The US wants to use China's neighbors against it: ずくなしの冷や水

2022年07月25日

The US wants to use China's neighbors against it

The US wants to use China's neighbors against it – will the plan succeed?
Western powers have never treated the island countries seriously – but now they want a foothold against Beijing
Last week, US Vice President Kamala Harris gave a video address to the Pacific Islands Forum – a multilateral meeting consisting of the archipelago nations of the South Pacific, commonly grouped as ‘Polynesia’ and ‘Melanesia’. In the exchange, Harris vowed to increase US cooperation with the island nations, warned of ‘bad actors’, and pledged to re-open US embassies in Tonga and Samoa, an illustrative example of how the US previously failed to take the region seriously – until Washington figured out it needed a foothold against Beijing, of course. Notably, the island nation of Kiribati did not attend the meeting, a move which was later blamed on Beijing. Later, China itself held their own meeting with the members of the forum.

If it wasn’t apparent already, a serious battle for influence and political dominance has opened up between major powers across the South Pacific. Although depicting China as the aggressor or expansionist, the US and Australia nominally see this region as a strategic ‘backyard’. Having won military dominance over the Pacific in the Second World War, Washington, and by extension, Canberra, understand unbridled dominance over these island nations as a prerequisite to their own global hegemony. It is a publicly stated ambition of US foreign policy to prevent China, now seen as its largest geopolitical opponent, from attaining military parity over the ‘first’ and ‘second’ island chains of the Pacific – if America lost primacy over them, it would lose its ability to project power into Asia at large.

Earlier this year, China stunned the US and Australia with a diplomatic blitz through the Pacific that saw it sign a landmark security pact with the Solomon Islands, as well as wrapping up a number of agreements with other nations. Washington and Canberra have since responded by whipping up alarm through the establishment media, claiming that China was aiming to build a military or naval base on the islands. This soon led to threatening rhetoric being publicly vented towards the Solomon Islands. Since then though, the US and Australia have pushed their own diplomatic offensive towards the island countries, as well as the conspicuous launch of yet another anti-China focused multilateral grouping, titled the ‘Establishment of the Partners in the Blue Pacific’, also joined by the UK and Japan.

All these efforts are not likely to change a lot. First of all, whether the US and Australia like it or not, these island countries do not want to be politically dominated by any specific power. They do not see benefit in being subjected to a long-term ‘backyard’ status, especially to countries that have failed to show serious regard for their national interests or development in years gone by. Secondly, there is nothing the US and its allies can do to change the perception that China represents a highly beneficial development partner for such countries and offers large-scale opportunities. When China finalized the security deal with the Solomon Islands, it also announced that 98% of the island’s exports to China would be made tariff free. With China being the world’s largest market, and the Solomon Islands having a population of over 686,878 (less than even a small-tier Chinese city), such an arrangement is a no-brainer.

This leads to the next point. China is directly appealing to the interests of Pacific Island countries with a view to advancing their economic status, providing infrastructure and export markets. The US, Australia, and co. are not. In fact, their only purpose in seeking to re-engage these countries is solely to counter China and advance their ideological goals, as illustrated by VP Harris brandishing the words ‘bad actors’ – but there is little evidence that the Pacific Island countries see China as one. Beijing pledges to respect their national sovereignty, which is why the security deal with the Solomon Islands was, much to the chagrin of Washington and Canberra, a popular arrangement which the Solomons see as an opportunity to wean themselves off their own longstanding dependency on Australia and the Commonwealth. China is not, contrary to how the media portrays it, ‘forcing itself’ on the Pacific, but is being welcomed, yet quite clearly the other side is attempting to force the island nations to choose, and then wondering why their diplomatic overtures are being ignored.

In conclusion, the island nations of the Pacific are seeking balance, not subordination to hegemony. It is a crude irony of course that the US and its partners insist that nations such as Ukraine have the right to make their own sovereign decisions concerning countries they align and partner with, but small island nations such as the Solomons, which dare to choose China, seemingly do not. In practice, however, such islands recognize their own development can be bolstered by choosing multiple partners, as opposed to simply accepting a humble existence as a backyard to Australia, a country which is unable to provide them with economic opportunities competitive with what China has to offer.

