なぜ米国は「地球上で最も危険な場所」で中国を挑発するのか?: ずくなしの冷や水

2022年07月31日

なぜ米国は「地球上で最も危険な場所」で中国を挑発するのか?

Andrey Gubin: With potential Pelosi Taiwan visit imminent, why is the US provoking China in 'the most dangerous place on earth'
Washington is taking the unnecessary risk of creating a conflict between the two nuclear powers

Today, East Asia is the scene of a sharp confrontation between two major nuclear powers – the United States and China. The situation is worsening as the Americans execute plans to contain Beijing. The key point of contention fueling these tensions is the Taiwan Strait. In recent years, Washington has increased its supply of weapons and military equipment to the island, while assisting in revamping the armed forces of Taiwan and strongly encouraging the local government’s desire for independence.

Taiwan holds extremely important geopolitical significance for the US and China, representing part of the ‘first island chain’ stretching from the Aleutian Islands in the north through Japan and the Philippines, to the Greater Sunda Islands in the south. It is this ‘Pacific frontier’ that both Washington and Beijing have defined as their main line of defense. The politicians in power on Formosa (which means ‘beautiful’ in Portuguese and is a name that prevailed in Western cartography until the 20th century) in recent years have consistently pursued a policy of strengthening ties with the US, which is fully consistent with Washington’s anti-Chinese rhetoric.

The leadership of the People’s Republic of China (PRC) has repeatedly made it clear that actions violating the One-China policy are unacceptable. This also goes for the provisions of the three joint US-Chinese communiques of 1972-1982, which form the basis of the countries’ bilateral relations.

The rhetoric coming from the Chinese government has become increasingly belligerent recently, as “the reunification of Taiwan with the motherland” is a fundamental national security interest for Beijing that warrants military force to defend if necessary.

Meanwhile, thanks to the vague wording of the 1979 Taiwan Relations Act, the US government prefers to avoid answering questions regarding the existence of concrete obligations to assist the island. At the same time, there is no real readiness at different levels of the American political system and in the expert community to move from economic and geopolitical confrontation with China to open conflict.

A prime example of the chaos reigning in the American establishment with respect to China is perfectly illustrated by US House Speaker Nancy Pelosi’s planned visit to Taiwan in August. The first reports about the potential trip to the island by America’s third highest office holder emerged in April 2022. However, that visit never took place, allegedly due to a positive Covid-19 test. Though Pelosi’s office has not published an official confirmation or denial, the Financial Times reported that sources familiar with the situation say the speaker’s visit is almost a done deal this time. As NBC's source later claimed, it stays unclear whether her Asia trip will include a stop on the island

Interestingly, in 1997, then-Speaker of the House Newt Gingrich visited Taiwan. However, that case was somewhat different, since he represented the Republican Party, which was in opposition to the Democratic administration of Bill Clinton. Pelosi and Biden belong to the same party, so this trip would actually personify Washington’s official foreign policy line with a pronounced anti-Chinese character. Also, information about the speaker’s visit appeared after the Biden administration confirmed its fifth plan to sell weapons and equipment to Taipei, amid negotiations that are currently taking place between Taiwan’s government and former US Secretary of Defense Mark Esper.

Beijing’s reaction to this unprecedented step was immediate. Foreign Ministry spokesman Zhao Lijian said that China strongly objects to any form of official exchange between the US authorities and the island of Taiwan, emphasizing that, since Congress is an integral part of the American political system, the requirement to adhere to the one-China principle and the content of the three joint Sino-American communiques fully applies to it. Pursuant to this, Beijing called on Washington to cancel the trip, stop ramping up tensions in the Taiwan Strait, and cease taking actions supporting Taiwanese secessionism. According to the Chinese Foreign Ministry, if the US follows its current course, China will take strong and resolute measures to protect its national sovereignty and territorial integrity, so Washington should keep in mind all the possible consequences of its actions.

The White House and Pentagon are probably not yet ready for long-term and unpredictable consequences in relations with the world’s second largest economy and navy. On July 21, President Biden said that senior US military officials do not consider Pelosi’s visit to Taiwan to be a good idea at the moment.

