CIA、トルコでロシア人を標的に-メディア: ずくなしの冷や水

2022年08月27日

CIA、トルコでロシア人を標的に-メディア

CIA targets Russians in Turkey – media
A US intelligence agent inquired about confidential details of real estate deals, a Turkish paper reports
The Central Intelligence Agency has “openly” threatened Turkish businessmen for trading with Russia, prying into their real estate deals over concerns about the potential circumvention of US sanctions, Yeni Safak daily reported on Friday.

The paper has learned that the CIA’s Turkey office chief allegedly called high-ranking construction-company employees, inquiring about transactions and other confidential details of recent real-estate purchases involving Russian entities or individuals.

According to the report, the CIA officer interviewed businessmen under the guise of monitoring the US-imposed anti-Russia sanctions. He was interested to know the exact number of “houses sold to Russians,” what channels and currency were used for transactions, and whether the payments were made through a bank or cash-in-hand.

Another example of what has been described by Turkish media as “meddling in the affairs that are out of [US authorities’] duty” was a letter reportedly sent by US Deputy Treasury Secretary Wally Adeyemo to the Turkish Industry and Business Association (TUSIAD) on August 22.

According to the outlet, Adeyemo had threatened to impose sanctions on TUSIAD members involved in doing business with Russia. The association confirmed the letter without disclosing its content, noting that it had shared it with the Turkish foreign and finance ministries.

It comes amid mounting concerns among Western nations about Turkey’s expanding trade and energy cooperation with Russia, and deepening ties between the two nations that could help Moscow bypass sanctions imposed by the US and EU over the conflict in Ukraine.

Last week, Adeyemo had a phone conversation with Turkish Deputy Finance Minister Yunus Elitas, during which he “raised concerns that Russian entities and individuals are attempting to use Turkey to evade sanctions put in place by the United States and 30 countries,” the US Treasury Department’s readout said.

Turkey responded by saying it would not allow the “breaching” of American sanctions, while maintaining its “balanced” position on the Ukrainian conflict.

Though Turkey has condemned Russia’s military operation in Ukraine, it remains the only NATO member which has not imposed sanctions on Moscow or closed airspace for Russian flights.

Turkish President Recep Tayyip Erdogan had previously positioned himself as a middleman between Ukraine and Russia. Turkey hosted ultimately unsuccessful peace talks in March but later helped broker an agreement to resume shipments of Ukrainian grain to world markets via the Black Sea.

米国情報機関が不動産取引の機密事項を照会したとトルコ紙が報じる
米中央情報局(CIA)が、ロシアと取引するトルコ人実業家を「公然と」脅し、米国の制裁回避の可能性を懸念して彼らの不動産取引を詮索したと、Yeni Safak日刊紙が金曜日に報じました。

同紙によると、CIAのトルコ支局長が建設会社の高官に電話をかけ、ロシアの企業や個人が関与する最近の不動産購入の取引やその他の機密事項に関して問い合わせたとされています。

それによると、このCIA職員は、米国が発動した反ロシア制裁を監視するという名目で、ビジネスマンに聞き取り調査を行ったという。彼は「ロシア人に売られた家」の正確な数、取引に使われたルートと通貨、支払いは銀行経由か現金手渡しかを知りたがっていた。

トルコのメディアが「(米当局の)義務外のことに口出しする」と表現したもう一つの例は、8月22日にウォーリー・アデイモ米財務副長官がトルコ産業・ビジネス協会(TUSIAD)に送ったとされる書簡である。

同誌によると、アデイモ氏は、ロシアとの取引に関わるTUSIADの会員に制裁を科すと脅していた。同協会は、内容を明らかにすることなく書簡を確認し、トルコ外務省および財務省に伝えたと指摘した。

トルコがロシアとの貿易・エネルギー協力を拡大し、両国間の関係が深まり、ウクライナ紛争をめぐる米国とEUの制裁をモスクワが回避できるようになることへの懸念が西側諸国の間で高まっている中で、このような事態が発生したのだ。

先週、アデイモはトルコのユヌス・エリタス財務副大臣と電話会談を行い、その際に「ロシアの団体や個人がトルコを利用して、米国や30カ国が実施した制裁を回避しようとしているという懸念を示した」と、米財務省のリードアウトは述べた。

トルコはこれに対し、アメリカの制裁を「破る」ことは許さないが、ウクライナ紛争については「バランスのとれた」立場を維持すると述べた。

トルコはロシアのウクライナでの軍事行動を非難しているが、NATO加盟国の中で唯一、モスクワに制裁を課さず、ロシアの飛行のために領空を閉鎖していない国であることに変わりはない。

トルコのエルドアン大統領は以前、自らをウクライナとロシアの仲介役と位置づけていた。トルコは3月に和平交渉を主催し、最終的には失敗に終わったが、その後、黒海経由で世界市場に向けたウクライナの穀物の出荷を再開する合意の仲介をした。
Deeplで翻訳
posted by ZUKUNASHI at 09:30| Comment(0) | ウクライナ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。