英国の諜報機関らがロシア軍新鋭戦闘機の持ち出しをパイロットに持ち掛けるが失敗: ずくなしの冷や水

2022年07月27日

英国の諜報機関らがロシア軍新鋭戦闘機の持ち出しをパイロットに持ち掛けるが失敗


Ukrainian plot to hijack Russian warplanes exposed by Moscow
According to information shared with RT, Kiev’s spies offered Russian pilots money and EU citizenship as a reward
Russian intelligence has claimed that it foiled a sophisticated plot from Ukrainian spies to hijack several military jets. A security official official and a pilot, who is said to have been targeted by Kiev's agents, have shared details of the operation with RT.

Russia's Federal Security Service (the FSB) has sensationally added that a leading figure from the US-government funded investigative organization Bellingcat – which presents itself as a journalistic grouping – was also involved in the scheme, which it believes was "supervised by NATO intelligence agencies." The FSB specifically pointed the finger at British operatives.

It explained that Russian pilots were promised passports from EU members states, and substantial cash rewards in order to participate in the plot.

Early in the ongoing conflict, the Ukrainians compiled a list of Russian military hardware, using publicly available information. They promised monetary rewards for potential defectors who managed to bring the equipment with them. The more elaborate the weapons were, the better the rewards that were promised, with warplanes, helicopters and tanks fetching the top payment of up to $1 million.

When the public call for defectors fell flat, Ukraine’s security service targeted individual Russian servicemen – pilots in particular – directly. They apparently traced and identified the airmen through the digital trail they left online, an operative with the Russian Security Service (the FSB) told RT TV reporter Maria Finoshina. Kiev appeared to be specifically interested in Russian Su-34 fighter-bombers and Tu-22M3 strategic aircraft, according to the source.

A Su-34 pilot targeted in the plot told RT that he was initially reluctant to speak with the Ukrainian spies, believing the promise of $1 million for stealing warplanes and defecting to Kiev to be a prank. After realizing his interlocutors were serious about the proposal, he tipped off Russian intelligence, which then monitored subsequent conversations.

“Initially, of course, I took it as a joke, but after a period of talking it became clear that I was dealing with representatives of the Ukrainian intelligence service and their Western partners,” the pilot said. “Also, I was supposed to get passports of European states and a comfortable life abroad was promised.”

Kiev's intelligence operatives apparently believed the Russian pilots who they contacted were ready to commit treason and hijack their own warplanes, putting them in touch with a Ukrainian pilot to discuss technical details.

“They believed so much in the possibility of organizing the hijacking that they revealed the layout of their defense systems, altitude maps, and lots of other useful information to us,” the Russian airman said, adding that the information obtained from the Ukrainians was used during the military operation.

To prove that the pilots were actually able to pull off the hijacking and had access to the specific warplanes, Ukrainian intelligence demanded video proof from them. The pilots were paid between $4,000 and $7,000 per video, which showed them getting into the planes while holding pieces of paper with specific numbers.

Since most financial transactions between Russia and foreign countries has been heavily restricted under Western sanctions, the pilots were to be paid in cash through an elaborate network of couriers. The FSB says it has detained the man who had allegedly hired the couriers to deliver the money, and the suspect made a rather unexpected revelation.

The middleman claimed he had received orders directly from Christo Grozev, the Bulgarian ‘lead Russia investigator’ with Bellingcat, a controversial Western state-funded organization that was labeled “undesirable” in Russia earlier in July. Moscow has repeatedly questioned the independence of the investigative group, citing its close ties with intelligence agencies.

“Grozev… did not actually explain anything to me, he just told me the name of the courier who would deliver the money by train,” the suspect claimed.

The alleged involvement of Grozev is not the only suggestion of Western influence in hijacking the planes. During the negotiations with the pilots, Ukrainian intelligence was able to procure two legitimate EU passports – one Slovakian and one Romanian – for wives of the pilots, as a guarantee for the would-be ‘defectors’.

Leaving Russia with such documents would have immediately turned the pilots’ families into “hostages” of Ukrainian intelligence, the FSB operative told RT, as “methods of blackmail, threats and pressure on relatives” have long been standard practice for them.

“Obviously, the operation itself was carried out with the support of Western and, primarily, British intelligence services. We know about Grozev’s involvement and MI6 not only from these statements,” he added, claiming that Ukrainian intelligence had recently “ceased hiding” its ties with foreign spies.

The plot also described an even a darker element, as the would-be-defectors were supposed to somehow deal with their fellow crew members, it was revealed. While the Su-34 has two crew members, the Tu-22M3 has four.