欧米列強はこれまで島国をまともに扱わなかったが、今は北京に対抗する足がかりを得ようとしている
先週、カマラ・ハリス米副大統領は太平洋諸島フォーラムでビデオ演説を行った。太平洋諸島フォーラムは、一般に「ポリネシア」と「メラネシア」と呼ばれる南太平洋の群島国家で構成される多国間会議である。その中でハリス氏は、島国との協力を強化することを誓い、「悪者」に警告し、トンガとサモアのアメリカ大使館を再開することを約束した。もちろん、北京に対する足場が必要だとわかるまでは、アメリカが以前いかにこの地域を真剣に考えていなかったかを示す好例である。注目すべきは、島国であるキリバス共和国がこの会議に出席しなかったことだ。この動きは後に北京のせいとされた。その後、中国自身がフォーラム参加国との会議を開いた。

南太平洋の大国間で、影響力と政治的優位をめぐる深刻な戦いが始まっていることは、まだ明らかではないだろう。中国を侵略者あるいは拡張主義者として描いてはいるが、米国とオーストラリアは名目上、この地域を戦略的な「裏庭」と見なしている。第二次世界大戦で太平洋の軍事的支配を勝ち取ったワシントン、ひいてはキャンベラは、これらの島国に対する野放図な支配が、自らの世界覇権の前提条件であると理解している。今や最大の地政学的敵対者とみなされている中国が、太平洋の「第1」「第2」列島線に対して軍事的な同等性を獲得するのを阻止することは、アメリカの外交政策の公然たる野望である。

今年初め、中国はソロモン諸島と画期的な安全保障条約を締結し、他の国々とも多くの協定を結ぶなど、太平洋を舞台に外交を展開し、米国とオーストラリアを驚かせた。それ以来、米国とキャンベラは、中国がソロモン諸島に軍事・海軍基地を建設しようとしていると、既存のメディアを通じて警戒心を煽るようになった。その結果、ソロモン諸島に対する脅迫的な言動が公然と行われるようになった。しかし、その後、米国とオーストラリアは、島嶼国に対して独自の外交攻勢をかけ、また、英国と日本が参加する「青い太平洋のパートナーズの設立」という反中国的な多国間グループの発足が目立った。

このような努力は、大きな変化をもたらすことはないだろう。まず第一に、米国とオーストラリアが好むと好まざるとにかかわらず、これらの島国は特定の勢力に政治的に支配されることを望んでいない。特に、過去何年にもわたって自国の国益や発展に真剣な関心を示さなかった国に対して、長期にわたって「裏庭」のような状態に置かれることにメリットを感じないのである。第二に、米国とその同盟国は、中国がこれらの国々にとって非常に有益な開発パートナーであり、大きな機会を提供しているという認識を改めることはできない。

中国はソロモン諸島との安全保障協定を締結した際、ソロモン諸島の対中輸出の98%を無関税化すると発表した。中国は世界最大の市場であり、ソロモン諸島の人口は686,878人(中国の小都市よりも少ない)であるから、このような取り決めは当然のことである。

これは次のポイントにつながる。中国は、太平洋島嶼国の経済的地位の向上、インフラや輸出市場の提供を視野に入れ、その利益に直接訴えかけている。米国やオーストラリアなどはそうではない。実際、ハリス副大統領が「悪役」という言葉を振りかざしたように、彼らがこれらの国と再び関わりを持とうとする唯一の目的は、中国に対抗し、自分たちのイデオロギー的目標を推進することにあるのだが、太平洋諸島の国々が中国をそう見ているという証拠はほとんどないのだ。北京は国家主権を尊重すると約束している。だからこそ、ソロモン諸島との安全保障協定は、ワシントンとキャンベラを大いに悩ませたが、ソロモン諸島がオーストラリアと英連邦への長年の依存から脱却する機会として人気のある協定となったのだ。中国は、マスコミの報道とは逆に、太平洋に「押し付ける」のではなく、歓迎されている。しかし、明らかに相手側は、島嶼国に選択を迫り、なぜ自分たちの外交的働きかけが無視されるのか不思議に思っているのだ。

結論として、太平洋の島国はバランスを求めているのであって、覇権主義に従属しているのではない。もちろん、米国とそのパートナーは、ウクライナのような国には同盟国やパートナー国について自分たちの主権で決定する権利があると主張するが、ソロモン諸島のような小さな島国は、あえて中国を選択しようとするが、そうではないように見えるのは、下品な皮肉である。しかし、実際には、中国に勝るとも劣らない経済機会を与えられないオーストラリアのバックヤードという卑しい存在ではなく、複数のパートナーを選択することで、自国の発展が促進されることを認識しているのであろう。
www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。
posted by ZUKUNASHI at 05:56| Comment(0) | 国際・政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。