It is worth noting that Beijing is unhappy with any signs of support for Taipei coming from Washington. When the possibility of Pelosi’s trip was first discussed in April, four Chinese Air Force planes entered the southwestern part of the island’s self-proclaimed air defense zone.

Meanwhile, Chinese Foreign Minister Wang Yi complained to French presidential adviser Emmanuel Bonn that the US continues to pursue a policy of double standards on issues concerning territorial integrity and state sovereignty, while increasing turbulence in international relations. According to the minister, Beijing considers official visits of US political leaders to Taiwan to be deliberate provocations that serve as extremely dangerous signals to the whole world.

This position was shown on different levels: US Representative Rick Larsen said that an official from the Chinese Embassy and China’s consul general in San Francisco demanded that he tell the speaker to call the trip off.

The issue was also discussed between leaders. In a statement regarding a call between Joe Biden and Xi Jinping, Chinese officials used strong language when mentioning Taiwan: "Those who play with fire will perish by it. It is hoped that the U.S. will be clear-eyed about this".

The Global Times cites Chinese experts who believe Pelosi’s visit will have strategic consequences, because Beijing’s response should also be strategic, noting that the retaliatory actions that follow could be catastrophic for the US, which is currently experiencing economic difficulties. Lu Xiang, a researcher at the Chinese Academy of Social Sciences, believes that Washington’s determination to send the speaker to Taiwan demonstrates that the American authorities want to test Beijing’s patience and set a new threshold for admissible foreign policy actions.

Military expert Song Zhongping said America’s Democratic Party is doing everything it can to improve its position ahead of the congressional mid-term election, which will be held in November, and this includes showing support for democracy on the island. Chinese journalist Hu Xijin has proposed sending combat aircraft to escort Pelosi’s flight to Taiwan and deploying an aircraft carrier in the Taiwan Strait. If the Taiwanese military opens fire, Beijing reserves the right to destroy any targets on the island that pose a threat. And if the US dares to come to the rescue, then it would be time for liberation and reunification.

It is possible that American analysts believe that Beijing’s response will be soft and symbolic, assuming that the Chinese Communist Party will want to avoid an unnecessary confrontation with the US before the 20th National Congress of the CPC, which is important for Xi Jinping personally. On the other hand, there is absolutely no reason to count on softness from the Communists. On the sidelines of the G20 Summit in Bali, Indonesia, Wang Yi warned US Secretary of State Antony Blinken that the three joint communiques were inviolable. This should be interpreted unambiguously – as soon as Washington’s provocations go too far, bilateral ties with Beijing will be hopelessly damaged.

At the same time, the Chinese authorities are ready to go further in this case than they were during the ‘Taiwan crisis’ of 1996, when Beijing, Taipei, and Washington managed to reach a compromise. In a speech at the Shangri-La Dialogue in Singapore in June of this year, Chinese Defense Minister Wei Fenghe declared that Beijing would use force if anyone tried to tear Taiwan away from China and would fight to the bitter end.

In May 2021, The Economist called Taiwan “the most dangerous place on Earth.” According to the British publication, the constant maneuvers of Chinese warships around the island and the intrusion of aircraft into its ‘air defense zone’ are unequivocal evidence that preparations are being made for an imminent invasion, which can be expected as early as 2025. It is extremely disturbing that real anti-Chinese hysteria has been gaining momentum in the US since the Biden administration came to power. According to research by the Pew Center, up to 89% of the country’s adult population consider China a rival or an enemy, but not a friend, while every other respondent has extremely negative views on China.

In light of President Biden’s statement asserting America’s readiness to provide military assistance to the island in the event of an attack from the mainland, politicians and experts have urged Washington to change its official position on Taiwan, which has traditionally consisted of ‘strategic ambiguity’, to one with greater ‘strategic clarity’.

