ロシアと米国の関係における「引き返せない点」: ずくなしの冷や水

2022年08月13日

ロシアと米国の関係における「引き返せない点」

Moscow reveals ‘point of no return’ in Russia-US relations
Branding Russia a state sponsor of terrorism by the US could lead to a severing of ties, a Foreign Ministry official says
If the US designates Russia as a state sponsor of terrorism, it would be “a point of no return” in relations between the two countries, and Washington is aware of that, a Russian Foreign Ministry official has said.

In an interview with TASS published on Saturday, the head of the ministry’s North American Department, Aleksandr Darichev, was asked about the possibility of downgrading relations with the US over its support for Ukraine in the conflict with Russia and the unprecedented sanctions imposed on Moscow.

“I wouldn’t want to philosophize about what’s possible and what’s not in the current turbulent situation when the US-led West has trampled upon international law and absolute taboos in diplomatic practice,” he said.

The diplomat commented on the idea of labeling Russia as a state sponsor of terrorism, which has been promoted recently by US lawmakers.

“Its implementation would mean that Washington has crossed the point of no return with the most serious collateral damage for bilateral relations, up to downgrading of their level and even severance of all ties,” Darichev said, adding that “the American side has been warned” about it.

In late July, the US Senate unanimously approved a non-binding resolution calling upon US Secretary of State Antony Blinken to designate Russia as a state sponsor of terrorism.

In the House of Representatives, a similar move is supported by Speaker Nancy Pelosi. According to a report by Politico, Pelosi even warned Blinken that if he does not move ahead with the measure, Congress will do so itself by passing legislation.

The lawmakers say that putting Russia on the same list as Cuba, North Korea, Iran, and Syria would enable the US to further increase the pressure on Moscow by expanding the sanctions beyond specific sectors of its economy.

The State Department has so far been reluctant to fulfill the request, arguing that the sweeping sanctions that have already been imposed on Russia over the conflict in Ukraine are enough.

Googleによる翻訳結果
モスクワは、ロシアと米国の関係における「引き返せないポイント」を明らかにする
米国がロシアをテロ支援国家と認定すれば、関係断絶につながりかねない、と外務省関係者は語る
米国がロシアをテロ支援国家に指定すれば、両国関係において「後戻りできない」ことになり、ワシントンはそれを承知している、とロシア外務省の当局者は述べた。

土曜日に公開されたTASSとのインタビューで、同省の北米部門の責任者であるアレクサンドル・ダリチェフは、ロシアとの紛争におけるウクライナへの支持とモスクワに課せられた前例のない制裁をめぐって、米国との関係を格下げする可能性について尋ねられた。

「米国主導の西側諸国が国際法と外交実務における絶対的なタブーを踏みにじった現在の激動の状況で、何が可能で何が不可能かについて哲学したくはない」と彼は言った。

外交官は、ロシアをテロ支援国家と見なすという考えについてコメントした.

ダリチェフ氏は、「その実施は、ワシントンが、二国間関係のレベルの格下げやすべての関係の断絶に至るまで、二国間関係に最も深刻な巻き添え被害をもたらすノーリターンのポイントを越えたことを意味する」、「アメリカ側はそれについて警告を受けている」 と述べた。

7月下旬、米国上院はアントニー・ブリンケン国務長官にロシアをテロ支援国家に指定するよう求める拘束力のない決議案を全会一致で承認した。

下院でもナンシー・ペロシ下院議長が同様の動きを支持している。ポリティコのレポートによると、ペロシはブリンケンに、彼がこの措置を進めなければ、議会は法案を可決することによってそれを行うだろうとさえ警告した.

議員らは、ロシアをキューバ、北朝鮮、イラン、シリアと同じリストに載せることで、米国は経済の特定の部門を超えて制裁を拡大し、ロシアへの圧力をさらに高めることができると述べている。

国務省はこれまでのところ、ウクライナでの紛争をめぐってロシアに課された広範な制裁で十分であると主張して、要求を満たすことに消極的でした。
posted by ZUKUNASHI at 20:35| Comment(0) | 国際・政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。