ロシアの忍耐力が尽きた: ずくなしの冷や水

2022年07月27日

ロシアの忍耐力が尽きた



アラブ同盟本部における演説でしょうか。経済制裁については、ラブロフは欧州を信用しないと述べ、他の国と経済の発展を図ると述べています。ウクライナ人がこのままウクライナの政権によって殺されていくのを見ているわけにはいかないとの危機感です。

米国製の高性能ロケット砲は真っ先に破壊しています。迎撃の手段も見出しています。
欧州については、経済混乱・政治混乱で自滅を待つ戦法。ガスの供給減は、テクニカルな理由を挙げていますが、意図的にやっている部分もありそうです。
一方でアフリカとの関係強化を図る。アフリカは食料供給の確保が深刻な問題ですから、ロシアに期待するところは大きい。米国や英独仏から写真を撮るなと言われても、アフリカ諸国はそれには耳を貸さない。
ロシアは、軍事作戦でウクライナ政権をじりじりと追い詰めていくでしょう。
まず最初に混乱が強まるのは欧州でしょう。夏の終わりころまで持つかどうかと見ています。

posted by ZUKUNASHI at 10:24| Comment(0) | ウクライナ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。