US says coming weeks ‘crucial’ for Ukraine: ずくなしの冷や水

2022年07月27日

US says coming weeks ‘crucial’ for Ukraine

US says coming weeks ‘crucial’ for Ukraine
Kiev needs longer-range weaponry before it is too late, the head of the House Armed Services Committee, Adam Smith, believes

Ukraine might only have a few weeks left if it hopes to take back territories controlled by Russia, Chairman of the House Armed Services Committee Adam Smith told Politico’s National Security Daily on Monday. The Ukrainian forces would need longer-range weapons like tactical missiles and strike drones to change the tides of battle, he said, in the wake of his visit to Kiev.

The approaching winter would turn the ongoing conflict between Moscow and Kiev into a war of attrition that would only benefit Russia, the news outlet said, adding that Kiev has asked the American congressional delegation to convince Washington to urgently send aid.

“Help them now as much as possible. The next three to six weeks are crucial,” Smith (D-WA) told the outlet. According to the congressman, the Ukrainian government is willing to reach a peace agreement with Moscow but still wants its territories back, particularly those in the south.

Russian troops have seized control over Ukraine’s southern Kherson region and most of the neighboring Zaporozhye Region soon after the start of the military operation in February. Local officials in the two regions have considered holding referendums on joining Russia since then.

Kiev has repeatedly stated that its goal is to take back all of its territories. Earlier in July, Ukrainian Foreign Minister Dmitry Kuleba said that his nation’s goal in the conflict was to “restore our territorial integrity, and full sovereignty in the east and south of Ukraine.”

But this is not the first time Kiev has indicated that it wants to see the end of the conflict before cold temperatures set in. In late June, President Vladimir Zelensky told the G7 summit that he wanted to see the conflict end by the onset of winter, according to Reuters.

Smith believes the Ukrainian forces would need heavier weapons to achieve this goal. “The HIMARS systems with their range … [of] 30 to 50 kilometers is really helpful. We’ve seen the impact already just in the last month. But if they had a longer range, it’d be tougher for the Russians to hide their stuff,” Smith told RFE/RL on Saturday while still in Kiev.

Washington supplied Kiev with 12 HIMARS multiple-launch rocket systems so far. Last week, the Pentagon announced Ukraine was about to get another four of these systems, which would bring their total number on the battlefield to 16.

Smith, however, apparently believes this is not enough, as he told RFE/RL his aim was to send as many as 30 such systems to Ukraine as soon as possible. Kiev previously requested at least 50 HIMARS multiple rocket launchers. Other weapons on the congressman’s possible supply list are “drones and the electronic warfare” systems.

The House Armed Services Committee head admitted, however, that providing Ukraine with American fighter jets was not feasible at the moment. Washington has provided Ukraine with $8.2 billion in aid since the start of the Russian military operation but has so far refrained from supplying Kiev with some of its longer-range weapons like the Army Tactical Missile Systems (ATACMS) with a range of some 300 kilometers of MQ-1C Gray Eagle drones.

The administration of US President Joe Biden is concerned about a potential escalation of the conflict if Ukrainian forces get their hands on weapons capable of hitting Russian territory. Smith, however, believes Washington might yet change its mind.

“The administration is not prepared to do that at this point, but there are good arguments being made. That could change at some point,” he told Politico. Another congressman, Mike Waltz (R-FL), went even further after he suggested sending American military advisors to help Kiev with planning and logistics.

キエフには手遅れになる前に長距離兵器が必要だと、下院軍事委員会のアダム・スミス委員長は考えている。

ウクライナは、ロシアが支配する領土を奪還することを望むなら、数週間しか残されていないかもしれないと、下院軍事委員会のアダム・スミス委員長は月曜日、ポリティコの国家安全保障デイリーに語った。ウクライナ軍が戦況を変えるには、戦術ミサイルや攻撃用ドローンなどの長距離兵器が必要になるだろうと、キエフ訪問をきっかけに語った。

冬が近づけば、モスクワとキエフの間で進行中の紛争は、ロシアを利するだけの消耗戦に変わるだろうと、このニュースアウトレットは言い、キエフはアメリカの議会代表団に、緊急に援助を送るようにワシントンを説得するよう要請したと付け加えた。

"今、可能な限り彼らを助けてください。今後3〜6週間が重要だ」とスミス議員(ワシントン州選出)は同報道に語った。同議員によると、ウクライナ政府はモスクワと和平協定を結ぶ意思があるが、それでも領土、特に南部の領土を取り戻したいと考えているという。

ロシア軍は2月の軍事作戦開始後すぐに、ウクライナ南部のケルソン州と隣接するザポロジエ州の大部分を掌握している。両地域の地元関係者は、それ以来、ロシアへの加盟を問う住民投票の実施を検討してきた。

キエフは、自国の全領土を取り戻すことが目標であると繰り返し述べている。7月初め、ウクライナのドミトリー・クレバ外相は、この紛争における自国の目標は「ウクライナの領土保全と、東部と南部の完全な主権を取り戻すこと」であると述べた。

しかし、キエフが寒冷化する前に紛争を終結させたいと示唆したのは今回が初めてではない。ロイター通信によると、ウラジーミル・ゼレンスキー大統領は6月下旬、G7サミットで、冬の到来までに紛争を終結させたいと述べたという。

スミス氏は、この目標を達成するためには、ウクライナ軍がより重い兵器を必要とすると考えている。「射程距離30〜50キロのHIMARSシステムは本当に便利です。先月、すでにその効果を確認しました。しかし、もし射程がもっと長ければ、ロシアが自分のものを隠すのは難しくなる」と、スミス氏は土曜日にキエフに滞在中、RFE/RLに語った。

米国はこれまで、キエフに12基のHIMARS多連装ロケットシステムを供給してきた。先週、米国防総省はウクライナがこのシステムをさらに4基入手し、戦場での総数を16基にしようとしていると発表した。

しかしスミス氏は、これでは不十分だと考えているようで、できるだけ早く30基のシステムをウクライナに送ることを目標としているとRFE/RLに語った。キエフは以前、少なくとも50基のHIMARS多連装ロケットランチャーを要求していた。同議員の供給可能リストにある他の兵器は、「ドローンと電子戦」システムである。

しかし、下院軍事委員会の責任者は、ウクライナにアメリカの戦闘機を提供することは、現時点では実現不可能であることを認めた。ワシントンはロシアの軍事作戦が始まって以来、ウクライナに82億ドルの援助を行っているが、射程距離約300キロの陸軍戦術ミサイルシステム(ATACMS)やMQ-1Cグレーイーグル無人機など、より長距離の兵器をキエフに供給することは今のところ控えている。

ジョー・バイデン米政権は、ウクライナ軍がロシア領土を攻撃できる武器を手に入れた場合、紛争がエスカレートする可能性があると懸念している。しかし、スミス氏は、米国はまだ考えを改めるかもしれないと考えている。

「今のところ、政権はその準備ができていないが、正当な主張がなされている。いずれは変わるかもしれない」と彼はポリティコに語った。別の下院議員マイク・ワルツ(フロリダ州選出)は、キエフの計画や兵站を支援するためにアメリカの軍事顧問を派遣することを提案し、さらに踏み込んだ発言をした。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。
posted by ZUKUNASHI at 16:33| Comment(0) | ウクライナ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。