イランで国内抗議運動: ずくなしの冷や水

2022年09月26日

イランで国内抗議運動

これが暴動の原因についての西側メディアの報道です。逮捕された後に意識がなくなったのではなく、市民と何か話した後に倒れており、イラン当局は心筋梗塞だとしています。金がばらまかれたとはいえ、死者が出て、救急車が60台も破壊される騒ぎになりました。





・・・インターネットを止めるとツイッター、電子メール、テレグラム、サイト更新が止まりますから、多くの抗議者への連絡が止まります。電話を使っての指示は手間がかかりすぎて実用的でない。イラン政府はそれを知っていてネットを止めた。米国はせっかく金をかけ火をつけたのに鎮火してしまうのは惜しい。輸出制限を緩和してネット停止に対抗できる機器をの輸出を可能にする。間に合いますかね。

カラー革命で火をつけられたらネットを止める。これがどの国でも採用されますね。衛星経由のネット使用はウクライナのマリウポルで例がありましたが、機器は高い。



・・・この女性は米国から金をもらっていると記者の対談で暴露されていました。

Iran summons Western envoys
Tehran summoned the British and Norwegian ambassadors over their countries’ “hostile” and “interventionist” support for protests

The Iranian Foreign Ministry summoned the British and Norwegian ambassadors on Saturday, amid anti-government protests broadly supported by the West.

The British envoy, Simon Shercliff, was asked to explain the “hostile” tone of UK-based Persian media, while Norway’s Sigvald Hauge was questioned over the “interventionist stance” of Norway’s Iranian-born parliament speaker, Masud Gharahkhani, Iran’s ISNA news agency reported on Sunday.

Shercliff was summoned over Britain’s hosting of Iran International, Manoto TV, and BBC Persian, Iran International reported. Based in London and funded by Saudi Arabia, Iran International’s pro-opposition line has drawn Tehran’s ire before, and the network has been accused of bias by its own reporters.

The ministry views these British-hosted outlets as interfering in its internal affairs.

Hauge was asked to explain the “interventionist” remarks of Gharahkhani, who posted a video to Twitter this week backing the ongoing protests in Iran. "If my parents had not made the choice to flee in 1987, I would have been one of those fighting for my life on the streets,” he declared in the video.

Violent demonstrations have taken place in cities and towns across Iran for over a week, following the death of 22-year-old Mahsa Amini in police custody. She was reportedly detained for wearing an “improper” hijab. While casualty figures from the protests vary wildly, Iran’s state media said on Saturday that 41 police and demonstrators have been killed since September 17.

The protests have received considerable attention from Western politicians and media outlets, with the US on Friday lifting some restrictions on providing internet services to Iran in a bid to help demonstrators organize and share footage from the protests.

Iranian officials have alleged that forces from “outside the country” are working to stir up unrest over Amini’s death. At least one foreign NGO, the San Francisco-based United for Iran, has admitted this, with its director telling The Guardian that his team has been organizing protesters for several months.

In the US, the CIA-backed National Endowment for Democracy has been financing the opposition in Iran for several years, and is currently promoting one of its grant recipients as a source of authoritative coverage on the protests.
テヘランは、抗議活動への「敵対的」かつ「介入的」な支援について、イギリスとノルウェーの大使を召喚した。

イラン外務省は土曜日、欧米諸国が広く支持する反政府デモの中で、イギリスとノルウェーの大使を召喚した。

イランのISNA通信が日曜日に報じたところによると、英国の特使サイモン・シャークリフは、英国に拠点を置くペルシャメディアの「敵対的」な論調について説明を求められ、ノルウェーのシグヴァルド・ハーゲは、イラン出身のマスード・ガラーハニ国会議長の「介入的姿勢」について質問を受けたという。

Shercliff氏は、英国がIran International、Manoto TV、BBC Persianを受け入れていることについて召喚されたと、Iran Internationalは報じている。ロンドンに拠点を置き、サウジアラビアから資金提供を受けているイラン・インターナショナルの親反政府路線は、以前からテヘランの怒りを買っており、同局の記者からは偏向報道だと非難されてきた。

同省は、こうした英国主催の報道機関を内政干渉とみなしている。

ハウゲは、今週ツイッターにイランで進行中の抗議行動を支持するビデオを投稿したガラハニ氏の「介入的」発言について説明を求められた。「もし私の両親が1987年に逃げるという選択をしていなかったら、私も路上で命をかけて戦う一人になっていただろう」と彼は動画の中で宣言している。

22歳のマフサ・アミニさんが警察に拘束され死亡したことを受け、イラン全土の市や町で1週間以上にわたって激しいデモが行われている。彼女は「不適切な」ヒジャブを着用したことを理由に拘束されたと伝えられています。デモの犠牲者の数はまちまちだが、イランの国営メディアは土曜日に、9月17日以来41人の警察官とデモ参加者が殺害されたと発表した。

デモは欧米の政治家やメディアから大きな注目を集めており、米国は金曜日、デモ隊の組織化やデモの映像の共有を支援するため、イランへのインターネットサービス提供の制限を一部解除した。

イラン政府関係者は、「国外」の勢力がアミニさんの死に対する不安を煽るために動いていると主張している。少なくとも、サンフランシスコに拠点を置く外国のNGO「United for Iran」はこれを認めており、そのディレクターはガーディアン紙に、自分のチームが数カ月にわたってデモ参加者を組織してきたと語っている。

米国では、CIAの支援を受けた全米民主化基金が数年にわたりイランの反対派に資金を提供しており、現在、その助成先のひとつを、抗議デモに関する権威ある報道源として宣伝している。
・・・RTの報道ではマフサ・アミニさんが警察に拘束され死亡したとしています。
イランにおけるこの「自由」運動の「指導者」が米国政府職員であり、ネオコンの親友であることは誰にとっても奇妙ではないだろうか?でもねえ、確かに、それは完全に合法です...
posted by ZUKUNASHI at 17:38| Comment(0) | 国際・政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。