独のシュローダー元首相がモスクワ訪問: ずくなしの冷や水

2022年08月03日

独のシュローダー元首相がモスクワ訪問



シュローダーは、モスクワ訪問は休暇で来ているとジャーナリストにこたえていますが、ペスコフはプーチンと会う可能性を否定していません。

ドイツ政府ともモスクワ訪問については打合せ済みでしょうが、エネルギー問題の協議に来たとは言えない。エネルギーの輸出を止めようとしているのは欧州なのですから。

屈服した、裏切りだとの声が出ること警戒しています。

ただ、プーチンと親交があるとされるシュローダーが出てきても、欧州の姿勢が変わらなければ変化はないでしょう。

ノードストリームのガス供給の絞り込みは、クレムリンが意図してやっていることは確実です。

アゼルバイジャンのフライトでモスクワ入りしたようです。

posted by ZUKUNASHI at 21:13| Comment(0) | ウクライナ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。