Ukrainian intelligence reportedly suggested that Russian pilots should drug their comrades with Clophelin (Clonidine), a medication used to treat high blood pressure and other ailments. In high doses, however, it has a strong sedative effect, which makes the drug ‘popular’ among criminals wishing to knock out their victims to rob them. Very high doses can also be lethal.

Since the medication is not easy to come by in Russia, Ukrainian intelligence is said to have arranged a dead drop involving the substance. The FSB says it later recovered a stash of the product.

“As the pilot, I was asked to knock out my co-pilot, and what would happen to him after that is not clear – even whether he would be kept alive,” the Russian serviceman said.

According to the FSB’s information, the Ukrainian side insisted the betrayed crew members would be safe and exchanged as POWs later on. The Russian pilot, however, expressed strong doubts about that.
ロシア情報局は、複数の軍用ジェット機をハイジャックしようとするウクライナのスパイの巧妙な計画を阻止したと主張している。キエフの工作員に狙われていたとされる治安当局の幹部とパイロットが、この作戦の詳細をRTに語っている。

ロシア連邦保安庁(FSB)は、米国政府が資金提供する調査組織ベリングキャット(ジャーナリズム団体を自称)の有力者もこの計画に関与しており、"NATO情報機関によって監督された "と考えていることを、センセーショナルに付け加えた。FSBは、特にイギリスの工作員を指弾した。

この計画に参加するために、ロシアのパイロットはEU加盟国のパスポートと多額の現金報酬を約束されたと説明している。

現在進行中の紛争の初期に、ウクライナ人は公開された情報を使ってロシアの軍用機器のリストを作成した。彼らは、その装備を持ち込むことができた脱北者候補に金銭的な報酬を約束した。兵器が精巧であればあるほど、約束された報酬は良くなり、戦闘機、ヘリコプター、戦車などは最高で100万ドル(約1億円)の報酬が支払われた。

脱北者の公募が不調に終わると、ウクライナの治安部隊はロシア軍人、特にパイロットを直接ターゲットにした。ロシア保安局(FSB)の諜報員がRTテレビのレポーター、マリア・フィノシナに語ったところによれば、彼らはオンラインで残したデジタル痕跡から飛行士を追跡し、特定したようです。情報源によれば、キエフは特にロシアのSu-34戦闘爆撃機とTu-22M3戦略機に興味を持っていたようである。

この計画で標的となったSu-34のパイロットは、最初はウクライナのスパイと話すのを嫌がり、戦闘機を盗んでキエフに亡命すれば100万ドルという約束を悪戯に信じたとRTに語った。相手が本気でその提案をしていると分かった後、彼はロシア情報局に密告し、情報局はその後の会話を監視していた。

「最初はもちろん冗談だと思ったが、しばらく話しているうちに、相手がウクライナの諜報機関やその西側パートナーであることが明らかになった」とパイロットは語った。"また、私はヨーロッパ諸国のパスポートを取得することになっており、海外での快適な生活が約束されていました。"
キエフの諜報員は、彼らが接触したロシアのパイロットが反逆を犯し、自国の戦闘機をハイジャックする準備ができていると考え、ウクライナのパイロットと接触させ、技術的な詳細を議論させたようである。

「彼らはハイジャックの可能性を信じ、防衛システムの配置や高度地図など多くの有益な情報を我々に教えてくれた」とロシア人飛行士は語り、ウクライナ人から得た情報は軍事作戦で使用されたと付け加えた。

パイロットが実際にハイジャックを成功させ、特定の戦闘機にアクセスできたことを証明するために、ウクライナ情報機関はパイロットにビデオによる証拠を要求した。パイロットは、特定の番号が書かれた紙片を持ちながら飛行機に乗り込む様子を映したビデオ1本につき4000ドルから7000ドルの報酬を受け取っていた。

ロシアと外国の間のほとんどの金融取引は、西側の制裁下で厳しく制限されているため、パイロットは、精巧な宅配便のネットワークを通じて現金で支払われることになっていたのである。FSBによると、お金を届けるために運び屋を雇ったとされる男を拘束し、その容疑者はかなり意外な事実を明らかにした。

この仲介者は、7月初めにロシアで「好ましくない」というレッテルを貼られ物議を醸した西側国家資金による組織Bellingcatのブルガリア人「ロシア調査主任」Christo Grozevから直接命令を受けたと主張した。モスクワは、情報機関と密接な関係があるとして、この調査グループの独立性に繰り返し疑問を呈してきた。

グロゼフ容疑者は、「グロゼフは、実際には何も説明せず、ただ列車で金を届ける運び屋の名前を言っただけだ」と主張した。

ハイジャックに欧米の影響があったという指摘は、グロゼフ容疑者の関与だけではありません。パイロットとの交渉の間、ウクライナの諜報機関はパイロットの妻に2つの正規のEUパスポート(スロバキアとルーマニア)を調達することができたが、これは「亡命者」になる人の保証としてであった。

