南部での不手際な作戦で1000人以上のウクライナ軍兵士が死亡: ずくなしの冷や水

2022年08月31日

南部での不手際な作戦で1000人以上のウクライナ軍兵士が死亡

Russia releases new estimate of Ukrainian counter-offensive losses
Over 1,000 Ukrainian service members were killed in a botched operation in the south of the country, Moscow has claimed
Russian forces have taken out hundreds of Ukrainian troops and dozens of tanks and armored military vehicles after repelling an ill-fated offensive in the south of the country, the Defense Ministry claimed on Tuesday.

A statement added that officials believe the failerd operation was mounted at the personal order of President Vladimir Zelensky.

“The effective actions by the Russian forces destroyed 48 tanks, 46 infantry fighting vehicles, 37 other armored combat vehicles, eight pickups with heavy machine guns and more than 1,200 Ukrainian servicemen in one day,” they outlined. The Ministry added that Kiev sustained these losses during a botched offensive whose directions led to Nikolaev, Krivoy Rog, and other cities in southern Ukraine.

The ministry went on to say that Moscow’s forces routed the units of the 128th Ukrainian Mountain Assault Brigade, which had been redeployed from western Ukraine to take part in the operation. “Five service members from this brigade laid down their arms and gave in,” the ministry added.

Russian forces also wiped out “more than 200 militants, including about 40 foreign mercenaries” as well as more than 20 armor units, according to the military.

The Russian Defense Ministry’s statement comes after its claim on Monday that the Ukrainian counteroffensive in Kherson had “failed miserably.” At the time, the ministry put Kiev’s losses at 26 tanks, 23 armored fighting vehicles, nine more armored vehicles, two jets and at least 560 troops.

Kiev has been talking about a “Kherson counteroffensive” all summer, while soliciting more weapons and ammunition from its Western backers. In a video address to the people on Sunday, Zelensky vowed that “Ukraine will return” to Donbass – as well as Kharkov, Zaporozhye, Kherson, and “definitely to Crimea.”

ロシア、ウクライナの反攻作戦の損失に関する新たな推定値を発表
南部での不手際な作戦で1000人以上のウクライナ軍兵士が死亡したとモスクワは主張している
ロシア軍は、ウクライナ南部での不運な攻撃を撃退した後、数百人のウクライナ軍と数十台の戦車や装甲軍用車両を破壊したと、国防省は火曜日に主張した。

この作戦は、ウラジーミル・ゼレンスキー大統領の個人的な命令によって行われたものであるとの見解が示された。

「ロシア軍の効果的な行動により、戦車48両、歩兵戦闘車46両、その他の装甲戦闘車37両、重機関銃付きピックアップ8両、ウクライナ軍兵士1200人以上が1日で破壊された」と彼らは概要を述べている。同省は、キエフがニコラエフ、クリボイ・ログ、その他ウクライナ南部の都市に向かった失敗した攻撃でこれらの損害を受けたと付け加えた。

さらに同省は、モスクワ軍は、作戦に参加するためにウクライナ西部から再派遣された第128ウクライナ山岳強襲旅団の部隊を撃退した、と述べた。「この旅団から5人の軍人が武器を捨てて降伏した」と同省は付け加えた。

ロシア軍はまた、「約40人の外国人傭兵を含む200人以上の武装勢力」と「20以上の装甲部隊」を一掃したという。

ロシア国防省の声明は、月曜日にケルソンでのウクライナの反攻は「無惨に失敗した」と主張した後のものである。当時、同省はキエフの損失は、戦車26台、装甲戦闘車23台、さらに装甲車9台、ジェット機2機、少なくとも560人の兵士と発表していた。

キエフは、夏の間ずっと「ケルソン反攻」について語り、西側の支援者からさらに武器と弾薬を要求してきた。日曜日に国民に向けたビデオ演説で、ゼレンスキーはドンバスに、同様にハリコフ、ザポロジエ、ケルソン、そして「間違いなくクリミアに」「ウクライナは戻ってくる」と誓った。

・・・・・

ロシア軍は時間をかけて侵攻しています。ウクライナ軍は武器も乏しく指揮命令系統も不全。ゼレンスキーは、正常な判断能力を失っている。軍が大敗が目に見えているこのような命令に従うようではクーデターは無理ですね。日本の太平洋戦争末期と同じです。

きわめて残念なことに、国際社会からの停戦に対する働きかけが少ないです。EU構成国の指導者も狂っている人が多い。どの国でも、現代でもすぐにこうなるんですね。日本がこうなるのは早いんでしょう。

ゼレンスキーの演説にスタンディングオベイションをした日本の国会議員は野党も含めひたすら沈黙していますね。
posted by ZUKUNASHI at 09:33| Comment(0) | ウクライナ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。