夏物衣料は今が底値?: ずくなしの冷や水

2022年08月06日

夏物衣料は今が底値?

友人の付き合いで、廉価衣料のワークマンに寄ることがありました。

7月には海外からのお客に会うために衣類に気を使うこともありましたが、盛夏のありがたさで夏物衣料は高いものは必要ありません。

私の場合、夏の外出は買い物とウォーキングだけ。もう安物衣料だけです。

ワークマンで見ていたらキャップが399円、安いので飛びついて買ったら深さが少し浅いです。あとカラフルなTシャツが500円から600円程度。どれも化繊ですから着心地はよくないと思い買うのは見送りました。

でも家に帰ってふと考えたら、石油が上がり、運賃なども上がりますね。来年も同じような価格で売られているだろうか。

安いTシャツとハンズボンを2、3枚買っておいてもよいかなと考え直しました。あと何シーズン生きられるかわかりませんが、余って捨ててもらっても惜しくないものを。

どうせ買うなら思いっきり派手なものがいいかとも思いますが、孫家族が来た時に引かれるのも困るなと、思案中です。

ユニクロの衣料が安いのは知っていますが、店舗が混んでいる。一方、ワークマンはそんなに混んでおらず、とにかく安いうえにLLとかXLのサイズが多いのです。(笑)

posted by ZUKUNASHI at 22:03| Comment(0) | 生活防衛
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。