In January 2021, the outgoing administration of President Donald Trump released documents confirming Washington’s intention to protect Taipei in the event of aggression from the mainland. The ‘U.S. Strategic Framework for the Indo-Pacific’, originally subject to declassification only in 2042, suggests that the US should prevent China from gaining superiority at sea, and in the air, within the ‘first island chain’, while protecting all countries in the area, including Taiwan. Washington is probably not confused by the fact that it, de jure, does not classify the island as a country.

However, any conflict between Washington and Beijing would not be a ‘small victorious war’ for either side. Even if the PRC fails to quickly capture Taiwan, it will persist in fighting US forces in the Asia-Pacific region. On the other hand, even if the island is lost, the Pentagon won’t curtail its operations, because all of its previous efforts would be meaningless if it doesn’t neutralize the potential of the Chinese military. In December 2021, Foreign Affairs magazine warned Washington and Beijing that a conflict over Taiwan could prove ruinous for both themselves and most East Asian states, since the main participants could use nuclear weapons to change the situation in their favor if faced with defeat.

Undoubtedly, the US and China still have considerable space for dialogue on issues related to Iran, North Korea, and Russia, with which Washington has not been able to develop productive relations. However, if the White House does not stop threatening the PRC’s fundamental security interests, which undoubtedly include the ‘Taiwan issue’, Beijing will have no choice but to strengthen ties with countries that refuse to buckle to US hegemony and have suffered from its expansionist policies.

At the same time, China’s leadership, which has relied on building economic cooperation with other countries through the Belt and Road Initiative, as well as goodwill through humanitarian aid, now needs to intensify multilateral cooperation in the field of security in order to create a safe environment for the Middle Kingdom.

アンドレイ・グービン ペロシ大統領の台湾訪問が迫る中、なぜ米国は「地球上で最も危険な場所」で中国を挑発するのか?
米国は、2つの核保有国間の紛争を引き起こすという不必要なリスクを負っている。

現在、東アジアでは、米国と中国という2大核保有国の間で鋭い対立が起きている。米国は北京封じ込め計画を実行に移し、状況は悪化している。この緊張を高めている重要な論点は、台湾海峡である。近年、米国は台湾への武器・軍備の供給を増やす一方、台湾の軍備の改編を支援し、台湾政府の独立志向を強力に後押ししている。

台湾は、北はアリューシャン列島から日本、フィリピンを経て南は大スンダ列島に至る「第一列島線」の一部であり、米国と中国にとって地政学的に極めて重要な意味を持つ。この「太平洋のフロンティア」こそ、米中両国が自国の防衛線として定義しているものである。近年、フォルモサ(ポルトガル語で「美しい」という意味で、20世紀まで西洋の地図に使われていた名称)の政治家は一貫して米国との関係を強化する政策をとっており、これはワシントンの反中国的言辞と完全に一致している。

中華人民共和国の指導者は、「一つの中国」政策に反する行動は容認できないことを繰り返し明言している。これは、二国間関係の基礎となる1972年から1982年までの3回の米中共同コミュニケの規定も同様である。

中国政府は最近、「台湾の祖国への統一」は北京の基本的な国家安全保障上の利益であり、必要であれば軍事力で守ることができるとして、そのレトリックをますます好戦的なものにしてきている。

一方、1979年に制定された台湾関係法の曖昧な文言のおかげで、米国政府は台湾に対する具体的な支援義務の有無に関する質問には答えないようにしている。同時に、米国の政治体制や専門家の間では、中国との経済的・地政学的な対立から、公然の紛争に移行する準備が全くできていないのである。

中国をめぐるアメリカのエスタブリッシュメントの混沌を示す典型的な例は、8月に予定されているナンシー・ペロシ米下院議長の台湾訪問によく表れている。アメリカ第3の権力者による台湾訪問の可能性が最初に報道されたのは2022年4月のことだった。しかし、その訪問は、Covid-19の検査で陽性反応が出たためとされ、実現しなかった。ペロシの事務所は公式な確認や否定を発表していないが、フィナンシャル・タイムズ紙は、事情に詳しい情報筋の話として、議長の今回の訪問はほぼ決定事項であると報じている。NBCの情報筋が後に主張したように、彼女のアジア歴訪に島への立ち寄りが含まれるかどうかは不明なままである。

