ウクライナの「汚い爆弾」は9カ国に影響 - 核専門家: ずくなしの冷や水

2022年08月24日

ウクライナの「汚い爆弾」は9カ国に影響 - 核専門家

‘Dirty bomb’ in Ukraine would affect nine countries – nuclear expert
A former top USSR nuclear inspector warns it’s hard to predict where else the wind would blow the particles

A total of nine countries could be contaminated if the Russian-controlled Zaporozhye nuclear power plant in southern Ukraine is hit by multiple launch rocket systems, a former chief inspector of the USSR’s nuclear authority told RT.

Russian troops established control of the Zaporozhye NPP, Europe’s largest facility of the kind, early on in the course of military operations in Ukraine. Since then, Russia has repeatedly accused Kiev of launching artillery and drone strikes on the facility. Ukrainian officials claimed that the Russians were shelling themselves to discredit Kiev.

In an interview published on Tuesday, Vladimir Kuznetsov warned that if the plant is hit by volley fire, with numerous missiles striking the storage facility that holds spent nuclear fuel, chances are that more than one container would be damaged. This scenario would entail radiation escaping “into the environment – hence the contamination of not only the industrial site but also the Dnepr river which is nearby,” the expert noted.

Kuznetsov also pointed out that such a strike would most likely be accompanied by a fire, and “God knows where the wind would send the combustion products.”

The former chief inspector surmised that should 20 to 30 containers be breached in such an attack, the “radiation would affect approximately nine countries: Turkey, Bulgaria, Romania, Slovakia, the Czech Republic, Poland, the Baltic states and obviously Western Ukraine.”

Russian forces took over the Zaporozhye nuclear power plant in early March, within the first two weeks of Moscow’s military campaign against its neighbor.

In recent weeks, the Russian military has accused Ukraine of deliberately targeting the facility multiple times and warned that a major nuclear disaster, akin to that at Chernobyl in 1986, or even worse, could happen if such attacks continue unchecked.

Kiev, meanwhile, denies these allegations and claims that it is Russian forces that are shelling the power plant to frame the Ukrainian military – a point of view shared by the US and EU. The UN has called the attacks “suicidal” and proposed sending an International Atomic Energy Agency delegation to the site to provide “technical support” and help avoid a further escalation.

On Tuesday, local government administration member Vladimir Rogov told Russian media that Ukrainian forces had fired multiple rockets directly at the coolant systems and nuclear waste storage site inside the facility.

Since the storage site is out in the open, any hit would result in the release of nuclear waste ranging from dozens to hundreds of kilograms and lead to contamination of the area, the official explained.

“In plain language, that would be like a dirty bomb,” said Rogov.

元ソ連トップの核査察官は、風が粒子を他にどこに飛ばすか予測するのは難しいと警告している

ロシアが支配するウクライナ南部のザポロージエ原子力発電所が複数の発射ロケットシステムによって攻撃された場合、合計9カ国が汚染される可能性があると、ソビエト連邦の原子力当局の元主任検査官がRTに語った。

ロシア軍は、ウクライナでの軍事作戦の早い段階で、この種の施設としてはヨーロッパ最大のザポロージエ原子力発電所の支配権を確立した。それ以来、ロシアはキエフがこの施設に砲撃やドローンによる攻撃を行ったと繰り返し非難している。ウクライナ当局は、ロシアがキエフの信用を落とすために自ら砲撃していると主張している。

ウラジーミル・クズネツォフ氏は、火曜日に発表されたインタビューの中で、もし原発が砲撃され、多数のミサイルが使用済み核燃料を保管している貯蔵施設を攻撃すれば、複数の容器が損傷する可能性があると警告しています。この場合、放射能は「環境中に放出され、工業地帯だけでなく、近くにあるドニエプル川も汚染される」と専門家は指摘した。

さらにクズネツォフ氏は、このような攻撃は火災を伴う可能性が高く、「燃焼生成物が風に乗ってどこへ飛んでいくかは神のみぞ知る」とも指摘した。

元主任検査官は、このような攻撃で20〜30個のコンテナが破損した場合、「放射能はおよそ9カ国に影響を与える」と推測している。トルコ、ブルガリア、ルーマニア、スロバキア、チェコ、ポーランド、バルト三国、そして明らかに西ウクライナだ」。

ロシア軍は3月初旬、モスクワの隣国に対する軍事作戦の最初の2週間で、ザポロージエ原子力発電所を占拠した。

この数週間、ロシア軍はウクライナがこの施設を何度も故意に攻撃したと非難し、このような攻撃が野放しにされ続ければ、1986年のチェルノブイリのような、あるいはそれ以上の大規模な原子力災害が起こり得ると警告している。

一方、キエフ側はこれらの疑惑を否定し、ウクライナ軍を罠にかけるためにロシア軍が発電所を砲撃していると主張しており、この点は米国やEUも同じである。国連はこの攻撃を「自殺行為」と呼び、国際原子力機関(IAEA)の代表団を現地に派遣して「技術支援」を行い、さらなるエスカレーションを回避するよう提案している。

火曜日、地元政府の行政官ウラジミール・ロゴフ氏はロシアのメディアに対し、ウクライナ軍が施設内の冷却装置と核廃棄物貯蔵所に直接複数のロケット弾を発射したと語った。

貯蔵所は野外にあるため、命中すれば数十キロから数百キロの核廃棄物が放出され、周辺地域の汚染につながると説明した。

「分かりやすく言えば、ダーティーボムのようなものだ」とロゴフ氏は言う。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。




posted by ZUKUNASHI at 16:37| Comment(0) | 福島原発事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。