セルビアの内相が外国情報機関からの圧力に抗すると明言: ずくなしの冷や水

2022年07月25日

セルビアの内相が外国情報機関からの圧力に抗すると明言

A major foreign intelligence service has been pressing Serbian Interior Minister Aleksandar Vulin over his attitude towards Russia and China, the official revealed on Saturday. The minister expects a large media campaign against him to kick off next week.

“One of the largest intelligence services in the world, if not the largest, told me that my stance was unacceptable and that if I do not change [it] and do not abandon the policy that I am pursuing ... then I will not be a member of the government and they will do absolutely everything to smear me,” Vulin told media outlet Pink.

A media campaign against him is expected to begin next week, Vulin claimed. Despite the pressure, the minister said he refused to cooperate in any way with the foreign spies. “I haven’t worked and won’t work for anyone except for the Serbian people, the Serbian state, and I won’t be completely loyal to anyone, except for the president of all Serbs, Aleksandar Vucic,” the minister said.

The condition was that I start working for this foreign intelligence service. I will not, even at the cost of my own life.


The minister also urged the country’s president to keep Serbia neutral, as well as to maintain good relations with Russia and China, regardless of external pressure.

Top Serbian officials have repeatedly said the country faced mounting foreign pressure amid the ongoing conflict between Russia and Ukraine. Belgrade, however, has refused to join any anti-Russian sanctions or other hostile acts by the collective West, maintaining that Serbia will continue pursuing its own interests, while keeping its long-standing ties with Moscow.

Vulin has taken a particularly strong position amid the ongoing crisis. Early in July, the minister said the US and the EU have been openly pressing Serbia into becoming “a NATO foot soldier” in order to become “someone who wants to engage in a conflict with Russia.”

“We are very clear: We will not engage in a conflict with Russia, we will not engage in other people’s wars, we will not be someone else’s foot soldiers,” he declared back then.
外国の大手情報機関が、セルビアのアレクサンダル・ヴーリン内相に、ロシアと中国に対する態度をめぐって圧力をかけていることが、土曜日に明らかになった。同大臣は、来週から大規模なメディアキャンペーンが始まると予想している。

世界最大とは言えないまでも、最大級の情報機関が、私の姿勢は容認できない、もし私が(姿勢を)改めず、私が追求している政策を放棄しなければ、私は政府の一員ではなくなる、彼らは私を中傷するために絶対にあらゆることをすると言ってきた」と、ヴリン氏はメディア「Pink」に語っている。

彼に対するメディアキャンペーンは来週にも始まる見込みだとヴーリン氏は主張した。このような圧力にもかかわらず、同大臣は、外国のスパイに一切協力することを拒否しているという。「私は、セルビア人、セルビア国家以外の誰のためにも働いていないし、これからも働かないし、全セルビア人の大統領であるアレクサンダル・ヴチッチ以外の誰にも完全に忠実にはならない」と同大臣は述べている。

その条件とは、私がこの外国の情報機関のために働き始めることであった。私は自分の命を犠牲にしてでも、そうしない。

同大臣はまた、同国の大統領に対し、セルビアの中立性を保つとともに、外圧にかかわらず、ロシアや中国との良好な関係を維持するよう求めた。

セルビアの高官は、ロシアとウクライナの紛争が続く中、同国が外圧の高まりに直面していると繰り返し述べてきた。しかし、ベオグラードは、西側諸国による反ロシア制裁やその他の敵対行為に加わることを拒否し、セルビアはモスクワとの長年の関係を維持しながら、自国の利益を追求し続けるという姿勢を貫いている。

危機が続く中、ヴーリン大臣は特に強い立場をとっている。7月初め、同大臣は、米国とEUがセルビアに公然と圧力をかけ、「ロシアとの紛争に関与したい人物」になるために「NATOの歩兵」になるよう迫ってきたと述べた。

"我々は非常に明確である:我々はロシアとの紛争に関与しない、我々は他人の戦争に関与しない、我々は他人の歩兵にならない "と彼は当時宣言した。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。
posted by ZUKUNASHI at 08:02| Comment(0) | 国際・政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。