4発の砲弾が金曜日、ザポロジェ原子力発電所の燃料貯蔵所を直撃: ずくなしの冷や水

2022年08月26日

4発の砲弾が金曜日、ザポロジェ原子力発電所の燃料貯蔵所を直撃

Artillery hits Zaporozhye nuclear dump
Four Ukrainian artillery rounds struck the spent fuel storage area, Energodar officials say
Four artillery projectiles fired from the Ukrainian side struck the fuel storage site of the Zaporozhye nuclear power plant on Friday, authorities in the Russian-controlled city of Energodar told reporters. Radiation levels remain normal, suggesting that they inflicted no damage.

Europe’s largest nuclear power plant was seized by Russian troops in early March, soon after Moscow launched its military operation in Ukraine. Since then, Russian National Guard and specialist troops have been guarding the site, while the Ukrainian staff continued operations.

Russian and local officials have accused Ukrainian forces of repeatedly attacking the Zaporozhye NPP with drones, artillery and even US-supplied weapons. Kiev has rejected the accusations and claimed Russia was using the facility as a military base and shelling its own troops to make Ukraine look bad.

On Thursday, shelling started a wildfire south of Energodar and forced a shutdown of the power plant to prevent a meltdown.

While the reactor building is designed to withstand a lot, the plant’s support systems are far more vulnerable. The area where hundreds of barrels of spent fuel are stored is particularly problematic, as any breach could lead to a radioactive release.

Russian ambassador to the UN Vassily Nebenzia has shown evidence of Ukrainian culpability in the shelling to the Security Council, including naming the units involved and giving their precise location.

International Atomic Energy Agency (IAEA) chief Rafael Grossi said on Tuesday he personally intended to lead a mission to inspect the Zaporozhye NPP “within days.” Moscow has repeatedly called on the IAEA to come inspect the facility, but the mission has been delayed by Ukraine’s insistence the inspectors must travel through Kiev.

The Ukrainian government and its Western backers have accused Russia of a plot to “steal Ukrainian electricity” and demanded Moscow hand the Zaporozhye plant back to Kiev’s control, or set up a 30-kilometer demilitarized zone around it. Moscow has rejected the demands as unacceptable.


ロシア支配下のエネルゴダール市当局が記者団に語ったところによると、ウクライナ側から発射された4発の砲弾が金曜日、ザポロジェ原子力発電所の燃料貯蔵所を直撃したとのこと。放射線量は通常通りであり、被害はなかったという。

ヨーロッパ最大の原子力発電所は、モスクワがウクライナで軍事作戦を開始した直後の3月上旬にロシア軍に占拠された。それ以来、ロシア国家警備隊と専門部隊が現場を守り、ウクライナのスタッフが作業を続けている。

ロシアと地元の関係者は、ウクライナ軍がドローンや大砲、さらには米国が提供した武器でザポロージエ原子力発電所を繰り返し攻撃していると非難している。キエフはこの非難を拒否し、ロシアがこの施設を軍事基地として利用し、ウクライナの印象を悪くするために自国軍を砲撃していると主張しています。

木曜日には、砲撃によってエネルゴダールの南で山火事が発生し、メルトダウンを防ぐために発電所の停止を余儀なくされた。

原子炉建屋は多くのことに耐えられるように設計されていますが、原発の支援システムははるかに脆弱です。数百バレルの使用済み燃料が保管されているエリアは特に問題で、何らかの違反があれば放射性物質の放出につながる可能性がある。

ヴァシリー・ネベンジア国連大使は、安全保障理事会に対し、砲撃に関与した部隊の名前と正確な位置を示すなど、ウクライナの犯行を示す証拠を示している。

国際原子力機関(IAEA)のラファエル・グロッシ部長は24日、ザポロジエ原発の査察団を「数日以内に」自ら指揮する意向を示した。モスクワはIAEAに何度も視察を要請しているが、ウクライナは視察団がキエフを経由しなければならないと主張しており、視察は遅れている。

ウクライナ政府とその西側支援者は、ロシアが「ウクライナの電気を盗もう」と企んでいると非難し、モスクワにザポロジエ原発をキエフの支配下に戻すか、周囲30キロの非武装地帯を設定するよう要求している。モスクワは、この要求を受け入れられないと拒否している。
posted by ZUKUNASHI at 23:39| Comment(0) | 福島原発事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。