この男は「大量破壊兵器」を理由に米国にイラク侵攻を働きかけたが、自分の誤りを認める勇気をもっていた: ずくなしの冷や水

2022年08月28日

この男は「大量破壊兵器」を理由に米国にイラク侵攻を働きかけたが、自分の誤りを認める勇気をもっていた

This man lobbied the US to invade Iraq over ‘WMDs’, but had the courage to admit his mistake
David Kay, the seasoned weapons inspector who said “We were all wrong” about the pretext of the 2003 invasion of Iraq, was a man of integrity
by Scott Ritter
Known for his aggressive inspection style and strong views regarding Iraqi compliance with their disarmament obligations, at the end of the day, David Kay showed his true grit by standing up to the world and confronting them with the fact that they all got it wrong on Iraq.

By the time I arrived in New York, in mid-September 1991, weapons inspectors from the United Nations Special Commission, or UNSCOM, had been on the ground in Iraq on 16 separate occasions, starting in May. Most of the inspections had been conducted in accordance with the on-site inspection template born of the American experience in implementing the intermediate nuclear forces (INF) treaty, which had entered into force in July 1988 and represented the world’s first foray into on-site inspection as a means of arms control compliance verification.

This template amounted to a gentleman’s agreement, so to speak, where one side provided a thorough declaration of the locations and materials covered by an agreement giving the inspections authority (in the case of Iraq, this meant Security Council resolution 687, passed in April 1991, mandating the creation of UNSCOM and its disarmament mission), and the other side agreed to verify the completeness of that declaration, and oversee the disposition of the material involved, in a manner which respected the sovereignty and dignity of the inspected party.

But there had been some notable exceptions to this template. When Iraq provided UNSCOM with its declaration regarding its holdings of proscribed chemical, biological, nuclear, and long-range ballistic missiles (collectively known as weapons of mass destruction, or WMD), many nations who examined this declaration were taken aback by what was not included – Iraq had denied any involvement in either nuclear or biological weapons activities, and had significantly under declared its chemical and long-range ballistic missile capabilities.

American intelligence had detected evidence of the existence of large devices known as calutrons, which had been used by Iraq to enrich uranium. These devices were not declared by Iraq. In June 1991, an inspection team from the International Atomic Energy Agency (IAEA), operating under the authority granted to UNSCOM, conducted an inspection of a facility where the calutrons had been observed by US intelligence satellites. The team, led by an experienced safeguard inspector named David Kay, arrived at the location identified by the Americans, but were denied entry for three days. Once the team was allowed to go inside, there was nothing to be found – all the materials had been removed by the Iraqis.

The American satellites located a convoy of vehicles which were loaded with the calutrons at a military camp west of Baghdad. Inspection protocol called for the inspection team to provide the Iraqis with advanced notice of their intention to visit a site designated for inspection. This time, however, David Kay led his team to the designated site without providing the Iraqis the courtesy of advanced notice. Upon their arrival, the team was prevented from entering the site by armed guards. Two inspectors climbed a nearby watchtower, from where they could see inside the facility. They observed the Iraqis driving the vehicles out of the back of the camp and radioed this fact to the rest of the team. An inspection vehicle gave chase, and soon found itself alongside nearly 100 heavily-laden trucks, some of which carried the calutrons which, in the rush to leave the camp, the Iraqis had failed to properly cover. The inspectors took dozens of photographs, before they were forced to stop by Iraqi soldiers who fired warning shots over their heads.

The damage was done. A lengthy diplomatic standoff between the inspectors and Iraq ended once the UN Security Council threatened to authorize the use of military force. Ultimately, Iraq was compelled to admit that it had an undeclared program dedicated to the enrichment of uranium but denied that this effort had anything to do with a nuclear weapons program.

In a follow-up inspection in July, David Kay was able to ferret out enough inconsistencies in the Iraqi version of events which, when combined with an emerging technical picture drawn from the results of detailed forensic investigation and analysis, pointed to the existence of a weapons program.

In September, David Kay led another team of inspectors into Iraq. This inspection was different – instead of IAEA safeguards inspectors and nuclear specialists, the team consisted of a large number of US special forces and CIA paramilitary operatives trained in the art of sensitive site exploitation – in short, how to uncover documents and other materials hidden in a site. Armed with precise intelligence provided by Iraqi defectors, David Kay’s team was able to discover an archive of sensitive nuclear documents, including some which proved the existence of a nuclear weapons program. Kay’s team took possession of the documents but was prevented from leaving the site by armed Iraqi guards.

