ワクチン接種後の月経異常: ずくなしの冷や水

2022年10月06日

ワクチン接種後の月経異常






Study reveals how Covid-19 vaccines affect periods
menstrual period(s):月経
Nearly half of females inoculated against the virus have reported menstrual abnormalities

Covid-19 vaccines lead to abnormal menstruation in almost half of recipients, a new study has revealed.

Published in the Science Advances journal on Friday, the survey was carried out by researchers from the University of Illinois and Washington University School of Medicine. In April 2021, nearly 40,000 people between 18 and 80 from across the world were asked to fill out an online questionnaire about their menstrual cycles, with the scientists later analyzing and systematizing the responses.

The researchers say they launched the study after a slew of anecdotal reports from early 2021 onwards, describing unusual menstrual bleeding in women and transgender men who had received a Covid-19 vaccine.

According to the study’s findings, 42% of respondents who had previously had regular cycles reported heavier bleeding after receiving the shot. At the same time, 44% noticed no change while the other 14% reported lighter periods.

Moreover, other participants who do not typically menstruate, including transgender men and post-menopausal women, and those on long-acting contraceptives, also experienced unusual bleeding.

The respondents had received the Pfizer-BioNTech, Moderna, Johnson & Johnson vaccines or another that had been approved outside the United States. The participants also said none of them had contracted Covid-19 before getting inoculated.

The study – the largest of the kind to date – appears to corroborate the findings of previous, smaller surveys.

The researchers, however, point out that the observed changes to women’s cycles are only temporary and should in no way be used to call into question the overall efficacy and safety of Covid 19 vaccines.

“I think it’s important that people know this can happen, so they’re not scared, they’re not shocked and they’re not caught without supplies,” Katharine Lee, a biological anthropologist at the Washington University School of Medicine in St. Louis, and one of the study’s authors, explained.

The potential consequences of contracting the virus are likely to be far more serious than menstrual abnormalities, the researchers conclude, while warning that delaying vaccination even for a few weeks is not a good idea for women.

The authors said they hope more transparency around Covid 19 vaccines’ side effects could help reduce people’s hesitancy and fears.

ウイルス接種を受けた女性の約半数が月経異常を報告

Covid-19ワクチンは、接種者のほぼ半数で月経異常を引き起こすことが、新しい研究で明らかになりました。

金曜日にScience Advances誌に掲載されたこの調査は、イリノイ大学とワシントン大学医学部の研究者によって行われたものです。2021年4月、世界中の18歳から80歳までの約4万人に月経周期に関するオンラインアンケートに答えてもらい、その後、科学者が回答を分析・体系化した。

研究者によると、2021年初頭以降、コビド19ワクチンを接種した女性やトランスジェンダー男性に月経時の異常出血が見られるという逸話的な報告が相次いだため、研究を開始したという。

研究結果によると、それまで規則正しい周期だった回答者の42%が、注射を受けた後に出血が重くなったと報告しました。同時に、44%は変化に気づかず、残りの14%は生理が軽くなったと報告しています。

さらに、トランスジェンダー男性や閉経後の女性、長時間作用型避妊薬を服用している人など、通常月経のない他の参加者も異常出血を経験しました。

回答者は、ファイザー・バイオンテック、モデナ、ジョンソン・エンド・ジョンソンのワクチン、または米国外で承認された別のワクチンを接種していました。また、参加者は、接種前にCovid-19に感染した者はいなかったという。

この調査は、この種のものとしてはこれまでで最大であり、これまでの小規模な調査の結果を裏付けるものと思われる。

しかし、研究者は、観察された女性の周期の変化は一時的なものであり、決してCovid 19ワクチンの全体的な有効性と安全性を疑問視するために使用されるべきではないと指摘しています。

「私は、このようなことが起こり得ることを人々に知ってもらうことが重要だと思います。そうすれば、人々は怖がらず、ショックを受けず、備えのないまま捕まらないでしょう」と、セントルイスのワシントン大学医学部の生物人類学者で、この研究の著者の一人であるキャサリン・リー氏は説明しています。

研究者らは、ウイルスに感染した場合に起こりうる結果は、月経異常よりもはるかに深刻である可能性が高いと結論づける一方、数週間でもワクチン接種を遅らせることは女性にとって良い考えではないと警告している。

著者らは、Covid 19ワクチンの副作用に関する透明性を高めることで、人々のためらいや恐怖心を軽減できることを期待していると述べています。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。


posted by ZUKUNASHI at 21:09| Comment(0) | Covid19
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。