医療崩壊 自分で用心するしかない: ずくなしの冷や水

2022年08月02日

医療崩壊 自分で用心するしかない



熱中症予防のためエアコンを使い始めました。自転車は低速走行。この夏は、グリーンサウナもやっていません。

新コロナウィルスは、外出抑制と早期服薬戦略を徹底。僻地の無医村に住んでいるつもりに切り替えです。

毎日朝から救急車の音が聞こえます。救急車がコロナ感染者搬送中との旗をつけていると聞きました。

さて、今日は所用で外出しなければならないが、バスにするか自転車にするか。

自転車でソロソロと行きました。用務先の都合で1時間待たされ、公園でアイスを食べ水を飲んでいたら幼児が話しかけてきます。友達を待っているが来ないと。私に遊んでほしそうでしたが、この暑さの中では無理。

幼児が感染源になることが多いことを思い出し、マスクをしました。

風もありましたので走っている間はそれほどでもないのですが、自転車を降りたとたんにどっと汗が吹き出します。暑さは半端でない。

熊本県は県民34人に一人感染者(患者)がいます。東京は50人に一人。


昨日の幼児との接近局面は、彼が感染していれば確実に移る距離だった。うっかりした。IVM服用。

近所のコンビニが店員のコロナ感染疑いで閉店中。
posted by ZUKUNASHI at 08:09| Comment(0) | Covid19
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。