This standoff played out live on television, with David Kay becoming a household name through his numerous interviews conducted via satellite telephone. After several days, the Iraqis once again relented, releasing the inspectors and the documents, and were forced once again to rewrite their nuclear declaration, this time admitting to the existence of a nuclear weapons program.

The man who was single-handedly responsible for this accomplishment was David Kay.

I first “met” David Kay while serving as the UNSCOM duty officer during the September crisis, talking to him over the telephone. Later, when David arrived in New York for consultations, I watched him brief the UNSCOM staff about his exploits but was too intimidated by this legendary figure to approach him.

David Kay’s high profile proved too much for the stolid bureaucracy of the IAEA, and soon afterwards, he left the IAEA for calmer pastures in civilian life.

Meanwhile, my own profile grew as an inspector. By the summer of 1992, I was involved in my own standoff with Iraq as the team I had organized and on which I served as the operations officer was involved in a days-long standoff when Iraq denied us entry into a ministry building where its archive of WMD-related material was stored. That fall, I conceived, organized, and led a pair of inspections which helped uncover the truth about Iraq’s undeclared ballistic missile force. Later, I took the lead in investigating Iraq’s so-called concealment mechanism, used to hide information and material from the inspectors. In the execution of this mission, the teams I led were often involved in difficult standoffs with Iraqi authorities and security forces, often involving Security Council intervention similar in nature to that which David Kay triggered back in the summer of 1991.

When people accused me of being just like David Kay, I took it as a compliment of the highest order.

Following my resignation from UNSCOM, in August 1998, David’s and my paths diverged considerably. Based upon my seven years of work leading UNSCOM inspections in Iraq, I was convinced that Iraq’s WMD holdings had been largely accounted for, and that nothing of significance remained.

David, acting from the foundation of his personal experience, took a different approach, accusing Iraq of concealing its WMD from inspectors who, in his opinion, were simply not up to the task of disarming Iraq in such a contentious environment.

As the person responsible for conceiving and implementing the methodologies, technologies, and tactics used by UNSCOM to counter Iraq’s concealment efforts, I took umbrage at David Kay’s denigration of the work done by myself and my fellow inspectors, and watched in growing frustration as he was able to successfully lobby the US Congress and the mainstream media into embracing his school of thought – that Iraq retained significant quantities of WMD, and this fact represented a threat worthy of US military intervention.

Thanks in large part to the lobbying efforts of David Kay, whose credibility as a former inspector was unimpeachable, the administration of President George W. Bush was able to get the US Congress to greenlight the invasion of Iraq, which occurred in March 2003. Shortly after formal Iraqi resistance collapsed, in April, David Kay was selected to head up a CIA-run organization known as the Iraq Survey Group, or ISG, which was tasked with hunting down Iraq’s WMD programs.

While many people familiar with David Kay’s biography refer to his time as an IAEA inspector as his greatest achievement, I have another perspective. By the end of 2003, David Kay was confronted with the daunting reality that the Iraqi WMD that he was tasked with uncovering, and whose existence Kay had adamantly testified before the war as existing, in fact did not. Faced with this hard truth, David Kay resigned from his position as the head of the ISG and, in a testimony before Congress in February 2004, had the courage and integrity to admit that, when it came to the existence of Iraqi WMD, “it turns out that we were all wrong, probably in my judgment, and that is most disturbing.”

David Kay passed away on August 12, 2022. He was 82 years old.

I will forever remember him as the man who, in the fall of 1991, intimidated this battle-hardened former Marine by his presence and reputation and, despite our disagreement over the pre-war disposition of Iraqi WMDs, as a man who had the integrity to stand up and be held accountable for his mistakes.

David Kay will, to me, always represent the epitome of physical and moral courage. It is something the world could do with more in these trying times, and for which the world will be a lesser place now that he is gone.

