Zaporozhye原子力発電所でセキュリティシステムが作動-関係者: ずくなしの冷や水

2022年08月26日

Zaporozhye原子力発電所でセキュリティシステムが作動-関係者

Security systems activated at Zaporozhye nuclear power plant – officials
The pro-Russian local administration said the power outage was caused by fires started by Ukrainian shelling
Security systems have been activated at the Zaporozhye nuclear power plant after a power outage, which temporarily left the facility without electricity, members of the Russia-backed administration in the Ukrainian region have claimed.

The plant has since been connected to an alternative source of power, according to officials.
The blackout is said to have been caused by massive wildfires in the area, which were started by Ukrainian shelling, theу said.

Fires, which have engulfed parts of the steppe and woods surrounding the city of Energodar, led to short-circuits in the local grid, leaving not only parts of Zaporozhye region without power, but also the neighboring Kherson region.

The head of the pro-Russian military-civil administration of Energodar, Yevgeny Balitski, has been quoted by media as saying: “according to preliminary information, because of massive shelling by the Ukrainian armed forces, which has continued since last night, fields and undergrowth caught fire. This led to a short-circuit in the grid.”

Meanwhile, Ukraine’s state-owned Energoatom company, which is the operator of the power plant, has issued a statement saying Russia’s actions have “resulted in the complete disconnection of the Zaporozhye Nuclear Power Plant from power supply – for the first time in history.”

The Zaporozhye Nuclear Power Plant is the largest facility of its kind in Europe. It was seized by Russian forces in early March, soon after Moscow launched its military offensive against Kiev. Since then, the country’s National Guard and Nuclear, Biological and Chemical Defense Troops have been guarding the site, with Ukrainian staff continuing to operate the plant.

Over the past month, Russia has repeatedly accused Ukrainian forces of shelling the nuclear power plant, damaging some of the equipment and buildings. Moscow has warned that Kiev is risking a nuclear incident on a similar scale as the 1986 Chernobyl disaster or even worse.

Ukraine, in turn, strongly denies its military is targeting the facility, and accuses Russian troops of deliberately shelling the plant to frame pro-Kiev forces. Moreover, Ukrainian officials and some of their Western supporters claim that Russia is using the plant as a military base, hiding its personnel and hardware on its grounds.

Russian officials, for their part, have repeatedly called on the International Atomic Energy Agency (IAEA) to send inspectors to the facility, saying that such a mission would corroborate Moscow’s version of events.

親ロシア派の地元政権は、停電はウクライナの砲撃による火災が原因であると発表した。
ザポロジェ原子力発電所で停電が発生し、一時的に電力が供給されなくなった後、セキュリティシステムが作動したと、ウクライナでロシアを支持する政権のメンバーが主張している。

関係者によると、原発はその後、代替電源に接続されたという。
停電は、ウクライナの砲撃によって発生した大規模な山火事によって引き起こされたとу。

エネルゴダール市を囲む草原や森の一部を焼き尽くした火災は、地域の送電網のショートにつながり、ザポロジェ州の一部だけでなく、隣接するケルソン州も停電になった。

エネルゴダール市の親ロシア派の軍民行政の責任者であるエフゲニー・バリツキー氏は、メディアの報道を引用して次のように述べている。「予備的な情報によると、昨夜から続いているウクライナ軍による大規模な砲撃のため、畑や下草に火がついた。これが送電網のショートにつながった "と述べた。

一方、発電所を運営するウクライナの国営エネルゴアトム社は、ロシアの行為により、"ザポロジェ原子力発電所が電力供給から完全に切り離される結果となった-史上初めて "との声明を発表している。

ザポロージエ原子力発電所は、この種の施設としてはヨーロッパで最大のものである。モスクワがキエフへの軍事攻勢を開始した直後の3月上旬にロシア軍に奪取された。それ以来、同国の国家警備隊と核・生物・化学兵器防衛隊が現場を守り、ウクライナ人スタッフが発電所の運営を続けている。

この1カ月間、ロシアはウクライナ軍が原子力発電所を砲撃し、一部の設備や建物を損傷させたと繰り返し非難している。モスクワは、キエフが1986年のチェルノブイリ原発事故と同規模、あるいはそれ以上の原発事故を起こす危険性があると警告している。

一方、ウクライナは、自国軍がこの施設を標的にしていることを強く否定し、ロシア軍が親キエフ派を罠にかけるために故意に原発を砲撃したと非難している。さらに、ウクライナ政府関係者や欧米の一部の支持者は、ロシアが同工場を軍事基地として利用し、その敷地内に人員や機材を隠していると主張している。

ロシア側は、国際原子力機関(IAEA)に査察官を派遣するよう繰り返し要請しており、そうすればモスクワ側の言い分が裏付けられるとしている。

次のツイートは、BBCを引用。ロシアのRTのほうが最新情報を伝えています。



posted by ZUKUNASHI at 09:24| Comment(0) | 福島原発事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。