興味深いのは、1997年に当時のニュート・ギングリッチ下院議長が台湾を訪問していることだ。しかし、その時は、ビル・クリントンの民主党政権と対立していた共和党の代表であったので、少し違っていた。ペロシとバイデンは同じ党であり、反中国的な性格を持つワシントンの公式外交路線を体現することになる。また、バイデン政権は、台湾政府とエスパー前国防長官との間で行われている交渉の中で、台北への武器・装備売却の第5次計画を確認した後、同議長の訪問に関する情報が流れた。

この前代未聞の措置に、北京は直ちに反応した。外交部の趙麗健報道官は、中国は米国当局と台湾島とのいかなる形の公式交流にも強く反対すると述べ、議会は米国の政治体制に不可欠な部分であるため、一国主義を遵守する要件と3つの米中共同コミュニケの内容が完全に適用されると強調した。これに従い、北京はワシントンに対し、訪米を中止し、台湾海峡の緊張を高めることをやめ、台湾の分離独立を支持する行動をとることをやめるよう要求した。中国外務省によれば、もしアメリカが現在のような道を歩めば、中国は国家主権と領土保全を守るために強力で断固とした措置を取るだろうから、ワシントンはその行動によって起こりうるすべての結果を心に留めておくべきだということだ。

ホワイトハウスと国防総省は、世界第二の経済大国であり海軍を有する中国との関係において、長期的かつ予測不可能な結果を招くことに対して、おそらくまだ準備ができていないのだろう。7月21日、バイデン大統領は、米軍高官はペロシの台湾訪問を現時点では良いアイデアとは考えていないと述べた。

北京は、ワシントンから台北を支持する 兆候があれば、それを快く思っていないこと は注目に値する。4月にペロシ訪台の可能性が議論された際、中国空軍の飛行機4機が台湾の自称防空識別圏の南西部に進入した。

一方、中国の王毅外相は、フランス大統領顧問のエマニュエル・ボン氏に対して、米国は領土保全と国家主権に関する問題で二重基準政策を続け、国際関係の動揺を高めていると苦言を呈した。同大臣によると、北京は米国の政治指導者の台湾への公式訪問を意図的な挑発行為とみなし、全世界に極めて危険なシグナルを発しているという。

この立場はさまざまなレベルで示された。リック・ラーセン米下院議員は、中国大使館の職員とサンフランシスコの中国総領事から、訪台を中止するよう議長に伝えるよう要求されたと述べた。

この問題は、首脳の間でも話し合われた。ジョー・バイデンと習近平の電話会談に関する声明で、中国当局者は台湾に言及する際に強い言葉を使った。「火遊びをする者は火に焼かれる。米国がこのことを明確に認識することが望まれる」と述べている。

環球時報は、ペロシの訪問は戦略的な結果をもたらすと考える中国の専門家を引用し、北京の反応も戦略的であるべきだから、その後の報復行動は、現在経済的に困難な状況にある米国にとって破滅的となり得ると指摘している。中国社会科学院の研究者・呂祥氏は、ワシントンが演説者を台湾に派遣する決意は、アメリカ当局が北京の忍耐力を試し、外交政策の行動許容の新しい閾値を設定したいことを示していると見ている。

軍事専門家の宋中平氏は、アメリカの民主党は11月に行われる議会中間選挙を前に、その地位を向上させるためにあらゆる手段を講じており、これには台湾の民主化に対する支持を示すことも含まれていると述べた。中国人ジャーナリストの胡志仁氏は、ペロシ氏の台湾へのフライトを護衛するために戦闘機を派遣し、台湾海峡に空母を配備する場合を提起している。台湾軍が発砲した場合、北京は脅威となる台湾のあらゆる目標を破壊する権利を有する。そして、もしアメリカがあえて救援に来るなら、それは解放と統一の時であろう。