この記事の日本語訳を2種類掲げます。最初がDeepL、後がGoogleによる翻訳です。DeepLは込み入った記述部分を飛ばしたり、意味が逆転することがあります。Googleは、米国に不利な記述について主語を入れ替えたり、論旨を反転させたりすることがあります。原文に目を通していれば、訳の間違いに容易に気づくことができます。
このブログの海外情報に日本語訳をつける場合、主としてDeepLを使っていますが、Googleを使うこともあります。細部に不適切な訳出の部分があっても、記事内容の理解に支障がないものは修正していません。

DeepLによる翻訳
この男は「大量破壊兵器」を理由に米国にイラク侵攻を働きかけたが、自分の誤りを認める勇気をもっていた
2003年のイラク侵攻の口実について「私たちは皆間違っていた」と語ったベテラン兵器査察官、デイヴィッド・ケイは誠実な人物だった
スコット・リッター
積極的な査察スタイルと、イラクの軍縮義務の遵守に関する強い見解で知られるデイヴィッド・ケイは、最後に、世界に立ち向かい、イラクに関して全員が間違っていたという事実を突きつけることで、真の気概を示したのである。

私がニューヨークに到着した1991年9月中旬までに、国連特別委員会(UNSCOM)の兵器査察官は、5月から16回にわたってイラクに赴いていた。そのほとんどは、1988年7月に発効した中距離核戦力(INF)条約を履行したアメリカの経験から生まれた、軍備管理遵守の検証手段として世界で初めて現地査察に踏み切ったテンプレートに従って行われたものであった。

この雛形は、いわば紳士協定であり、一方は査察権限を与える協定(イラクの場合、UNSCOMの創設と軍縮ミッションを義務付けた1991年4月の安保理決議687)の対象となる場所と物質を徹底的に申告し、他方は被査察国の主権と尊厳を尊重した形で申告内容の完全性を確認し、物質の処分を監督することに同意していたのである。

しかし、この方式にはいくつかの例外があった。イラクがUNSCOMに対して、禁止されている化学兵器、生物兵器、核兵器、長距離弾道ミサイル(WMD)の保有に関する申告を行った際、この申告を検討した多くの国々は、イラクの核・生物兵器活動への関与を否定し、化学・長距離弾道ミサイル能力を著しく低く申告したことに驚かされたのである。

アメリカの情報機関は、イラクがウラン濃縮に使用していたカルトロンと呼ばれる大型装置の存在を示す証拠を発見していた。この装置は、イラクが申告していなかったものである。1991年6月、国際原子力機関(IAEA)の査察団は、UNSCOMに与えられた権限の下で、米国の情報衛星がカルトロンを観測した施設の査察を実施した。査察に当たったのは、経験豊富な保障措置査察官のデイビッド・ケイ氏である。しかし、3日間も入室を拒否され、やっとの思いで中に入ると、そこには何もなかった。

アメリカの衛星は、バグダッド西部の軍事キャンプで、カルトロンを積んだ車列を発見した。査察の手順として、査察団が指定された場所を訪れる際には、事前にイラク側に通告することになっている。しかし、今回、ケイはイラク側に事前通告することなく、視察団を指定された場所に連れて行った。到着すると、武装した警備員によって敷地内への立ち入りが阻まれた。しかし、2人の査察官は近くの監視塔に登り、施設内を見渡した。そして、イラク人が収容所の裏側から車両を走らせているのを確認し、無線で連絡した。その中には、イラク人が収容所からの退去を急ぐあまり、適切な被覆を施さなかったカルトロンを積んだトラックもあった。しかし、イラク兵が頭上から威嚇射撃をしてきたため、やむなく停車した。 注:車の台数や写真の枚数の記述が抜けています。

このとき、イラク兵が頭上から威嚇射撃をしてきた。査察団とイラクの間の長い外交的対立は、国連安全保障理事会が軍事力の行使を認めると脅した時点で終わった。結局、イラクはウラン濃縮のための未申告プログラムがあることを認めざるを得なかったが、核兵器開発とは無関係であることを否定した。

7月のフォローアップ査察で、ケイ氏は、イラク側の説明の矛盾点を十分に洗い出し、詳細な科学捜査の結果から得られた技術的な見解と合わせると、兵器プログラムの存在を指摘することに成功した。

9月、デイビッド・ケイは、別の査察団を率いてイラクに入った。IAEAの保障措置査察官や核専門家ではなく、米軍の特殊部隊やCIAの準軍事要員で構成されたこの査察団は、いかにして現場に隠された文書や資料を発見するかという「機密サイト・エクスプロイト」の訓練を大量に積んでいた。ケイ氏のチームは、イラク人亡命者から得た正確な情報をもとに、核兵器プログラムの存在を証明する機密文書を含むアーカイブを発見することができた。ケイ氏のチームはその文書を手に入れたものの、武装したイラク人警備員によって現場からの退去を阻まれた。

この攻防はテレビ中継され、ケイは衛星電話を通じて数々のインタビューを受け、一躍有名になった。数日後、イラクは再び査察官と文書を解放し、核兵器開発計画の存在を認め、核申告書を書き直すことを余儀なくされた。

