Ukraine seeks to engineer nuclear disaster –: ずくなしの冷や水

2022年07月29日

Ukraine seeks to engineer nuclear disaster –

Ukraine seeks to engineer nuclear disaster – Russia
Kiev’s attacks against Zaporozhye Nuclear Power Plant are an attempt to cause mayhem, Foreign Ministry in Moscow claims
Drone strikes on Zaporozhye Nuclear Power Plant by Ukraine appear to be an attempt to engineer a massive industrial disaster, and with the connivance of the West, Deputy Spokesperson for Russia’s Foreign Ministry Ivan Nechaev said Wednesday.

“Ukraine’s armed forces are obsessively staging strikes on Zaporozhye Nuclear Power Plant, which is the largest in Europe, with total disregard for its safety or IAEA’s decisions and its resolutions,” Nechaev told a weekly news briefing, referring to the International Atomic Energy Agency’s numerous rulings that deem attacks against civilian nuclear facilities to be violations of international law.

“It is now obvious Ukraine is deliberately going for a massive industrial disaster. And we’re seeing that both the US and their European allies are completely fine with it,” Nechaev concluded.

Currently under the control of Russian forces, Zaporozhye Nuclear Power Plant, located in Energodar, southeastern Ukraine, has been a target of several strikes in the past few weeks.

On July 12, Ukrainian drones dropped several 120mm shells on a building located next to the power plant, injuring 11 employees, Energodar authorities confirmed. On July 20 three Ukrainian “kamikaze drones” attacked the plant, with no damage to its structures reported.

Back in April, the head of Russia’s Radioactive, Chemical, and Biological Protection Forces, Lieutenant General Igor Kirillov, said a ‘false-flag operation’ could be staged on one of Ukraine’s nuclear energy facilities, including on the Zaporozhye plant.

Ukrainian authorities have in turn accused Russia of attacking the plant. In early March, as Russian forces were advancing in Zaporozhye, Ukraine’s president Vladimir Zelensky said the plant was intentionally shelled by Russia in an attempt to “recreate the Chernobyl disaster.”

On July 21, the president of Ukraine’s state nuclear operator Energoatom, Petro Kotin, told Ukrainian media that Russian forces have deployed heavy weapons within the machine hall of Zaporozhye’s first unit, with munitions and fuel stored nearby. According to Kotin, even though the plant’s first unit has been out of service since the start of Russia’s offensive, these weapons and munitions represented a “fire hazard.”
キエフのZaporozhye原子力発電所に対する攻撃は、騒乱を引き起こす試みであるとモスクワの外務省が主張している。
ロシア外務省のイワン・ネチャエフ副報道官は水曜日に、ウクライナによるザポロジェ原子力発電所へのドローン攻撃は、大規模な産業災害を引き起こそうとする試みであり、西側諸国の共謀によるものと思われる、と語った。

「ウクライナの軍隊は、ヨーロッパ最大のザポロジェ原子力発電所の安全性やIAEAの決定や決議を全く無視し、執拗に攻撃を仕掛けている」と、ネチャエフ氏は週報ブリーフィングで語った。

「ウクライナが意図的に大規模な産業災害を起こそうとしていることは、もはや明らかだ。そして、アメリカもヨーロッパの同盟国も、それを完全に容認していることが分かる」とネチャエフ氏は結論づけた。

現在ロシア軍の支配下にあるザポロージエ原子力発電所は、ウクライナ南東部のエネルゴダールにあり、ここ数週間、何度も攻撃の標的になっている。

7月12日、ウクライナの無人機が発電所に隣接する建物に120ミリ砲弾を数発投下し、従業員11人が負傷したことがエネルゴダール当局により確認された。7月20日には、ウクライナの「神風ドローン」3機が同発電所を攻撃したが、構造物への被害は報告されていない。

4月にロシアの放射性・化学・生物防護部隊のトップであるイーゴリ・キリロフ中将は、ザポロジェ原発を含むウクライナの原子力施設に対して「偽旗作戦」が行われる可能性があると発言している。

ウクライナ当局は、ロシアが同原発を攻撃したと非難している。3月初旬、ロシア軍がザポロジエに進攻してきたとき、ウクライナのウラジミール・ゼレンスキー大統領は、"チェルノブイリ事故を再現するため "にロシアが故意に原発を砲撃したと述べた。

7月21日、ウクライナの国営原子力事業者エネルゴアトムのペトロ・コティン社長は、ウクライナのメディアに、ロシア軍がザポロジエ1号機の機械ホール内に重火器を配備し、近くに軍需品や燃料が保管されていると語った。コチン氏によると、ロシアの攻撃開始以来、原発の1号機は稼働していないが、これらの武器や弾薬は「火災の危険性」を表しているという。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。
posted by ZUKUNASHI at 11:05| Comment(0) | 福島原発事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。