Russia bid for Bayraktar drones – Turkey: ずくなしの冷や水

2022年07月27日

Russia bid for Bayraktar drones – Turkey

Russia bid for Bayraktar drones – Turkey
Erdogan reveals Putin made an offer for Turkish drones currently supplied to Ukraine

Turkish President Recep Tayyip Erdogan has revealed that both Russia and the United Arab Emirates are interested in cooperating with Baykar, the company making the Bayraktar and Akinci strike drones. Multiple media outlets in Turkey reported this on Tuesday, citing Erdogan’s remarks at a meeting of top AK party officials the evening prior. The revelation has caused a stir, since Baykar has exported about 50 drones to Ukraine just this year.

The UAE offered to build a Baykar factory, while Russian President Vladimir Putin said “let’s work together,” Erdogan told the party officials on Monday, according to CNN Turk. The reporting was echoed by other outlets, such as TGRT and Haber 7.

No more details were on offer, except that Putin’s alleged proposal came during last week’s meeting in Tehran, where he and Erdogan met with Iranian President Ebrahim Raisi to discuss the peace process in Syria and other matters.

Erdogan brought up the offers in the context of praising the accomplishments of Turkey’s military industry ahead of the party anniversary celebrations coming up in August.

Baykar makes the Bayraktar TB2 and Akinci strike drones, which were credited with helping Azerbaijan defeat Armenia in the 2020 Nagorno-Karabakh war. Ukraine ordered a dozen of them prior to the outbreak of fighting with Russia, and has received a total of 50 since February, according to the Defense Ministry in Kiev.

The TB2 drones have also been used in Libya and Syria, but have allegedly fared less well against Russian air defenses in Ukraine. Kiev now reportedly reserves them only for “special missions.”

Just last week, Baykar CEO Haluk Bayraktar told CNN that his company would “never” sell drones to Russia.

“There is a strategic relationship between Turkey and Ukraine, especially in the field of aviation and space,” he said. “Turkey supports Ukraine with armed drone technology. We did not transmit or supply anything to Russia.”

Russia has used domestically-produced scouting and strike drones in Ukraine. Earlier this month, the US accused Moscow of wanting to buy hundreds of strike drones from Iran. Tehran denied the claim.
エルドアン大統領が、現在ウクライナに供給しているトルコ製無人機に、プーチンからオファーがあったことを明らかにした。

トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領は、ロシアとアラブ首長国連邦の双方が、攻撃型無人機「ベイラクター」や「アキンチ」を製造するベイカル社との協力に関心を持っていることを明らかにしました。トルコの複数のメディアが1日、前日夜に開かれたAK党幹部の会合でのエルドアンの発言を引用してこれを報じた。ベイカル社は今年に入ってからウクライナに約50機の無人機を輸出しているだけに、この発覚は波紋を広げている。

CNNトルコによると、UAEはベイカルの工場建設を提案し、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は「一緒にやろう」と言ったと、エルドアンは月曜日に党幹部に語ったという。この報道は、TGRTやHaber 7といった他の報道機関も同じように伝えた。

プーチンの提案とされるものは、先週テヘランで行われた、エルドアンと共にイランのエブラヒム・ライシ大統領とシリアの和平プロセスなどについて話し合った際のものだということ以外は、これ以上の詳細は明らかにされていない。

エルドアンは、8月に控えた党創立記念式典を前に、トルコの軍需産業の功績を称える文脈で、この申し出を持ち出したのである。

ベイカル社は、2020年のナゴルノ・カラバフ戦争でアゼルバイジャンがアルメニアを倒すのに貢献したとされる「ベイラクタルTB2」と「アキンキ」という攻撃型無人機を製造している。キエフの国防省によると、ウクライナはロシアとの戦闘が始まる前に12機を発注し、2月から合計50機を受領している。

TB2ドローンはリビアやシリアでも使用されているが、ウクライナではロシアの防空網に対してあまり効果がなかったと言われている。キエフは現在、TB2を "特別な任務 "のためにのみ確保しているという。

先週、BaykarのCEOであるHaluk BayraktarはCNNの取材に対し、同社がロシアに無人機を売ることは「決して」ないと語ったばかりだ。

「トルコとウクライナの間には、特に航空と宇宙の分野で戦略的な関係がある」と彼は言った。「トルコは武装ドローン技術でウクライナを支援している。我々はロシアに何も発信、供給していない。"

ロシアはウクライナで国産の偵察・攻撃用ドローンを使用している。今月初め、米国はモスクワがイランから数百機の攻撃用ドローンを購入することを望んでいると非難した。テヘランはこの主張を否定した。
www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。
posted by ZUKUNASHI at 16:52| Comment(0) | ウクライナ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。