この快挙を一手に引き受けたのが、デイビッド・ケイ氏である。

私は、9月危機の際、UNSCOMの当直員として勤務していた時、デイビッド・ケイ氏と電話で話したのが最初の「出会い」であった。その後、ニューヨークでの協議に参加した際、国連安保理職員に彼の功績を説明するのを見たが、伝説的な人物だけに怖くて近づけない。

しかし、IAEAの官僚主義的な組織では、ケイ氏の知名度は高くはなく、その後、彼はIAEAを離れ、民間人として穏やかな生活を送るようになった。

一方、私自身は検査官としての知名度を高めていった。1992年の夏には、私が作戦参謀として編成したチームが、イラクの大量破壊兵器関連資料が保管されている省庁の建物に入ることを拒否され、数日間にわたってイラクとのにらみ合いに巻き込まれたのである。その年の秋には、イラクの未申告弾道ミサイル部隊の実態を明らかにするため、2回の査察を構想・組織・主導しました。その後、イラクが査察団から情報や資料を隠すために使っている、いわゆる隠蔽工作の調査を率先して行いました。この任務の遂行にあたり、私が率いるチームは、イラク当局や治安部隊との間でしばしば困難な膠着状態に陥り、1991年夏にケイが引き起こしたような安保理介入に発展することもあった。

デイヴィッド・ケイに似ていると言われたとき、私はそれを最高の賛辞と受け止めた。

1998年8月、国連安保理を辞めた後、私とデイビッドは大きく道を隔てた。私は、7年間にわたるイラクでの査察活動を通じて、イラクが保有する大量破壊兵器はほぼ解明され、重要なものは何も残っていないと確信していた。

しかし、デービッドは、イラクの大量破壊兵器は、査察団に隠されており、査察団はこのような争いの中でイラクの武装解除を行うことはできないと、自らの経験をもとに、別のアプローチをとっていた。

私は、イラクの大量破壊兵器に対抗するUNSCOMの方法論、技術、戦術を考案し、実施した責任者として、ケイ氏が私や仲間の査察官の仕事を誹謗することに憤慨し、彼が米国議会や主要メディアに、イラクが大量の大量破壊兵器を保持しており、この事実は米国の軍事介入に値する脅威だという考えを受け入れるよう働きかけるのに成功するのを見て、ますます不満を抱くようになった。

元検査官として揺るぎない信頼を得ていたケイ氏の働きかけもあり、ブッシュ政権は2003年3月のイラク侵攻を議会で承認させることができた。イラクの抵抗がなくなった直後の4月、ケイはイラク調査団(ISG)と呼ばれるCIAの組織のトップに抜擢され、イラクの大量破壊兵器計画を追及することになった。

ケイ氏の経歴を知る人の多くは、IAEA査察官時代を彼の最大の功績として挙げるが、私は別の見方をしている。2003年末、ケイは、戦前ケイが断固として存在すると証言したイラクの大量破壊兵器が、実は存在しないという厳しい現実に直面した。この厳しい現実に直面したケイは、ISGの責任者を辞し、2004年2月の議会での証言で、イラクの大量破壊兵器の存在について、"おそらく私の判断がすべて間違っていたことが判明し、それが最も気がかりだ "と認める勇気と誠実さを持ったのである。

デイヴィッド・ケイは2022年8月12日に逝去した。82歳であった。

私は、1991年の秋に、その存在と評判で、この戦いに疲れた元海兵隊員を威圧した男として、また、イラクの大量破壊兵器の戦前の処分をめぐって意見の相違はあったものの、自分の過ちに責任を持ち、立ち上がる誠実さを持った男として、彼を永遠に覚えていることだろう。

デイヴィッド・ケイは、私にとって常に肉体的・道徳的勇気の典型を示す存在である。そして、彼が亡くなった今、世界はより劣った場所になるであろう。

Googleによる翻訳
翻訳結果
攻撃的な視察スタイルと、イラクの軍縮義務の遵守に関する強い見解で知られるデビッド・ケイは、最終的に、世界に立ち向かい、彼ら全員がイラクで間違っているという事実に立ち向かうことで、彼の真のグリットを示しました。

1991 年 9 月中旬に私がニューヨークに到着するまでに、国連特別委員会 (UNSCOM) の兵器査察官は、5 月から 16 回にわたってイラクの地上に出ていました。査察のほとんどは、1988 年 7 月に発効し、世界で初めて現場に進出した中間核戦力 (INF) 条約の実施におけるアメリカの経験から生まれた現地査察テンプレートに従って実施されていました。軍備管理コンプライアンス検証の手段としての検査。

このテンプレートは、いわば紳士協定に相当し、一方の側が査察権限を付与する協定の対象となる場所と資料の完全な宣言を提供しました(イラクの場合、これは 1991 年 4 月に可決された安全保障理事会決議 687 を意味します)。 、UNSCOMの創設とその軍縮任務を命じる)、反対側は、その宣言の完全性を検証し、被査察者の主権と尊厳を尊重する方法で、関連する資料の処分を監督することに同意した.

