ストルテンベルグは、ウクライナを燃え上がらせるマッチに火をつける手助けをした: ずくなしの冷や水

2022年07月27日

ストルテンベルグは、ウクライナを燃え上がらせるマッチに火をつける手助けをした

NATO’s arsonist-in-chief Jens Stoltenberg wants the Western public to pay for a Ukrainian fire he helped to ignite
Scott Ritter
EU members should ‘stop complaining’ and ‘pay the price’ for the Russia-Ukraine conflict, says leader of the bloc which started it all
The General Secretary of NATO, Jens Stoltenberg, took it upon himself recently to lecture the members of the European Parliament about the need to “pay the price” necessary to keep Ukraine able to function and fight in its ongoing conflict with Russia. What he failed to admit was the major role he himself played in bringing about this conflict.

The Norwegian has an important role. In many ways, one can liken it to that of a fire commissioner whose job is to bring together various neighborhood fire departments into a large mutual aid pact, where a fire in one district automatically causes the resources of the neighboring districts to be dispatched in response. That’s Article 5 of NATO’s Charter in a nutshell.

Like any membership-based bureaucracy, joining a fire district, like joining NATO, involves a process which requires specific undertakings by all parties involved. The mutual aid pact, like Article 5, can’t be triggered unless the involved party is a member.

Now imagine a scenario where a fire commissioner was pushing for the membership of a questionable fire district, and in the middle of the processes involved in making this district a member, a giant fire breaks out. The fire commissioner encourages his constituent districts to turn over equipment and resources (but not manpower) to the non-member district to fight the fire. The fire is big. The fire commissioner asks for more resources.

And now imagine that it turns out that the fire commissioner is an arsonist who helped set the fire in the first place.

That’s pretty much the scenario which faces NATO today, where the US-led bloc is struggling to deal with the consequences of 14 years of fundamentally flawed policy which saw it promise Ukraine eventual membership, despite knowing that Russia was adamantly opposed to such a move. NATO then watched as its constituent members helped conduct a coup in Ukraine in February 2014, replacing a duly elected president with a cohort of politicians hand-picked by Washington.

The coup in question was made possible only with the involvement of radical Ukrainian right-wing nationalists whose lineage can be traced back to Nazi Germany and, post-World War Two, covert CIA backing which lasted from 1945 through the present. The involvement of these neo-Nazi elements can be likened to the fire commissioner dispatching a team of fellow arsonists to ostensibly help prepare the prospective member for joining the fire district, only to have them secretly conspire amongst themselves to instead burn down entire neighborhoods within the territory of the candidate district.

For eight years Jens Stoltenberg oversaw a system which pretended to pursue peace in Ukraine post-coup through the Minsk Accords, only to secretly conspire with Ukraine, France, and Germany to prevent closure on the accords for the purpose of buying time for Ukraine to build a NATO-standard military capable of delivering a massive knockout blow to the breakaway Donbass region, and perhaps even Crimea.

Stoltenberg helped light the match that set Ukraine ablaze. And now it turns out, during a meeting with members of the European Parliament, the secretary general of NATO chastised the parliamentarians to “stop complaining and step up and provide support to Ukraine”.

The arsonist-in-chief was lecturing the insurance underwriters of Europe to suck it up and pay the price of his handiwork.

His hypocrisy was sickening. “The price we pay as the European Union, as NATO,” he declared, “is the price we can measure in currency, in money. The price they [Ukrainians] pay is measured in lives lost every day. We should stop complaining and step up and provide support, full stop.”

Left unsaid was the fact that Stoltenberg and NATO were responsible for the conflagration which has swept over Ukraine. With Kiev gearing up for an offensive against the Donbass, only Russia’s decision to launch its own special military operation prevented the NATO/Ukrainian plan from reaching fruition.

But the arsonist cannot admit that he started the fire. Instead, Stoltenberg not only shifted responsibility for the Ukraine conflict onto Russia, but then had the audacity to state that the fire he started posed a threat to all of NATO. “It is in our interest to help Ukraine,” Stoltenberg declared to the European parliamentarians, “because you have to understand that if Ukraine loses this, that’s a danger for us.”

Ignoring the fact that he was largely responsible for the disaster that struck Ukraine when Russia initiated its military operation, Stoltenberg planted his banner firmly onto a hill of hypocrisy, proclaiming: “If you don’t care about the moral aspect of this, supporting the people of Ukraine, you should care about your own security interests. Pay for the support, pay for the humanitarian aid, pay the consequences of the economic sanctions, because the alternative is to pay a much higher price later on.”

What Stoltenberg was really saying was: “pay for my mistakes, your mistakes, our mistakes.”

