英国の航空母艦が出港間もなく故障で引き返す: ずくなしの冷や水

2022年08月30日

英国の航空母艦が出港間もなく故障で引き返す

British Navy comments on failure of its biggest warship
The HMS Prince of Wales broke down a day after leaving its home port
The stricken British aircraft carrier HMS Prince of Wales is being moved to a port “better suited to allow for further inspection of the ship,” the Royal Navy tweeted on Monday, acknowledging that followers “might be aware” that the £3 billion ($3.5 billion) warship had been experiencing some “issues” since leaving its home port of Portsmouth on Sunday.

“Everyone is working hard to understand the problem and what can be done next,” the Navy promised in another tweet, explaining that “right now our focus is on the ship and our people.”

The Navy’s largest ship set out on Sunday for what had been described as “a landmark mission to shape the future of stealth jet and drone operations” set to last four months before breaking down not far from the South Coast. Defense industry sources suggested the problem was with the ship’s propeller shaft.

The HMS Prince of Wales only became fully operational last year, requiring £3.3 million in repairs after an incident in 2020 when water in the engine room damaged its electronics. During its two-year life, it has spent just 87 days at sea.
英国海軍、最大の軍艦の故障についてコメント
HMSプリンス・オブ・ウェールズは母港を出て1日で故障した
被災した英空母HMSプリンス・オブ・ウェールズは、「艦のさらなる点検を可能にするためにより適した港」に移されていると、英海軍は月曜日にツイートし、30億ポンド(35億円)の軍艦が日曜日に母港のポーツマスを出て以来いくつかの「問題」を経験していたことをフォロワーが「知っているかもしれない」ことを認めた。

"誰もが問題を理解し、次に何ができるかを理解するために懸命に働いている "と海軍は別のツイートで約束し、"今、我々の焦点は船と我々の人々である "と説明した。

海軍最大の船は日曜日に、南海岸から遠くない場所で故障する前に、4ヶ月続くとされていた「ステルス機とドローン運用の未来を形作る画期的なミッション」のために出発した。防衛産業関係者は、問題は船のプロペラシャフトにあると示唆した。

HMSプリンス・オブ・ウェールズは、2020年にエンジンルーム内の水が電子機器を損傷する事故が発生した後、330万ポンドの修理が必要となり、昨年から本格稼働を始めたばかりだ。2年間の生涯で、海上で過ごした日数はわずか87日である。
posted by ZUKUNASHI at 10:00| Comment(0) | 国際・政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。