しかし、このテンプレートには注目すべき例外がいくつかありました。イラクが禁止されている化学、生物、核、および長距離弾道ミサイル (まとめて大量破壊兵器、または WMD として知られている) の保有に関する宣言を UNSCOM に提出したとき、この宣言を検討した多くの国は、そうではないことに驚いた。含まれる - イラクは、核兵器または生物兵器の活動への関与を否定し、化学および長距離弾道ミサイル能力を大幅に過小評価していました。

アメリカの諜報機関は、ウランを濃縮するためにイラクで使用されたカルトロンとして知られる大型装置の存在の証拠を検出しました。これらのデバイスは、イラクによって宣言されていません。 1991 年 6 月、国際原子力機関 (IAEA) の査察チームは、UNSCOM に付与された権限の下で活動し、カルトロンが米国の諜報衛星によって観測された施設の査察を実施しました。デビッド・ケイという名の経験豊富なセーフガード検査官が率いるチームは、アメリカ人が特定した場所に到着しましたが、3日間立ち入りを拒否されました.チームが中に入ることを許可されると、何も見つかりませんでした。すべての資料はイラク人によって持ち出されていました。

アメリカの衛星は、バグダッドの西にある軍事キャンプでカルトロンを搭載した車列を見つけました。査察プロトコルは、査察チームが、査察のために指定されたサイトを訪問する意図をイラク人に事前に通知することを求めていました。しかし今回は、デビッド・ケイは、イラク人に事前通知の礼儀を提供することなく、指定された場所にチームを導きました。彼らが到着すると、チームは武装警備員によってサイトへの立ち入りを妨げられました。 2 人の検査官が近くの見張り塔に登り、そこから施設内が見渡せました。彼らは、イラク人がキャンプの裏から車を運転しているのを観察し、この事実をチームの他のメンバーに無線で伝えました。検査車が追跡し、すぐに100台近くの重荷を積んだトラックの横にいることに気づきました。そのうちのいくつかは、キャンプを離れようと急いで、イラク人が適切にカバーできなかったカルトロンを運びました。検査官は数十枚の写真を撮ったが、頭上に警告射撃を行ったイラク兵に立ち寄らざるを得なくなった。

ダメージはありました。国連安全保障理事会が軍事力の使用を承認すると脅した後、査察官とイラクの間の長い外交的対立は終わった。最終的に、イラクは、ウラン濃縮に特化した宣言されていない計画を持っていることを認めざるを得なくなりましたが、この努力が核兵器計画と関係があることを否定しました.

7月のフォローアップ検査で、デビッド・ケイは、詳細な法医学的調査と分析の結果から引き出された新たな技術的画像と組み合わせると、イラクのバージョンのイベントに十分な矛盾があることを突き止めることができました.武器プログラム。

9月、デビッド・ケイは別の査察団を率いてイラクに向かった。この査察は異なっていた - IAEA 保障措置査察官と核専門家の代わりに、チームは多数の米国特殊部隊と CIA 準軍事工作員で構成され、重要なサイトの搾取の技術で訓練された - 要するに、どのように秘密裏に隠された文書やその他の資料を明らかにするかサイト。デービッド・ケイのチームは、イラクの亡命者から提供された正確な情報を武器に、核兵器計画の存在を証明するものを含む機密核文書のアーカイブを発見することができました。ケイのチームは文書を手に入れたが、武装したイラクの警備員によって現場を離れることを妨げられた。

このスタンドオフはテレビで生中継され、デビッド・ケイは衛星電話で行われた多数のインタビューを通じて一般的な名前になりました。数日後、イラク人は再び容赦し、査察官と文書を解放し、再び核宣言を書き直すことを余儀なくされ、今度は核兵器計画の存在を認めた。

この偉業を単独で成し遂げたのは、デビッド・ケイでした。

私が最初に「会った」デビッド・ケイは、9 月の危機の際に UNSCOM の当直将校を務めていたときに電話で話しました。その後、デビッドが相談のためにニューヨークに到着したとき、私は彼がUNSCOMのスタッフに彼の功績について簡単に説明しているのを見ましたが、この伝説的な人物にあまりにも怖がって彼に近づくことはできませんでした.

