台北の軍関係者が中国の侵略から島を防衛する方法を説明: ずくなしの冷や水

2022年09月01日

台北の軍関係者が中国の侵略から島を防衛する方法を説明

Taiwan threatens Beijing with ‘counterattack’
Military officials in Taipei explain how the island would defend itself from a Chinese invasion
Taiwan has vowed to launch a forceful “counterattack” and “destroy enemy forces” in the event of an incursion by the Chinese military, as tensions continue to soar between Beijing and Taipei following a high-level visit by US officials to the island.

Speaking at a press conference on Wednesday, Taiwanese military officials outlined alleged “threats from the People’s Republic of China” and discussed a series of “large-scale exercises” carried out by the Chinese military earlier in August following a visit by US House Speaker Nancy Pelosi and other officials.

“Some of the live-fire drills overlapped our country’s territorial seas… and endangered international waterways,” Defense Ministry spokesman Major General Sun Li-fang said, claiming that the exercises threatened the “international order.”

The Taiwanese military operations and planning chief, Major General Lin Wen-huang, went on to say that the island reserves the right to respond in force if the People’s Liberation Army breaches its airspace or waters.

“For PLA aircraft and warships that entered our territorial sea and airspace within 12 nautical miles, our armed forces will exercise the right to self-defense and counterattack,” he told reporters.

“Our stance is that the closer the incursions are to Taiwan – the stronger our counter-measures will be,” he added, vowing to gradually deploy “naval and air forces, and coastal fire” to dispel the invading Chinese forces if they enter the 24 and 12 nautical mile zones claimed by Taiwan.

If Beijing decides to launch an amphibious assault, “we will use the geographical advantage of the Taiwan strait, and use our forces to stop enemy from launching, strike enemy while transiting, damage enemy while mending, and destroy enemy at beach,” the Taiwanese military official added.
台北の軍関係者が中国の侵略から島を防衛する方法を説明
台湾は、米国高官の台湾訪問を受け、北京と台北の間の緊張が高まる中、中国軍の侵攻があった場合、強力な「反撃」を開始し、「敵軍を撃破」することを誓った。

水曜日に行われた記者会見で、台湾の軍関係者は「中華人民共和国からの脅威」について述べ、ナンシー・ペロシ米下院議長やその他の政府高官が訪問した後の8月初めに中国軍が行った一連の「大規模演習」について説明した。

国防部報道官の孫立方少将は「一部の実弾演習はわが国の領海に重なり、国際水路を危険にさらした」と述べ、演習は「国際秩序」を脅かすと主張した。

台湾軍の作戦・計画責任者である林文煌少将は、人民解放軍が領空や領海を侵犯した場合、台湾は武力で対応する権利を留保していると言い放った。

「12海里以内の領海・領空に侵入したPLAの航空機や軍艦に対して、わが軍は自衛権・反撃権を行使する」と記者団に語った。

「また、中国軍が台湾の主張する24海里と12海里に侵入した場合、「海空戦力、海岸砲火」を徐々に展開し、侵入した中国軍を撃退することを約束した。

また、北京が水陸両用攻撃を行う場合、「台湾海峡の地理的優位性を利用し、敵の発進を阻止し、通過中の敵を攻撃し、繕い中の敵に損害を与え、海岸で敵を破壊するために兵力を用いる」と台湾軍関係者は付け加えた。

Taiwan fires live rounds at Chinese drones 'for first time'
The incident came after Taipei said it would start shooting down China’s unmanned aircraft
台湾軍司令部は24日、兵士がエルダン島上空で無人機の「バッチ」に実弾の威嚇射撃を行い、その後、無人機は中国に帰還したと発表した。台湾海峡の緊張が高まる中、台北はこのところ中国のドローン飛行に厳しい姿勢を示している。

現地時間午後4時過ぎから、3機の「民間」ドローンのグループが、金門群島を構成する台湾の大段、二段、石宇の各島上空を飛行した。陸軍司令部の声明によると、1つのグループがエルダン島上空の制限空域に入ったため、兵士が「防御射撃」を行い、機体を追い払ったとのことです。

砲撃を受けた後、無人機は中国の廈門(アモイ)に向かったという。

地元メディアによると、台湾軍はこれまで中国の無人機に対して実弾を使用したと報告したことはないが、火曜日の事件は、台湾の国防省が中国の無人機に対処する際、新たに4段階の手順を踏むと発表した2日後に発生したものである。

同省によると、この手順には「信号弾を発射し、侵入を報告し、ドローンを追い出し、撃墜する」ことが含まれるという。

台湾は今月初め、金門上空で中国の無人機に照明弾を発射し、この無人機は金門の軍事防衛を調査するために送り込まれたとしている。中国本土の近くに位置する金門は厳重に要塞化されており、1950年代に中国の共産党政府と蒋介石率いる民族主義勢力との間で起こった紛争で主要な役割を果たした。

金門上空を飛行するドローンの映像は、ここ数週間、中国のソーシャルメディア上で共有されており、ある映像では、台湾軍がホバリングする機体に向かって石を投げつけています。

posted by ZUKUNASHI at 19:50| Comment(0) | 台湾
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。