カリン・クナイシオーストリア元外相が激しい嫌がらせにさらされている: ずくなしの冷や水

2022年08月06日

カリン・クナイシオーストリア元外相が激しい嫌がらせにさらされている

カリン・クナイシ オーストリア元外相は、2018/8に行った結婚式にプーチンを招待し、世界を驚かせました。その後も外相としての国連演説で5か国語で演説しました。
その後彼女はロシア石油企業ロスネフチの役員をやっていたようですが、ロシアのウクライナ侵攻後にロシア企業役員を継続することに批判が強まり、辞任しています。
これは、欧州議会が2022/5、ロシアの国営企業から巨額な役員報酬などを得ている欧州の政治家を制裁リストに載せるよう欧州委員会に要求したことによるものです。
シュレーダー独元首相もロスネフチの役員を辞任しています。
ドイツやオーストリアは、大学が多く、政治学者なども多いのですが、ロシアの軍事行動を肯定するような主張をすると罰せられるようで、ツイッターなどでもそのような論調が見当たりません。言論の自由、人権云々という原則論は活発ですが、いったん何かあれば、この通りということです。






2018年08月21日
8/18(土)プーチンがオーストリア外相の結婚式に出席

2018年10月01日
結婚式にプーチンを招いたオーストリア外相が国連総会でサプライズ演説
posted by ZUKUNASHI at 23:40| Comment(0) | 国際・政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。