But admitting a mistake is not part of the moral fiber of an arsonist.
EU加盟国はロシア・ウクライナ紛争に「文句を言わず」、「代償を払う」べきだと、すべてを始めたブロックのリーダーが指摘する。
NATOのイェンス・ストルテンベルグ事務総長は最近、欧州議会の議員に対し、ロシアとの紛争が続くウクライナの機能と戦闘能力を維持するために必要な「代償を払う」必要性について講義した。彼が認めなかったのは、この紛争を引き起こす上で彼自身が果たした大きな役割である。

ノルウェー人は重要な役割を担っている。ある地区で火災が発生すると、自動的に近隣の地区の消防団が出動するような大きな相互援助協定を結ぶ消防団長のようなものである。これがNATO憲章の第5条である。

会員制の官僚機構がそうであるように、消防団への加盟も、NATOへの加盟と同様に、関係者全員が特定の約束をしなければならないプロセスを経る。相互援助協定は、第5条と同様、関係者が加盟していない限り発動されない。

例えば、ある消防団が、ある消防区の加盟を働きかけていたところ、その消防区が加盟するためのプロセスの途中で、大火災が発生したとする。消防委員は、非加盟地区に設備や資源(人手ではない)を提供して消火活動を行うよう、加盟地区に働きかけている。火は大きい。消防総監は、さらに資源を要求する。

その消防署長が放火犯で、最初に火をつけるのを手伝ったとしたらどうだろう。

ロシアが断固として反対していることを知りながら、米国主導のNATOはウクライナに最終的な加盟を約束するという、14年間にわたる根本的な欠陥政策の結果への対処に苦慮しているのである。NATOは、その構成メンバーが2014年2月にウクライナでクーデターを行い、正規に選出された大統領をワシントンによって選ばれた政治家の集団と交代させるのを見守った。

問題のクーデターは、ナチスドイツの系譜に連なるウクライナの過激な右翼民族主義者の関与があって初めて可能になったもので、第二次世界大戦後は1945年から現在まで続くCIAの秘密裏の支援を受けていた。このネオナチの関与は、消防署長が放火魔の仲間を派遣して、表向きは消防団員候補の入団準備を手伝わせ、その代わりに候補地の近隣一帯を焼き払わせるようなものであったと言える。

イェンス・ストルテンベルグは8年間、クーデター後のウクライナでミンスク協定を通じて平和を追求するふりをしながら、ウクライナ、フランス、ドイツとひそかに共謀して協定の締結を阻止するシステムを監督していた。

ストルテンベルグは、ウクライナを燃え上がらせるマッチに火をつける手助けをしたのだ。そして今、欧州議会の議員との会合で、NATOの事務総長は議員たちに「文句を言うのはやめて、ウクライナに支援を提供するように」とたしなめたことが判明した。

放火犯の最高責任者は、ヨーロッパの保険引受人に、自分の手柄の代償を払うよう吸い上げてくれと説いていたのだ。

彼の偽善はうんざりするほどだった。「EUとして、NATOとして、我々が払う代償は、通貨や貨幣で測れる代償だ」と彼は宣言した。彼ら(ウクライナ人)が支払う代償は、毎日失われる命で測られる。我々は文句を言うのをやめ、支援に乗り出すべきだ。

言わずにおいたのは、ストルテンベルグとNATOがウクライナに押し寄せた炎に責任があるという事実である。キエフがドンバスへの攻勢に備えている中、ロシアが独自の特別軍事作戦を開始するという決断だけが、NATOとウクライナの計画が結実するのを妨げたのである。

しかし、放火犯は自分が火をつけたことを認めることはできない。ストルテンベルグは、ウクライナ紛争の責任をロシアに転嫁しただけでなく、自分が起こした火事がNATO全体の脅威になっていると述べる大胆さを持っている。「ウクライナを助けることは我々の利益になる」とストルテンベルグは欧州議会議員に宣言した。「ウクライナが負ければ、我々にとって危険であることを理解しなければならないからだ」。

ロシアが軍事作戦を開始したとき、ウクライナを襲った惨事の責任はほとんど自分にあるという事実を無視して、ストルテンベルグは偽善の丘に自分の旗をしっかりと立て、こう宣言している。ウクライナの人々を支援するという道徳的な側面に関心がないのであれば、自国の安全保障上の利益に関心を持つべきだ」。支援に金を払い、人道支援に金を払い、経済制裁の結果に金を払え、その代わり後でもっと高い代償を払うことになるからだ"。

ストルテンベルグが本当に言いたかったのは 「私の過ち、あなたの過ち、私たちの過ちの代償を払え」です

しかし、間違いを認めることは放火犯の道徳心には反する。


posted by ZUKUNASHI at 22:47| Comment(0) | ウクライナ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。