Kiev threatens to attack Russian territory: ずくなしの冷や水

2022年07月28日

Kiev threatens to attack Russian territory


Kiev threatens to attack Russian territory
The Ukrainian government has enough “will” to order a strike against Russian territory, a senior official has warned

Kiev will not hesitate to attack Russian soil if it deems it necessary, Aleksey Danilov, the head of Ukraine’s National Security and Defense Council, threatened during a live broadcast on Wednesday.

The security council closely follows all the missile and air strikes Russia launches against Ukraine, Danilov said, adding that Ukrainian authorities are well aware of all the locations in Russia from which the attacks have been carried out. Kiev possesses “enough political will” to order a strike against these targets if such a need arises, he added.

“If needed … anyone [in the government] will act without hesitation and sign anything that needs to be signed to destroy these objects,” Danilov said. The security council head also stated that Ukrainian President Vladimir Zelensky’s words about Ukraine retaliating against the locations from which the strikes are launched serves as “proof” of Kiev’s determination.

Earlier, some Ukrainian officials said that Kiev forces may hit targets on the Crimean Peninsula or the Crimean Bridge, which they consider to be a key supply route for Russian forces. Ukraine’s military intelligence spokesman, Vadim Skibitskiy, claimed that Crimea could be targeted by US-supplied М142 HIMARS and M270 MLRS multiple launch rocket systems.

Moscow responded by saying that Ukraine would pay a heavy price if it decided to strike Crimea. Russia’s former president, Dmitry Medvedev, said in mid-July that Moscow might respond with a “massive strike” targeting the Ukrainian leadership if that happened.

The US and its allies previously appeared to be reluctant to supply Ukraine with longer-range weapons capable of striking targets deep inside Russia as they were concerned about a potential escalation of the conflict. Washington has not yet agreed to send tactical ballistic missiles with a distance of up to 300 kilometers to Ukraine. Such missiles can be used by the US-made HIMARS multiple rocket launchers the US handed over to Kiev.

However, according to the spokesman for the army of the Donetsk People’s Republic (DPR), Eduard Basurin, Ukrainian forces may have already received 300km-range HIMARS missiles. DPR troops have found pieces of munitions with a range of 110 kilometers to 120 kilometers, which meant that Kiev could have the 300km-missiles as well, Basurin told the Russian media last week.

Russian Foreign Minister Sergey Lavrov said on Wednesday that the West’s persistence in pumping Ukraine with long-range weapons, including the HIMARS, was already making Moscow reconsider the goals of its military operation in the neighboring country. They now go beyond Donbass and include several other Ukrainian regions, he added.

Russia sent troops into Ukraine on February 24, citing Kiev’s failure to implement the Minsk agreements, designed to give the regions of Donetsk and Lugansk special status within the Ukrainian state. The protocols, brokered by Germany and France, were first signed in 2014. Former Ukrainian president Pyotr Poroshenko has since admitted that Kiev’s main goal was to use the ceasefire to buy time and “create powerful armed forces.”

In February 2022, the Kremlin recognized the Donbass republics as independent states and demanded that Ukraine officially declare itself a neutral country that will never join any Western military bloc. Kiev insists the Russian offensive was completely unprovoked.

ウクライナ政府はロシア領土への攻撃を命令できるだけの「意志」を持っていると、高官が警告した。

ウクライナの国家安全保障・防衛評議会のトップであるアレクセイ・ダニロフ氏は、水曜日に生放送で、キエフは必要と判断すればロシア領への攻撃をためらわないだろうと脅した。

ダニロフ氏は、ロシアがウクライナに対して行っているミサイル攻撃や空爆を、安全保障会議が注視していると述べ、ウクライナ当局は、攻撃が行われたロシア国内のすべての場所をよく知っていると付け加えた。キエフは、必要な場合にこれらのターゲットへの攻撃を命令する「十分な政治的意思」を持っている、と彼は付け加えた。

「必要であれば......(政府の)誰もが躊躇なく行動し、これらのオブジェクトを破壊するために必要なものに署名するだろう」と、ダニロフ氏は述べた。また、ウラジーミル・ゼレンスキー大統領は、ウクライナの攻撃地点に対する報復について、キエフの決意を示す「証拠」であると述べている。

これに先立ち、一部のウクライナ政府関係者は、キエフ軍がクリミア半島や、ロシア軍への重要な補給路と見なすクリミア橋の標的を攻撃する可能性があると述べている。ウクライナ軍情報部のヴァディム・スキビツキー報道官は、米国が供給するМ142 HIMARSとM270 MLRS多連装ロケットシステムによってクリミアが標的にされる可能性があると主張した。

これに対してモスクワは、ウクライナがクリミアを攻撃することになれば、大きな代償を払うことになるだろうと述べた。ロシアのドミトリー・メドベージェフ前大統領は7月中旬、もしそうなればモスクワはウクライナ指導部を標的に「大規模な攻撃」で対応するかもしれないと述べた。

米国とその同盟国は以前、紛争がエスカレートする可能性を懸念し、ロシア奥地の標的を攻撃できるより長距離の兵器をウクライナに供給することに消極的なようであった。米国は、300キロまでの戦術弾道ミサイルをウクライナに送ることにまだ同意していない。このようなミサイルは、米国がキエフに引き渡した米国製多連装ロケットランチャー「HIMARS」で使用することができる。

しかし、ドネツク人民共和国(DPR)軍のエドゥアルド・バズリン報道官によると、ウクライナ軍はすでに300km射程のHIMARSミサイルを受け取っていた可能性があるという。バスリン氏は先週、ロシアのメディアに対し、「DPR軍は射程110kmから120kmの弾薬の破片を発見しており、キエフが300kmのミサイルも持っている可能性がある」と述べた。

ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相は水曜日に、西側がHIMARSを含む長距離兵器をウクライナに送り込むことに固執していることは、すでにモスクワに隣国での軍事作戦の目標を再考させるものだと述べた。また、ドンバスだけでなく、ウクライナの他の地域も含まれるようになったという。

ロシアは2月24日、キエフがドネツクとルガンスクの両地域にウクライナ国家内での特別な地位を与えるためのミンスク合意を履行していないとして、ウクライナに軍を派遣した。ドイツとフランスが仲介したこの議定書は、2014年に初めて署名された。ウクライナのピョートル・ポロシェンコ前大統領はその後、キエフの主な目的は、停戦を利用して時間を稼ぎ、"強力な武装勢力を生み出すこと "だったと認めている。

2022年2月、クレムリンはドンバス共和国を独立国家として認め、ウクライナが西側軍事ブロックに決して参加しない中立国であることを公式に宣言するよう要求した。キエフは、ロシアの攻撃は完全に無抵抗であると主張している。

Deeplによる翻訳

残り少ないロケット砲などを用いるに当たり、ウクライナ側もその最も有効な利用法を模索しますが、そのあとが続かないです。
posted by ZUKUNASHI at 21:55| Comment(0) | ウクライナ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。