デビッド・ケイの知名度は、IAEAの堅実な官僚機構にとってあまりにも多くのことを証明し、その後すぐに、彼は民間人の生活のより穏やかな牧草地を求めてIAEAを去りました.

その間、私自身のプロファイルは検査官として成長しました。 1992 年の夏までに、私が組織し、作戦担当官を務めていたチームが、イラクがそのアーカイブが保管されている省庁の建物への立ち入りを拒否したとき、数日間の膠着状態に巻き込まれたため、私はイラクとの膠着状態に巻き込まれました。の大量破壊兵器関連資料が保管されていました。その秋、私は、イラクの宣言されていない弾道ミサイル戦力についての真実を明らかにするのに役立つ一対の査察を構想し、組織し、主導しました。その後、私は情報や資料を査察官から隠すために使用される、イラクのいわゆる隠蔽メカニズムの調査を率先して行いました。この任務の遂行中、私が率いたチームは、しばしばイラク当局や治安部隊との困難な対立に巻き込まれ、1991 年の夏にデビッド・ケイが引き起こしたのと同様の性質の安全保障理事会の介入を伴うことが多かった。

人々が私をデビッド・ケイそっくりだと非難したとき、私はそれを最高の褒め言葉と受け止めました。

1998 年 8 月に私が UNSCOM を辞任した後、David と私の道は大きく分かれました。イラクで UNSCOM の査察を指揮してきた 7 年間の仕事に基づいて、私は、イラクの大量破壊兵器の保有は大部分が説明されており、重要なものは何も残っていないと確信していました。

デイビッドは、彼の個人的な経験に基づいて行動し、別のアプローチをとり、彼の意見では、そのような論争の多い環境でイラクを武装解除する任務を単に果たせなかった査察官から大量破壊兵器を隠したとイラクを非難した.

UNSCOM がイラクの隠蔽工作に対抗するために使用する方法論、技術、および戦術を考案し、実行する責任者として、私は、私自身と私の仲間の査察官によって行われた仕事に対する David Kay の誹謗中傷に憤りを感じ、彼が苛立ちを募らせるのを見ていた。彼は、米国議会と主流メディアに対し、イラクが大量の大量破壊兵器を保有しており、この事実は米国の軍事介入に値する脅威であるという彼の考え方を受け入れるよう働きかけることに成功した。

ジョージ・W・ブッシュ政権は、2003 年 3 月に行われたイラク侵攻を米国議会に許可させることができた。正式なイラクのレジスタンスが崩壊した後、4月にデビッド・ケイは、イラク調査グループ(ISG)として知られるCIAが運営する組織のトップに選ばれ、イラクの大量破壊兵器プログラムの追跡を任された.

デビッド・ケイの伝記に精通している多くの人々は、IAEAの査察官としての彼の時間を彼の最大の業績と呼んでいますが、私は別の見方をしています. 2003 年末までに、デービッド・ケイは、イラクの大量破壊兵器の発見を任され、その存在を戦前に断固として証言していたイラクの大量破壊兵器が実際には存在しないという恐ろしい現実に直面した。この厳しい真実に直面して、デービッド・ケイは ISG の長官としての地位を辞任し、2004 年 2 月の議会での証言で、イラクの大量破壊兵器の存在に関しては、勇気と誠実さを持って認めました。おそらく私の判断では、私たち全員が間違っていたことが判明し、それが最も気がかりです。」

David Kay は 2022 年 8 月 12 日に亡くなりました。享年 82 歳でした。

私は、1991 年の秋に、彼の存在と評判によって、この戦いで頑固な元海兵隊員を威嚇した男として、そして、イラクの大量破壊兵器の戦前の処分に関する意見の相違にもかかわらず、誠実さを持った男として、彼を永遠に覚えています。立ち上がって、自分の過ちに責任を負うこと。

私にとって、デビッド・ケイは常に肉体的および道徳的な勇気の縮図です.それは、この試練の時代に世界がもっとできることであり、彼がいなくなった今、世界はより小さな場所になるでしょう.
posted by ZUKUNASHI at 22:02| Comment(0) | 国際・政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。