このような書類を持ってロシアを出国すれば、パイロットの家族は直ちにウクライナ情報機関の「人質」となっていただろう。FSBの工作員はRTに、「親族に対する脅迫、脅し、圧力の方法」は彼らにとって長年の定番であるから、と語った。

「この作戦自体が、欧米、特に英国の諜報機関の支援を受けて行われたことは明らかだ。我々はグロゼフの関与とMI6について、これらの発言からだけでなく知っている」と付け加え、ウクライナ情報機関が最近、外国のスパイとの関係を「隠すのをやめた」と主張している。

また、このプロットには、脱北者となる者が仲間の乗組員をどうにかして始末するという、さらに暗い要素も描かれていたことが明らかになった。Su-34の乗員は2人だが、Tu-22M3は4人である。

ウクライナ情報部は、ロシアのパイロットに、高血圧などの治療に使われる薬「クロフェリン(クロニジン)」を仲間に投与するよう提案したとされる。しかし、この薬は高用量では強い鎮静作用があるため、被害者を気絶させて奪おうとする犯罪者の間で「人気」の薬となっている。また、非常に大量に服用すると、致死量になることもある。

この薬はロシアでは簡単に手に入らないため、ウクライナの情報機関がこの薬に関わるデッドドロップを手配したと言われています。FSBによると、その後、この製品の隠し場所を発見したとのことです。

「パイロットである私は副操縦士を失神させるよう依頼されたが、その後どうなるのか、生かすことができるのかどうかさえ不明だ」とロシア軍人は述べた。

FSBの情報によると、ウクライナ側は、裏切った乗組員は安全で、後で捕虜として交換されると主張している。しかし、ロシアのパイロットはそれに強い疑念を示した。
www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。機械翻訳で一部不備なところがありますが、修正していません。大意が取れれば足ります。

Bellingcat confirms involvement in Ukrainian plot to steal Russian jets
The controversial group insists, however, that it was merely making a “documentary film”
Christo Grozev, self-styled ‘lead Russia investigator’ with Bellingcat, confirmed on Monday his involvement in a Ukrainian intelligence plot to incite Russian military pilots to defect and hijack their planes. The senior member of the controversial Western-funded group, however, challenged the story told by the Russian side.

Russia’s Security Service (FSB) has presented “a traditional mix of forged ‘evidence’ and loosely interpreted facts” on the affair, Grozev claimed, rejecting allegations of being directly involved in the plot. According to a middleman detained by Russian intelligence, he had been receiving orders directly from Grozev on how to deliver cash to the pilots in exchange for videos proving they actually have access to warplanes.

“What is true, however, is I was involved in this crazier-than-fiction story of triple-agents, fake passports and faux girlfriends – as a documentary film maker,” he said, in a lengthy Twitter thread about the matter. Grozev did not, however, directly address the claims made against him by the detained suspect.

“Grozev… did not actually explain anything to me, he just told me the name of the courier who would deliver the money by train,” the suspect claimed.

Grozev also insisted the whole affair ultimately became a “serious blunder” for Russian intelligence rather than a success. He claimed that the intelligence has disclosed “unintentionally [the] identities of dozens of counter intel officers, their methods of operation, and their undercover assets.” One of the pilots, for instance, abruptly decided to flee Russia with his alleged “lover” instead of his wife, immediately raising suspicion of the team. Primarily, the alleged “lover” was deemed being “waaay too hot” for the pilot, while her phone contacts suggested she was in touch with FSB counter intelligence officers, according to Grozev.

The whole operation ultimately devolved into the two parties feeding each other misinformation on air defenses, flight paths, altitude corridors and so on. “This bizarre mutual-deceipt (sic) game came to an end when the FSB realized no one will show up at any of the suggested meet-ups (FSB were keen to identify Ukrainian agents), realizing they’ve been burned. And the Ukrainians realized they're likely not getting a real pilot either,” Grozev wrote.

He also claimed that the operation was staged by “maverick ex operatives” and not active Ukrainian intelligence services. “If it were, there’d be no way we would – or want to – get access to it,” he stressed. Bellingcat just “found out about the initiative” taken by the supposedly independent “operatives” it knew from before and “assured ourselves a front seat,” Grozev explained. He also strongly denied the involvement of any Western intelligence agencies in the plot, elegantly dismissing such allegations as “unadulterated bollocks.”

Russia has repeatedly questioned the independence and credibility of Bellingcat. Despite advertising itself as an investigative group specializing in fact-checking and open-source intelligence, with both professional and citizen journalists contributing, it has been receiving state funding from multiple Western states. The group was labeled “undesirable” in Russia earlier in July, with the designation effectively prohibiting any operations in the country for it.

