ハーシス入力支援の準備 千葉県の場合: ずくなしの冷や水

2022年08月19日

ハーシス入力支援の準備 千葉県の場合

千葉県新型コロナウイルス感染症検査キット配付・陽性者登録センター
https://www.pref.chiba.lg.jp/kenfuku/kenkoufukushi/test_distribute_and_register_positive.html
濃厚接触者や軽度症状がある人が自主検査を行い、陽性だった場合に医療機関を受診せず、ネットで医師の診断を受けることで、陽性者登録ができる仕組み
@ 検査キットの配布申し込み
A 検査キットを使用し、陽性の場合に陽性者の登録を行う
検査キットの配布申し込みができる者は要件があります。
・濃厚接触者又は軽度の有症状者であること。(濃厚接触者は少しでも気になる症状がある場合)
・40歳未満の者(基礎疾患の有無を問わない)
・40歳以上65歳未満で複数の基礎疾患等がない者
・妊娠していない者

濃厚接触者又は軽度の有症状者である65歳以上の者は検査キットの配布申し込みはできないことになります。発熱外来を受診するしかないことになりますが、それが混んでいて受診できないのです。

千葉県の流れ図には、自己調達のキットで陽性であった人は、このシステムで陽性者の登録を行うことができることになっていますから、自己調達して陽性確認の上で陽性者登録する道がありそうですが、陽性者登録ができる者の要件として、検査キットの配布申し込みができる者の要件と同じ物が設定されていますから、登録を拒否される恐れがあります。

その恐れを承知の上で準備する場合次のデータ、画像が必要になります。A 基本情報(氏名、年齢、住所等) 入力
 本人の氏名や生年月日が分かるものの写真 アプロード
B 基礎疾患などがないこと 入力
C 検査キットの結果の写真(検査キット本体に検査年月日、氏名を油性ペンで記載、本人確認書類と並べて写真を撮影) アプロード
D 検査キットに係る情報(品目名、製造販売業者名) 入力
E ワクチン接種歴 入力
「検査キットの結果の写真」には、本人確認書類も一緒に写すことになっていますが、運転免許証を使う場合は裏表の2枚の画像が必要とされていて一度には撮影できません。表を一緒に撮影し、別途裏側を撮影して送ることになるでしょう。
これだけいろいろ画像などを要求されると、電話で話しながら入力するのは無理です。本人と面談しながらですが、本人は有症状感染者。そばに寄りたくないです。

Cの画像だけ検査結果が出てから撮影すればよいので、その他のデータは事前に入手しておくことができます。

ただ、65歳以上はネットで陽性登録はできないようなので、とにかく発熱外来の予約を取ることに協力することになりましょうか。

ビッケさんからのコメントにありましたが、若い方も発熱外来にも行けずハーシス登録ができないまま回復したため、療養手当、休業補償が出ないという例は多いのではないでしょうか。

面倒ですが、県から検査キットを受け取る、それができない場合は自費で医療用の検査キットを購入し、陽性結果をネットを経由して送り、医師の陽性確認を得る。そのうえでハーシスに入力するという手間が必要です。

県により少しずつ細部が異なります。お住いの県の規定を確認してください。
posted by ZUKUNASHI at 10:22| Comment(0) | Covid19
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。