コロナで7日間病欠の労働者は1年後も労働市場にとどまっている確率が7%も低下: ずくなしの冷や水

2022年09月15日

コロナで7日間病欠の労働者は1年後も労働市場にとどまっている確率が7%も低下



The Impacts of Covid-19 Illnesses on Workers
Gopi Shah Goda & Evan J. Soltas
We show that Covid-19 illnesses persistently reduce labor supply. Using an event study, we estimate that workers with week-long Covid-19 work absences are 7 percentage points less likely to be in the labor force one year later compared to otherwise-similar workers who do not miss a week of work for health reasons. Our estimates suggest Covid-19 illnesses have reduced the U.S. labor force by approximately 500,000 people (0.2 percent of adults) and imply an average forgone earnings per Covid-19 absence of at least $9,000, about 90 percent of which reflects lost labor supply beyond the initial absence week.
我々は、Covid-19による疾病が労働供給を持続的に減少させることを示す。イベントスタディを用い、Covid-19で1週間欠勤した労働者は、健康上の理由で1週間欠勤しなかった同様の労働者と比較して、1年後に労働力となっている確率が7%ポイント低くなると推定している。我々の推計によると、Covid-19による疾病は、米国の労働力を約50万人(成人の0.2%)減少させ、Covid-19による欠勤1回につき平均9000ドル(約90%は最初の欠勤週以降の労働供給の喪失)以上の所得の喪失を意味する。
posted by ZUKUNASHI at 21:54| Comment(0) | Covid19
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。