死者の多くは、慢性疾患による長い時間の経過の中で死亡する: ずくなしの冷や水

2022年08月13日

死者の多くは、慢性疾患による長い時間の経過の中で死亡する


私は、コビドによる死因のほとんどは、病気の急性期にはないと確信しています。死者のほとんどは、慢性疾患や自己免疫疾患、血栓による突然の心筋梗塞などで、長い時間をかけて死亡することになります。

・・・・・

管理人も同じように考えます。ワクチン接種後短時間で無くなる例は別として、コロナ罹患による死亡でもワクチンが原因の死亡も、何らかの前兆、体調不良があってそれを見過ごすと死亡につながるのだと思います。

今、最も副作用の心配なしに服用できる抗ウィルス薬はイベルメクチンです。ワクチンが原因の体調不良にもFLCCCはイベルメクチンを第一選択肢に挙げています。開業医の中にもイベルメクチンの効果を認める方がいます。

なんとしてもワクチン接種による死亡者の増加を防ぎたいです。
posted by ZUKUNASHI at 20:28| Comment(0) | Covid19
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。