75-point interest increase earlier this month was only the second hike in 11 years, after it added 50 basis points in July. Lagarde said the increase would “dampen demand” but ensure that “inflation expectations remain well anchored.”

Lagarde admitted the situation is expected to “get worse before it gets better” with regard to high energy and food costs − the most important issues for two out of three Europeans right now, according to a Eurobarometer survey.

She urged governments, however, to make sure fiscal support for “the most vulnerable households” was “temporary and targeted” so as not to exacerbate “inflationary pressures.”
EU中央銀行、「見通しは暗くなっている」と警告。
ECBは成長予測を下方修正し、インフレがさらに上昇すると予測して金利を引き上げた
欧州中央銀行(ECB)のクリスティーヌ・ラガルド総裁は月曜日、インフレ率が上昇を続けるなか、欧州は予想を下回る経済成長に直面していると明らかにし、ECBが高騰する物価を抑制するために75bpの金利引き上げを行ったことを説明した。

ラガルド氏は月曜日に欧州議会の経済通貨委員会で演説し、「インフレ率は依然として高すぎ、長期間にわたって目標を上回って推移する可能性がある」と認めた。

元IMFのボスは、「ロシアのウクライナに対する不当な侵略戦争」がもたらす「ユーロ圏への経済的影響」が6月以降さらに急増していると警告した。これは、燃料価格を高騰させたロシアの石油とガスに対する西側の制裁措置に言及したものである。

「見通しは暗くなっている」と彼女は述べた。

第2四半期のユーロ圏の経済成長率は0.8%だったが、ラガルド氏はECBが2022年の残りの期間、経済活動は「大幅に減速」し、年間では合計3.1%、2023年全体ではわずか0.9%になると予想していると述べた。2024年にはわずかに改善し、成長率は1.9%になると予測した。

今期の経済成長の多くは、観光業など閉鎖された産業の再開による「強い個人消費」によるものだとラガルドは述べ、一方で彼女が「交易条件の悪化」と呼ぶものによる世界需要の減少に言及した。

高いインフレ率は「ガス供給の途絶によって強化されている」とし、「不確実性」と「家計と企業の信頼感の低下」も暗い予測に拍車をかけていると付け加えた。

8月のインフレ率は、エネルギーと食品価格に牽引され、9.1%に達した。ECBはそれに合わせてインフレ率予測を引き上げ、2022年に8.1%、2023年に5.5%、2024年に2.3%としている。ラガルドは再び「エネルギー供給における大きな混乱」を指摘した。

今月初めに中央銀行が行った75ポイントの利上げは、7月に50ベーシスポイントを上乗せした後、11年ぶり2回目の利上げとなった。ラガルドは、この引き上げは "需要を減衰させる "が、"インフレ期待は十分に固定されたままである "ことを保証するものだと述べた。

ラガルドは、ユーロバロメーター調査によると、ヨーロッパ人の3人に2人が現在最も重要視しているエネルギーと食料のコスト高について、状況が「良くなる前に悪くなる」ことが予想されると認めた。

しかし、彼女は各国政府に対し、「最も脆弱な家庭」に対する財政支援が、「インフレ圧力」を悪化させないよう、「一時的で的を絞った」ものであることを確認するよう促した。

Eurozone economic growth may drop to zero – ECB
Economic output has been suffering due to rising energy costs
Eurozone economic growth has slumped and could soon wind down to zero, the European Central Bank (ECB) vice president said on Monday.

“We are seeing that in the third and fourth quarters there is a significant slowdown and we may find ourselves with growth rates close to zero,” Luis de Guindos said at a conference, according to Reuters.

Economic output has been suffering due to soaring energy costs and the loss of Russian natural gas, which has raised the risk of energy rationing during the upcoming heating season. Elevated energy prices propelled euro area annual inflation to 9.1% in August, and are expected to drive it up to 9.6% this month, a record high for the region.

The ECB raised interest rates earlier this month by an unprecedented 75 basis points, mere weeks after a 50 basis-point move in order to fight inflation. The regulator said more rate hikes are coming, with analysts expecting another rate move in October, with more increases at every meeting through next spring.

De Guindos did not disclose how aggressive these upcoming moves will be, noting only that they will be “data-dependent” and stressing that inflationary pressures have significantly increased in recent months.

posted by ZUKUNASHI at 17:39| Comment(0) | 国際・政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。