ゼレンスキーの秘密の取引: ずくなしの冷や水

2022年08月09日

ゼレンスキーの秘密の取引

German media sheds light on Zelensky’s ‘secret deals’
Die Welt publishes an excerpt from a new biography which describes alleged cases of corruption involving Ukraine’s president

German newspaper Die Welt has put Ukrainian President Vladimir Zelensky’s “secret deals” under the microscope by carrying an extract from a new book which suggests the head of state may have evaded taxes at home.

The paper cited parts of “Zelensky: A Biography” that deal with alleged cases of corruption involving the Ukrainian leader.

It says that in 2019, Zelensky was found to have offshore accounts in Cyprus, and research by Slidstvo.info revealed that the former comedian owns companies in the British Virgin Islands and Belize, including the “previously unknown” Maltex Multicapital Corp., which owns apartments in central London worth $7.5 million.

The corporation is also said to have received a total of $40 million from Ukrainian oligarch Igor Kolomoysky since 2012. Zelensky apparently transferred his shares in this company to a close friend shortly before the 2019 presidential election, which he went on to win.

While it was not clear what the purpose behind the scheme was, Ukrainian investigative journalists speculated at the time that Zelensky might have used it to dodge taxes at home, or that he participated in money laundering for Kolomoysky.

The excerpt also states that the airing of a documentary called ‘Offshore 95’, which centered on Zelensky’s alleged shady dealings revealed in the Pandora Papers, was canceled in Kiev at the last minute last October. The cinema’s manager had apparently received a call from the SBU, Ukraine’s security service, the extract said, citing Ukrainian media. It was only thanks to public outcry that the screening did take place later in the day, it said.

Despite initially refusing to answer questions posed by Slidstvo.info, Zelensky’s office explained in October 2021 that “everyone relocated their business abroad, especially in the TV industry” during the “Yanukovich times,” a reference to former President Viktor Yanukovich. Zelensky also claimed that the tax authorities looked into his dealings “almost every day” at the time, implying that they never found any violations. He also vehemently denied involvement in any money laundering, but dodged a question about whether he had actually paid all the taxes due at all times.

A journalist from Slidstvo.info was, however, apparently not satisfied with the president’s reply and suggested the next day that the mere existence of this offshore corporation pointed to the fact that Zelensky does not “trust the country in which you built up your business and which you are in charge of.”

“You want to conceal something, and you have a reason for that,” she said.

According to the book, on October 27, Ukraine’s National Agency on Corruption Prevention announced that it had conducted a probe into Zelensky’s business activities and found nothing illegal.
ウクライナ大統領の汚職疑惑を描いた新刊伝記の抜粋をDie Weltが掲載

ドイツの新聞Die Weltは、ウラジーミル・ゼレンスキー大統領の「秘密の取引」に注目し、同大統領が国内で脱税していた可能性を示唆する新しい本の抜粋を掲載しました。

同紙は、「ゼレンスキー伝」の一部を引用。ウクライナの指導者が関与した汚職疑惑の事例を扱った「A Biography」の一部を引用しています。

それによると、2019年にゼレンスキーはキプロスにオフショア口座を持つことが判明し、Slidstvo.infoの調査により、元コメディアンが英領バージン諸島とベリーズに会社を所有し、ロンドン中心部に750万ドル相当のアパートを所有する「これまで知られていなかった」マルテックス・マルチキャピタル株式会社を含むことが判明したという。

また、同法人は2012年以降、ウクライナのオリガルヒであるイゴール・コロモイスキーから総額4000万ドルを受け取ったとされる。ゼレンスキーは、2019年の大統領選の直前にこの会社の株式を親しい友人に譲渡し、当選に至ったようだ。

このスキームの背後にある目的は明らかではなかったが、ウクライナの調査ジャーナリストは当時、ゼレンスキーが自国の税金逃れのために利用したのではないか、あるいはコロモイスキーのマネーロンダリングに参加したのではないかと推測している。

また、抜粋によると、パンドラ文書で明らかになったゼレンスキー容疑者の怪しげな取引を中心とした「オフショア95」というドキュメンタリー映画の放映が、昨年10月にキエフで直前になって中止されたという。映画館の支配人が、ウクライナの治安機関であるSBUから電話を受けたようだと、ウクライナのメディアを引用して抄訳している。その日のうちに上映が行われたのは、世論の反発のおかげであったという。

当初はSlidstvo.infoの質問に答えることを拒否していたものの、ゼレンスキー氏の事務所は2021年10月、「ヤヌコビッチ時代」(ヴィクトル・ヤヌコビッチ元大統領を指す)に「誰もが自分のビジネスを海外、特にテレビ業界に移転した」と説明しています。また、ゼレンスキー氏は、当時、税務当局が「ほぼ毎日」自分の取引を調べていたと主張し、「違反は見つからなかった」とほのめかした。また、マネーロンダリングへの関与も激しく否定したが、実際に納税を常に行っていたかどうかという質問には、かわされた。

しかし、Slidstvo.infoの記者は、社長の返答に納得がいかなかったようで、翌日、このオフショア法人の存在自体が、ゼレンスキーが「自分のビジネスを築いた国、自分が責任を持っている国を信用していない」ことを示唆している、と指摘した。

"何かを隠したい、その理由があるのではないか "と。

同書によると、10月27日、ウクライナの汚職防止国家機関が、ゼレンスキーの事業活動に関する調査を実施し、違法なものはなかったと発表した。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

ゼレンスキーは、昔からマネロンなどに関与していたんですね。米国がパートナーとするに適当な人物と考えたのはよく理解できます。ゼレンスキーは、もともとウクライナにまともな政府ができては自身の身が危ない。まさに最後のウクライナ人まで戦わなければならない事情を抱えている。最後は、海外に逃亡ですね。
posted by ZUKUNASHI at 09:50| Comment(0) | ウクライナ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。