Last year, Russian Foreign Intelligence Service (SVR) chief Sergey Naryshkin squarely accused Bellingcat of working closely with Western intelligence services with the sole goal to “put pressure on either [Russia] or on individuals and entities.”

“They use dishonest methods. And the information that is used in such cases is false, unverified, it has its own goals… They are ready to perform any task, because they do it for money, not objectively,” Naryshkin asserted.
しかし、物議をかもしているグループは、単に "ドキュメンタリー映画 "を作っていただけだと主張している。
ベリングキャットの自称「ロシア調査主任」であるクリスト・グロゼフは月曜日、ロシア軍のパイロットに亡命と飛行機ハイジャックを扇動するウクライナ情報機関の計画への関与を確認した。しかし、西側から資金提供を受けている物議を醸すグループの幹部は、ロシア側が語るストーリーに異議を唱えた。

ロシア保安庁(FSB)はこの事件に関して「偽造された『証拠』と緩く解釈された事実の伝統的な組み合わせ」を提示したとグロゼフ氏は主張し、陰謀に直接関与したとの疑惑を否定している。ロシア情報局に拘束された仲介人によると、彼はグロゼフから直接、パイロットが実際に戦闘機にアクセスできることを証明するビデオと引き換えに現金を届ける方法について命令を受けていた。

「しかし、私はドキュメンタリー映画制作者として、三重スパイ、偽造パスポート、偽のガールフレンドという、フィクションよりもクレイジーな物語に関わったことは事実だ」と、この件に関するTwitterの長文スレッドで述べている。しかし、グロゼフ氏は、拘束された容疑者が自分に対して行っている主張には直接言及しなかった。
ウクライナのロシア機ハイジャック計画、モスクワが暴露 続きを読む モスクワが暴露したウクライナのロシア軍機ハイジャック計画

グロゼフ容疑者は、「グロゼフは...実際には何も説明せず、列車で金を届ける運び屋の名前を言っただけだ」と主張した。

またグロゼフ容疑者は、この事件は結局、ロシア情報機関にとって成功というより「重大な失態」になったと主張している。彼は、諜報機関が "意図せずして "何十人ものカウンターインテル担当者の身元、その活動方法、そして潜入資産を公開してしまったと主張した。例えば、パイロットの一人は、突然、妻ではなく「恋人」とされる人物とロシアから脱出することを決め、たちまちチームへの疑惑を引き起こした。グロゼフ氏によると、この "恋人 "とされる人物は、パイロットにとって "セクシーすぎる "人物であり、彼女の電話連絡からはFSBの対敵情報部員と連絡を取り合っていることが示唆されたという。

この作戦は最終的に、両者が防空、飛行経路、高度回廊などに関する誤った情報を与え合うことに発展した。「この奇妙な相互欺瞞(sic)ゲームは、FSBが提案された会合に誰も現れないことに気づき(FSBはウクライナのエージェントを特定することに熱心だった)、彼らが火傷したことに気づいたときに終わりを告げた。そして、ウクライナ人も本物のパイロットを得られない可能性が高いことに気づいた」とGrozev氏は書いている。

彼はまた、この作戦は「破天荒な元工作員」によって演出されたもので、活発なウクライナの諜報機関ではないと主張した。「もしそうなら、我々がそれにアクセスすることはできないだろうし、したいとも思わない」と彼は強調した。ベリングキャットは、以前から知っていた独立系と思われる「工作員」による「主導権を知った」だけで、「自分たちが前席を確保した」とグロゼフは説明した。彼はまた、この陰謀への西側情報機関の関与を強く否定し、そのような疑惑を "紛れもないでたらめ "として上品に一蹴しました。

ロシアはBellingcatの独立性と信頼性に繰り返し疑問を呈してきた。事実確認とオープンソースの情報を専門とする調査グループであり、プロのジャーナリストと市民ジャーナリストの両方が貢献していると宣伝しているにもかかわらず、複数の西側諸国から国家資金を受け取っているのです。同グループは7月初めにロシアで「望ましくない」というレッテルを貼られ、この指定によって同国での活動は事実上禁止された。

昨年、ロシア対外情報庁(SVR)の長官セルゲイ・ナリシキンは、ベリングキャットが「(ロシア)あるいは個人や団体に圧力をかける」ことを唯一の目的として西側情報機関と緊密に協力していると真っ向から非難した。

「彼らは不誠実な方法を用いています。そして、そのような場合に使用される情報は、虚偽、未検証、それ自身の目標を持っています...彼らは、客観的ではなく、お金のためにそれを行うので、任意のタスクを実行する準備ができています」とNaryshkinは主張した。






posted by ZUKUNASHI at 15:01| Comment(0) | ウクライナ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。