コロナパンデミックへの米国関与 さらに網が絞られる: ずくなしの冷や水

2022年08月06日

コロナパンデミックへの米国関与 さらに網が絞られる


US government may be complicit in emergence of Covid – Russian MoD
米国政府はコビッドの出現に加担している可能性がある-ロシア国防省
Moscow is assessing the possibility that a Washington DC agency played a part in the creation of Covid-19
モスクワは、ワシントンDCのある機関がコビッド19の誕生に一役買った可能性を評価している。
Russia’s Defense Ministry says it’s investigating the possible role of the US Agency for International Development (USAID) in the creation of the Covid-19 virus.
ロシア国防省は、コビッド19ウイルスの誕生に米国国際開発庁(USAID)が関与した可能性について調査していると述べた。
In a press briefing on Thursday, the head of Russia’s Radiation, Chemical and Biological Defense Forces, Lieutenant-General Igor Kirillov, claimed that US-backed bio-laboratories in Ukraine had been conducting questionable research and clinical tests on Ukrainian citizens, and that “over 16,000 biological samples, including blood and serum samples, were exported from the territory of Ukraine to US and European countries.”
ロシアの放射線・化学・生物防衛軍のトップであるイーゴリ・キリロフ中将は、木曜日の記者会見で、ウクライナの米国が支援する生物研究所が、ウクライナ国民に対して疑わしい研究と臨床試験を行っており、"血液と血清のサンプルを含む16000以上の生物サンプルがウクライナ領土から米国と欧州諸国に輸出された "と主張した。
He went on to explain that a statement from Jason Crow, a member of the US House of Representatives Intelligence Committee, who warned Americans that their DNA samples could be used to create targeted biological weapons, caused Russia’s Defense Ministry to “take a fresh look” at the origins of the Covid pandemic.
さらに、アメリカ下院情報委員会のメンバーであるジェイソン・クロウ氏が、アメリカ人のDNAサンプルが標的型生物兵器の製造に使用される可能性があると警告した発言により、ロシア国防省がコビドパンデミックの起源について「見直す」ことになったと説明しています。
“Taking into account the interest of the US administration in the study of narrowly targeted biological agents, such statements force us to take a fresh look at the causes of the novel coronavirus pandemic and the role of US military biologists in the emergence and spread of the Covid-19 pathogen,” Kirillov said.
「標的を絞った生物剤の研究に対する米国政府の関心を考慮に入れると、そのような声明は、新型コロナウイルスのパンデミックの原因と、 Covid-19病原体の出現と拡散における米軍の生物学者の役割を再検討することを余儀なくします。」とキリロフ氏は語った。
Russia now suspects that USAID might have been directly responsible for the emergence of the Covid-19 virus, according to Kirillov, who pointed to a Lancet article by Columbia professor Jeffry Sachs, who suggested that the virus was likely created in a lab with the help of the America’s latest achievements in the field of biotechnology.
キリロフ氏によれば、ロシアは現在、USAID が Covid-19 ウイルスの出現に直接関与している可能性があると疑っており、同氏は、このウイルスはアメリカのバイオテクノロジー分野における最新の成果を利用して実験室で作られた可能性が高いと示唆しているコロンビア大学のジェフリー・サックス教授が発表したランセット誌の記事を指摘した。
Kirillov pointed out that since 2009, USAID had been funding a program known as “Predict,” conducting research into new coronaviruses which involved the capture of wild bats infected with such pathogens, and that one of the project’s contractors, Metabiota, had been known for its military biological activities on the territory of Ukraine.
キリロフ氏は、2009年以降、USAIDは「Predict」と呼ばれるプログラムに資金を提供し、そうした病原体に感染した野生のコウモリの捕獲を伴う新しいコロナウイルスの研究を行っており、プロジェクトの請負業者の1つであるメタビオタ社はウクライナ領内での軍事生物活動で知られていたと指摘した。
In 2019, the agency shut down the ‘Predict’ program while the Johns Hopkins Center for Health Security coincidentally began studying the spread of a previously unknown coronavirus.
2019年、ジョンズ・ホプキンス健康安全保障センターが偶然にもこれまで知られていなかったコロナウイルスの拡散の研究を始める一方で、同機関は「Predict」プログラムを停止した。
“The implementation of the COVID-19 development scenario and USAID's emergency phasing out of the Predict program in 2019 suggest the deliberate nature of the pandemic and US involvement in its occurrence,” Kirillov said.
「COVID-19開発シナリオの実施とUSAIDの2019年のPredictプログラムの緊急終了は、パンデミックの意図的な性質とその発生への米国の関与を示唆しています」とキリロフ氏は述べた。
He added that the recent emergence of the monkeypox virus, as well as the US’s purported history of using biological agents against its enemies, has led Moscow to observe a “clear trend” of pathogens which for whatever reason are of interest to the Pentagon, eventually turning into pandemics.
さらに、サルポックスウイルスの最近の出現や、米国が敵に対して生物製剤を使用したとされる歴史から、何らかの理由で国防総省が関心を持つ病原体が、最終的にパンデミックになるという「明確な傾向」をモスクワは観察しているという。
The US has repeatedly denied using biolabs in Ukraine to conduct military research and claims the “46 peaceful Ukrainian laboratories, health facilities and disease diagnostic sites” were used to assist Kiev in improving biological safety, security and disease surveillance for both human and animal health.
米国は、ウクライナのバイオラボを軍事研究に使用することを繰り返し否定しており、「46の平和的なウクライナの研究所、保健施設、疾病診断施設」は、キエフがヒトと動物の健康のために生物学的安全、セキュリティ、疾病監視の改善を支援するために使用されたと主張している。
The exact origins of the Covid-19 virus have yet to be conclusively proven. However, the World Health Organization (WHO) stated in February 2021 that it was most likely transmitted from an animal, possibly a bat, to humans.
Covid-19ウイルスの正確な起源は、まだ決定的な証明を受けていません。しかし、世界保健機関(WHO)は2021年2月、動物(おそらくコウモリ)からヒトに感染した可能性が高いと発表しています。

www.DeepL.com/Translator(無料版)などで翻訳しました。

posted by ZUKUNASHI at 10:12| Comment(0) | Covid19
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。