中国がペンタゴンからの電話を受けない: ずくなしの冷や水

2022年08月06日

中国がペンタゴンからの電話を受けない

China ignores phone calls from Pentagon – Politico
The reported break in communications comes amid large-scale military drills around Taiwan
As China continues its snap military drills around Taiwan in retaliation to US House Speaker Nancy Pelosi’s provocative visit to the island this week, top Chinese military officials are refusing to return calls from their counterparts at the Pentagon, according to Politico.

Beijing allegedly rejected several calls from Defense Secretary Lloyd Austin and Joint Chiefs Chair Gen. Mark Milley in recent days, according to “three people with knowledge of the attempts.” Milley’s last confirmed contact with China’s Chief of the Joint Staff, Gen. Li Zuocheng, came on July 7, while Austin met with Chinese Defense Minister Gen. Wei Fenghe in person back in June.

On Friday, Beijing decided to cut diplomatic ties with Washington in a number of military and civilian areas. China’s Foreign Ministry released a list of issues on which there will no longer be communication between Chinese and American officials, including military contacts on the level of theater commanders and wider defense policy coordination talks.

China also suspended consultations on maritime security, cooperation on the repatriation of illegal migrants, legal assistance on criminal matters, fighting against transnational crime and drug trafficking, as well as talks on climate change, it said in a statement.

While not commenting on the reported break in top-level military communications, the White House said China’s recent moves increase the “risk of miscalculation and misperception,” even as National Security Council spokesperson John Kirby insisted it “does not completely eliminate the opportunities for senior members of our military to talk.”

“You have this much military hardware operating in confined areas, it’s good, especially now, to have those lines of communication open,” Kirby said on Friday.

Beijing launched “unprecedented” military exercises and live-fire drills in six maritime areas around Taiwan on Thursday in response to Nancy Pelosi’s brief visit. The drills include the simulation of a “blockade” of the island, as well as amphibious assaults and the striking of ground targets, according to the Chinese Defense Ministry.

China considers Taiwan an inalienable part of its territory and views visits such as Pelosi’s as attacks on its sovereignty and a violation of the ‘one-China’ principle, under which most countries refrain from diplomatic recognition of Taiwan. Despite officially recognizing Beijing as the sole legitimate authority in China since 1979, the US maintains strong unofficial ties with the island of 23.5 million, frequently selling weapons to Taipei and supporting its push for sovereignty.

中国、国防総省からの電話を無視 - Politico
台湾で大規模な軍事訓練が行われる中、通信が途絶えたと報告された。
中国が今週、ナンシー・ペロシ米下院議長の挑発的な台湾訪問への報復として、台湾周辺での大規模な軍事訓練を続ける中、中国軍の高官が国防総省の対応者からの電話に出ることを拒否していると、ポリティコが伝えています。

「この試みについて知っている 3 人の人物」によると、北京は最近、ロイド オースティン国防長官と統合参謀本部議長のマーク ミリー大将からの数回の電話を拒否したと言われています。 ミリーが中国の統合参謀総長である李作成大将と最後に接触したことが確認されたのは7月7日であり、オースティンは6月に中国国防相の魏鳳和大将と直接会った。

金曜日、北京は多くの軍事・民生分野でワシントンとの外交関係を断つことを決めた。中国外務省は、戦域司令官レベルの軍事的接触や幅広い防衛政策調整協議など、今後中国とアメリカの当局者の間でコミュニケーションが行われない問題のリストを発表した。

中国はまた、海洋安全保障、不法移民の送還に関する協力、刑事問題に関する法的支援、国際犯罪や麻薬取引との戦い、気候変動に関する協議も中断したと声明で述べている。

ホワイトハウスは、中国の最近の動きが「誤算と誤解のリスク」を高めるとしながらも、トップレベルの軍事通信が途絶えたことについてはコメントせず、国家安全保障会議のジョン・カービー報道官は「軍の上級メンバーが話をする機会が完全になくなるわけではない」と主張した。

カービー報道官は金曜日に、「これだけの軍備が限られた場所で運用されているのだから、特に今は、コミュニケーションラインを開いておくのは良いことだ」と述べた。

北京は木曜日、ナンシー・ペロシの短い訪問に呼応して、台湾周辺の6つの海域で「前例のない」軍事演習と実弾演習を開始した。中国国防省によると、この訓練には、台湾の「封鎖」のシミュレーションのほか、水陸両用攻撃や地上目標への攻撃が含まれている。

中国は台湾を不可分の領土とみなしており、ペロシのような訪問は主権に対する攻撃であり、ほとんどの国が台湾を外交的に承認しない「一つの中国」の原則に違反するものであるとみなしている。1979年以来、北京を中国の唯一の合法的な権力者と公式に認めているにもかかわらず、米国は2350万人の島と強い非公式な関係を維持し、台北に頻繁に武器を売り、その主権の主張を支持している。
www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。一部修正している。
posted by ZUKUNASHI at 15:09| Comment(0) | 台湾
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。