アメリカのアナリストは、中国共産党が習近平個人にとって重要な第20回全国代表大会を前に、アメリカとの無用な対立を避けたいとして、北京の対応はソフトで象徴的なものになると考えている可能性もある。一方、共産党の軟弱さを当てにする理由は全くない。王毅はインドネシア・バリ島でのG20サミットの傍ら、米国のアントニー・ブリンケン国務長官に「3つの共同コミュニケは不可侵である」と警告した。これは明確に解釈されるべきで、ワシントンの挑発が行き過ぎた時点で、北京との二国間関係は絶望的に損なわれることになる。

同時に、中国当局は、北京、台北、ワシントンが何とか妥協に達した1996年の「台湾危機」の時よりも、この件ではさらに踏み込む用意があるようだ。今年6月にシンガポールで開催されたシャングリラ・ダイアログでの講演で、中国の魏鳳和国防相は、誰かが台湾を中国から引き離そうとすれば、北京は武力を行使し、最後まで戦うと宣言している。

2021年5月、英誌『エコノミスト』は台湾を "地球上で最も危険な場所 "と呼んだ。このイギリスの出版物によれば、中国の軍艦が常に島の周囲を機動し、航空機がその「防空圏」に侵入していることは、早ければ2025年にも予想される差し迫った侵略のための準備がなされていることの明白な証拠であるという。バイデン政権になってから、米国で本当の反中ヒステリーが勢いを増しているのは極めて不愉快である。ピュー・センターの調査によると、同国の成人人口の89%までもが、中国をライバルあるいは敵視しているが、友人ではないと考えており、その他の回答者も皆、中国に対して極めて否定的な見解を持っている。

バイデン大統領が、大陸からの攻撃に備えて米国が台湾に軍事支援を行う用意があると発言したことを受け、政治家や専門家は、従来「戦略的曖昧さ」で成り立っていた台湾に対する公式見解を、より「戦略的明確さ」のあるものに変えるよう米国に強く求めている。

2021年1月、ドナルド・トランプ大統領の退任政権は、大陸からの侵略があった場合、ワシントンが台北を保護する意図を確認する文書を公表した。本来は2042年にのみ機密解除の対象となる「米国のインド太平洋戦略フレームワーク」では、米国は「第一列島線」内で中国が海上、航空で優位に立つことを阻止し、台湾を含むこの地域のすべての国々を保護すべきであると提言している。ワシントンは、デジュール上、この島を国として分類していないため、おそらく混乱はないだろう。

しかし、ワシントンと北京の間で紛争が起きたとしても、どちらかが「小さな勝利の戦争」になることはないだろう。たとえ中国が台湾を速やかに占領できなかったとしても、アジア太平洋地域で米軍と戦うことに固執するだろう。一方、島を失ったとしても、ペンタゴンは作戦を縮小しない。中国軍の潜在力を無力化しなければ、これまでの努力が無意味になるからだ。2021年12月、フォーリン・アフェアーズ誌はワシントンと北京に、台湾をめぐる紛争は自分たちとほとんどの東アジア諸国にとって破滅的なものになりかねないと警告した。なぜなら、主要参加国は敗北に直面すれば、核兵器を使用して状況を有利に変えることができるからだ。

米国と中国には、イラン、北朝鮮、ロシアなど、米国が生産的な関係を構築できていない問題に関して、まだかなりの対話の余地があるのは間違いないだろう。しかし、ホワイトハウスが「台湾問題」を含む中国の基本的な安全保障上の利益を脅かすことを止めなければ、北京は米国の覇権主義に屈せず、その拡張政策に苦しんでいる国との関係を強化せざるを得ないだろう。

同時に、これまで「一帯一路」構想による他国との経済協力や人道支援による友好関係の構築に頼ってきた中国指導部は、今度は安全保障の分野で多国間協力を強化し、中原の安全な環境作りに努める必要がある。
Deeplで翻訳

By Andrey Gubin, Russian International Affairs Council expert
posted by ZUKUNASHI at 08:33| Comment(0) | 台湾
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。