ウクライナ危機の平和的解決は現在不可能-ロシア: ずくなしの冷や水

2022年09月24日

ウクライナ危機の平和的解決は現在不可能-ロシア

Peaceful solution to Ukraine crisis currently not possible – Russia
President Vladimir Putin earlier accused Kiev of refusing to hold further negotiations
The armed conflict in Ukraine cannot be resolved through negotiations under current circumstances, Kremlin spokesman Dmitry Peskov said on Monday, as cited by Interfax.

Asked if there was a path towards a diplomatic settlement, Peskov said that “at the moment, such a prospect cannot be observed,” the news agency reported.

Moscow blamed Kiev for the suspension of peace talks. In late March, the two parties discussed a draft peace agreement, which would make Ukraine a neutral state in exchange for security guarantees given by major world powers. However the Ukrainian government ended talks in April, after accusing Russian troops of having committed war crimes, an allegation that Moscow said was based on falsified evidence.

Ukrainian President Vladimir Zelensky has since declared that his country will only be satisfied by defeating Russia on the battlefield and pushing its forces from the entire territory claimed by Kiev.

That includes Crimea, the former Ukrainian region that rejoined Russia after an armed coup in Kiev in 2014. Moscow considers Crimea to be under its sovereignty and its status not subject to discussions.

Russian President Vladimir Putin commented on Kiev’s position last week stating: “Zelensky said publicly … that he is not ready to talk to Russia. Well, if he is not, fine by us.”

Earlier this month, Ukraine launched a major military counter-offensive in its north east. At the same time Russian troops pulled back from some areas, which served to avoid major losses.

Another of Kiev’s attempts to make gains in the south was far less successful and reportedly resulted in serious casualties and loss of military equipment.

プーチン大統領は先に、キエフがさらなる交渉の開催を拒否していることを非難した。
ウクライナの武力紛争は、現在の状況では交渉によって解決することはできないと、クレムリンのドミトリー・ペスコフ報道官が月曜日、インタファクスが引用したように述べた。

外交的解決への道はあるのかと問われたペスコフ報道官は、「現時点では、そのような展望は観察できない」と述べたと、同通信は報じている。

モスクワは、和平交渉の中断についてキエフを非難した。3月下旬、両者は世界の主要国から与えられる安全保障と引き換えにウクライナを中立国にするという和平協定案を協議した。しかし、ウクライナ政府は、ロシア軍が戦争犯罪を犯したと非難した後、4月に協議を打ち切った。この非難は、モスクワが偽造された証拠に基づくものだと述べた。

ウラジーミル・ゼレンスキー大統領は、戦場でロシアを打ち負かし、キエフが主張する全領土からロシア軍を追い出すことによってのみ、自国は満足できると宣言している。

その中には、2014年にキエフで起きた武力クーデターの後、ロシアに再加盟した旧ウクライナ領のクリミアも含まれている。モスクワはクリミアを自国の主権下に置き、その地位は議論の対象にはならないと考えている。

ロシアのプーチン大統領は先週、キエフの立場について次のようにコメントした。「ゼレンスキーは、ロシアと話す用意がないと公言した。まあ、彼がそうでないなら、私たちは構わない」。

今月初め、ウクライナは北東部で大規模な軍事反攻を開始した。同時にロシア軍は一部の地域から撤退し、大きな損失を避けることができた。

キエフが南方で行ったもう一つの試みは成功とは程遠く、深刻な死傷者と軍備の喪失を招いたと伝えられている。
posted by ZUKUNASHI at 22:19| Comment(0) | ウクライナ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。