ウクライナ軍によるザポリージャ原発への砲撃が続いている: ずくなしの冷や水

2022年08月06日

ウクライナ軍によるザポリージャ原発への砲撃が続いている




・・・「電源装置の安全な動作に必要な開閉装置に供給する2本の電力線が遮断」されたとあります。福島第一原発事故でもこの装置につながる電線の鉄塔が倒れ、事故の一因となっています。


Ukraine risks repeating Chernobyl disaster, Russia warns
Moscow has accused Kiev of shelling Europe’s largest nuclear power plant

Russia has urged the UN and the International Atomic Energy Agency (IAEA) to make Ukraine stop the “shelling” of Europe’s largest nuclear power plant.

Moscow accused Ukrainian troops of firing artillery shells at the Zaporozhskaya Nuclear Power Plant in the country’s southern Zaporozhye Region on Friday.

The plant was seized by Russian forces in late February, when Moscow launched its military campaign in the neighboring country. The facility continues to operate with Ukrainian staff under Russian control.

Igor Vishnevetsky, a senior non-proliferation and arms control official at the Russian Foreign Ministry, warned that the shelling of the plant risks triggering an event similar to the 1986 Chernobyl nuclear disaster.

We would like to appeal to international organizations, especially to the UN and the IAEA, as well as to the countries that have influence on the Kiev regime, so they would take action in order to make the shelling of the nuclear power plant stop immediately.

According to the Russian Defense Ministry, “parts of the equipment” at the plant are out of power due to the shelling, and a fire broke out at the facility and was quickly put out. The ministry claimed that “by sheer luck,” the Ukrainian shells did not cause a bigger fire and “a possible nuclear disaster.”

The ministry said that Ukrainian troops also shelled the adjacent city of Energodar, causing power outages and disruptions of water supply.

The ministry called on the international community to condemn Ukraine for “the acts of nuclear terrorism.”

Ukrainian President Vladimir Zelensky claimed that the shelling of the plant came from Russian troops. “It is not only yet another reason why Russia should be recognized as a state sponsor of terrorism, but also a reason to impose tough sanctions on all of Russia’s nuclear power industry,” Zelensky said on Friday.

US Secretary of State Antony Blinken and Ukrainian officials earlier accused Russia of using the plant as a “shield” for its soldiers.

“Russia is now using the plant as a military base to fire at Ukrainians, knowing that they can’t and won’t shoot back because they might accidentally strike a reactor or highly radioactive waste in storage,” Blinken said on Monday at a UN nuclear non-proliferation conference in New York.

The Russian delegation to the conference released a statement rejecting Blinken’s claim. “The actions of our Armed Forces don’t damage Ukraine’s nuclear safety in any way and cause no obstacles to the plant’s operation.”

IAEA chief Rafael Grossi told AP on Tuesday that the plant needs to be inspected for repairs and “to prevent a nuclear accident from happening.”

“The situation is very fragile. Every principle of nuclear safety has been violated one way or the other and we cannot allow that to continue,” Grossi said later at an event in New York.
モスクワはキエフが欧州最大の原子力発電所を砲撃したことを非難した

ロシアは国連と国際原子力機関(IAEA)に対し、ウクライナに欧州最大の原子力発電所への「砲撃」を止めさせるよう求めた。

モスクワは金曜日、ウクライナ軍が同国南部ザポロジエ州のザポロジスカヤ原子力発電所に砲弾を撃ち込んだと非難した。

同発電所は、モスクワが隣国での軍事作戦を開始した2月下旬にロシア軍に接収された。同発電所は、ロシアの支配下でウクライナ人スタッフとともに操業を続けている。

ロシア外務省の核不拡散・軍備管理担当高官イゴール・ヴィシュネヴェツキー氏は、原発への砲撃は1986年のチェルノブイリ原発事故のような事態を誘発する危険があると警告している。

"国際機関、特に国連とIAEA、そしてキエフ政権に影響力を持つ国々に、原子力発電所への砲撃を直ちに止めさせるために行動を起こすよう訴えたいと思います。"

ロシア国防省によると、砲撃により原発の「設備の一部」が停電し、施設内で火災が発生したが、すぐに消し止められたという。同省は、"全くの幸運 "により、ウクライナの砲撃はより大きな火災と"生じかねない核災害"を引き起こさなかったと主張している。

同省によると、ウクライナ軍は隣接するエネルゴダール市にも砲撃を行い、停電や水の供給停止を引き起こしたという。

同省は、国際社会に対し、ウクライナの "核テロ行為 "を非難するよう呼びかけた。

ウクライナのウラジミール・ゼレンスキー大統領は、原発への砲撃はロシア軍によるものだと主張した。「ロシアをテロ支援国家と認定すべき理由がまた一つ増えただけでなく、ロシアの原子力産業全体に厳しい制裁を課す理由にもなる」とゼレンスキーは金曜日に述べた。

米国のアントニー・ブリンケン国務長官とウクライナ当局は、ロシアが原発を兵士の「盾」として使用していると非難した。

「ロシアは今、ウクライナ人に発砲するための軍事基地として原発を利用している。原子炉や貯蔵中の高放射性廃棄物を誤って攻撃するかもしれないので、撃ち返すことはできないし、しないだろうと知っている」と、ブリンケン氏は月曜日、ニューヨークで開かれた国連の核不拡散会議で述べた。

この会議のロシア代表団は、ブリンケン氏の主張を否定する声明を発表した。"我が軍の行動は、ウクライナの原子力安全を何ら損なうものではなく、原発の稼働に何ら支障を来すものでもない"

IAEAのラファエル・グロッシ長官は火曜日、AP通信に対し、原発は修理のため、"原発事故を未然に防ぐため "に検査が必要であると述べた。

"状況は非常に脆弱である。原子力安全のあらゆる原則が何らかの形で侵害されており、これを続けることは許されない」と、グロッシ氏はその後ニューヨークのイベントで語った。

posted by ZUKUNASHI at 23:06| Comment(0) | 福島原発事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。