Play with fire – get burned, China warns US: ずくなしの冷や水

2022年07月29日

Play with fire – get burned, China warns US


Play with fire – get burned, China warns US
President Xi sent a blunt message on Taiwan in “candid” phone call with Biden

Taiwan is a part of China and the 1.4 billion Chinese will not tolerate any challenges to the country’s national sovereignty and territorial integrity, President Xi Jinping told his US counterpart, Joe Biden, in a phone call on Thursday. Xi’s warning comes amid reports that House Speaker Nancy Pelosi is preparing to visit the island next month, something Beijing has warned her against.

Xi “highlighted that the historical ins and outs of the Taiwan question are crystal clear, and so are the fact and status quo that both sides of the Taiwan Strait belong to one and the same China,” according to Beijing’s readout of Thursday’s call, also noting that Biden was the one who initiated it.

China is firmly opposed to Taiwanese separatism and will not tolerate “independence” for the island “in whatever form,” Xi told Biden, in the first direct call between the two leaders since March 18.

Those who play with fire will perish by it. It is hoped that the US will be clear-eyed about this.

According to the readout, Xi also told Biden that the US approach to China as the primary rival, strategic competitor, and a security challenge “would be misperceiving China-US relations and misreading China’s development,” adding that US attempts at “decoupling or severing supply chains in defiance of underlying laws” would not help its economy, but “only make the world economy more vulnerable.”

China and the US need to “uphold the international system centering on the UN and the international order underpinned by international law,” said Xi, who also “reiterated China’s principled position” on the crisis in Ukraine.

The much shorter White House readout of the call did not mention Ukraine or the specifics of economic discussions, instead singling out the issues of “climate change and health security.” It did, however, say that the call was “part of the Biden Administration’s efforts to maintain and deepen lines of communication between the United States and the PRC and responsibly manage our differences and work together where our interests align.”

When it comes to Taiwan, Biden “underscored that the US policy has not changed and that the US strongly opposes unilateral efforts to change the status quo or undermine peace and stability across the Taiwan Strait,” according to the White House.

Tensions between China and the US have escalated in recent weeks, after reports that House Speaker Nancy Pelosi (D-California) intended to take a congressional delegation to Taiwan in August.

Pelosi has neither confirmed nor denied the trip. Asked about it earlier this month, Biden said the US military thought it was “not a good idea right now.”

Since then, however, the Pentagon has reportedly developed a “contingency plan” to send additional ships and fighter jets to the region. Meanwhile, Chinese officials threatened the US with “unbearable consequences” should Pelosi go forward with her visit, and some pundits even advocated attacking Taiwan in response to such a “provocation.”

House Speaker Newt Gingrich visited Taiwan in 1997, but as government officials in Beijing have noted, he was opposition leader at the time, while Pelosi is from the same party as Biden.

Taiwan has been ruled by the nationalist Kuomintang, who found refuge on the island after losing the civil war to the Communists in 1949 and leaving the mainland with US help.

習近平主席、バイデン氏との "率直な "電話会談で台湾に露骨なメッセージを送る

台湾は中国の一部であり、14億人の中国人は台湾の国家主権と領土保全に対するいかなる挑戦も容認しない、と習近平主席は木曜日の電話会談で、米国のバイデン大統領に伝えた。習近平主席の警告は、ナンシー・ペロシ下院議長が来月、同島を訪問する準備を進めていると報じられる中で行われたもので、北京は同議長に警告を発している。

北京の発表によると、習近平は「台湾問題の歴史的経緯は明確であり、台湾海峡の両岸が同じ中国に属しているという事実と現状も同様だ」と強調し、バイデンが電話会談を始めたと指摘した。

中国は台湾の分離主義に断固として反対し、台湾の「独立」を「いかなる形であれ」容認しないと、習近平は3月18日以来の両首脳の直接通話でバイデンに伝えた。

火遊びをする者は火で滅びる。米国がこのことを明確に認識することが望まれる。

また、習近平はバイデンに対し、中国を主要なライバル、戦略的競争相手、安全保障上の課題として捉える米国のやり方は「中米関係の認識と中国の発展を見誤ることになる」と述べ、米国が「根本的な法律に反してサプライチェーンを切り離したり」しようとしても、自国の経済を助けるどころか「世界経済をより脆弱にするだけだ」と付け加えたという。

中国と米国は「国連を中心とする国際システムと国際法に裏打ちされた国際秩序を守る」必要があると習近平は言い、ウクライナ危機についても「中国の原則的立場を改めて表明した」という。

ホワイトハウスの発表では、ウクライナや経済協議の内容には触れず、代わりに「気候変動と健康安全保障」の問題を取り上げた。しかし、この電話会談は、「米国と中国の間のコミュニケーションラインを維持し、深め、我々の相違を責任を持って管理し、我々の利益が一致するところで協力するというバイデン政権の努力の一部である」と述べている。

台湾に関しては、ホワイトハウスによると、バイデンは、"米国の政策は変わっておらず、米国は現状を変更したり、台湾海峡の平和と安定を損なおうとする一方的な努力に強く反対していることを強調した "という。

ナンシー・ペロシ下院議長(カリフォルニア州選出)が8月に議会代表団を台湾に派遣する意向であることが報じられ、ここ数週間、中米間の緊張は高まっている。

ペロシはこの訪台を肯定も否定もしていない。今月初め、この件について問われたバイデン氏は、米軍は "今は良いアイデアではない "と考えていると述べた。

しかしそれ以来、国防総省は艦船と戦闘機を追加で派遣する「緊急時対応計画」を策定したと伝えられている。一方、中国政府は、ペロシが訪米に踏み切った場合、米国に「耐え難い結果」をもたらすと脅し、一部の識者はこのような「挑発」に対抗して台湾への攻撃を提唱している。

1997年にニュート・ギングリッチ下院議長が台湾を訪問したが、北京の政府関係者が指摘するように、彼は当時野党党首であり、ペロシはバイデンと同じ党出身である。

台湾は、1949年に内戦で共産党に敗れ、米国の援助で大陸を離れた後、島に避難した民族主義者の国民党が統治してきた。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。日本語訳は修正を要します。


posted by ZUKUNASHI at 21:20| Comment(0) | 国際・政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。