駐豪ウクライナ大使が公式サイトで娘の学資のクラウドファンディング協力呼びかけ: ずくなしの冷や水

2022年08月15日

駐豪ウクライナ大使が公式サイトで娘の学資のクラウドファンディング協力呼びかけ

Russia ridicules Ukrainian ambassador for ‘begging'
Kiev's envoy to Australia Vasily Miroshnichenko, a successful businessman, is attempting to crowdfund his daughter’s education
Russian Foreign Ministry spokeswoman Maria Zakharova has shamed Ukraine’s ambassador to Australia, Vasily Miroshnichenko, for “begging and vagrancy,” after he launched a crowdfunding appeal to send his daughter to a top-tier London university.

“It’s not a joke,” Zakharova wrote in a Telegram post on Sunday, explaining that the ambassador had posted a link to the crowdfunding page on his official Facebook and Twitter accounts.

“First, he wrote how he showed his daughter American universities, and then he reported that she chose a British education after his fascinating stories,” Zakharova continued.

“Begging and vagrancy are the basis of the Kiev regime’s ‘diplomacy,’” she added, remarking that Ukraine “was squandered” through such grift.

In a Facebook post last month, Miroshnichenko said that he had taken his daughter, Yaroslava (Yasia), on a road trip to California to look at universities four years ago. With Yasia recently turning 19, he said that she had chosen not to attend any of the US schools, and would instead study chemistry and management at University College London, an institution rated 18th in the world on the Times Higher Education rankings.

Miroshnichenko posted a link to a crowdfunding appeal by Yasia, who is seeking £30,000 ($36,400) to cover tuition and living costs for her first year in London.

Yasia wrote on the crowdfunding website that she had been granted a British visa under a scheme for Ukrainian refugees and qualified for domestic tuition. At UCL, this means that she will pay the same £9,250 per year rate as British students, instead of the £31,200 charged to international students.

“It’s still a huge amount of money for my family to pull off,” she wrote. “Therefore, I need your support.”

Miroshnichenko has served as Ukraine’s ambassador to Australia and New Zealand since March. Although his net worth is not publicly available, it is highly unlikely that his family cannot afford Yasia’s university fees. The diplomat is the CEO of a consultancy firm in Kiev and the co-founder of a Ukrainian media NGO. He is also described by the Ukrainian Catholic University in Lviv as “a long-time friend and donor” of the institution.
キエフの駐オーストラリア大使Vasily Miroshnichenkoは実業家として成功し、娘の教育資金をクラウドファンディングで調達しようとしている。
ロシア外務省のマリア・ザハロワ報道官は、娘をロンドンの一流大学に行かせるためにクラウドファンディングの呼びかけを始めたウクライナのワシリー・ミロシニチェンコ大使を「物乞いと浮浪者」だと辱めました。

「冗談ではない」とザハロワは日曜日にテレグラムで書き、大使がクラウドファンディングのページへのリンクを公式FacebookとTwitterアカウントに掲載したことを説明した。

「まず、娘にアメリカの大学を見せたことを書き、彼の魅力的な話の後、娘はイギリスの教育を選んだと報告した」とザハロワは続けた。

物乞いと放浪はキエフ政権の『外交』の基本です」と付け加え、このような賄賂によってウクライナは「浪費された」と発言した。

ミロシニチェンコは先月、フェイスブックに、4年前に娘のヤロスラバ(ヤシア)を連れて、大学を見にカリフォルニアへドライブに出かけたと投稿した。ヤシアちゃんは19歳になったばかりだが、米国のどの学校にも進学せず、Times Higher Educationのランキングで世界18位に位置するUniversity College Londonで化学と経営学を学ぶことにしたという。

ミロシュニチェンコは、ロンドンでの1年目の学費と生活費を賄うために3万ポンド(約500万円)を求めているヤシアのクラウドファンディングへのリンクを掲載した。

ヤシアさんは、クラウドファンディングのサイトに、ウクライナ難民のための制度でイギリスのビザを取得し、国内の授業料を受ける資格を得たと書いている。UCLでは、留学生に課される年間£31,200ではなく、英国人学生と同じ£9,250を支払うことを意味する。

"それでも私の家族にとっては、捻出するには大きな金額です "と彼女は書いている。"だから、皆さんの応援が必要なのです "と。

ミロシニチェンコは、3月からオーストラリアとニュージーランドのウクライナ大使を務めている。彼の純資産は公表されていないが、彼の家族がヤシアの大学費用を払えないということはまずありえない。この外交官はキエフにあるコンサルタント会社のCEOであり、ウクライナのメディアNGOの共同設立者でもある。また、リヴィウにあるウクライナ・カトリック大学からは、「長年の友人であり、寄付者である」と言われている。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。


posted by ZUKUNASHI at 13:55| Comment(0) | ウクライナ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。