ロシア外相、エジプト訪問し穀物供給を確約: ずくなしの冷や水

2022年08月18日

ロシア外相、エジプト訪問し穀物供給を確約




何が議題でしょう。随行者はいないようです。


アラブリーグの会合があり、エジプトの外相がラブロフの出席を要請したようです。アフリカ諸国は旧宗主国と問題が生じた場合にロシアが頼りになると知っています。22名ですよ。






Lavrov reacts to Western attempts to ban photos with Russian officials
There’s an “obsession” over those images in the US and EU, the Russian FM says
Western countries have tried to bar Arab officials from photo opportunities with Russian counterparts, Russia’s Foreign Minister Sergey Lavrov said during a visit to Egypt on Sunday.

Lavrov revealed that before heading to Cairo he was shown a document from the Arab League, which has its HQ in the Egyptian capital, speaking about “an initiative … by a group of ambassadors from the US, France, Germany, the UK and a representative of the EU.”

“It demanded our Arab friends, firstly condemn, secondly, reject certain actions by Russia. And this initiative especially stressed that they shouldn’t sign any documents with us and take pictures with us,” the Russian FM pointed out after talks with his Egyptian colleague, Sameh Shoukry.

He also recalled how German Foreign Minister Annalena Baerbock recently described a photo of Turkish Presidet Recep Tayyip Erdogan with his Russian and Iranian counterparts Vladimir Putin and Ebrahim Raisi as a “challenge.” Baerbock added that such an image was “incomprehensible” to her.

“They have an obsession with those photos,” Lavrov said of the West. “This is not an issue from the sphere of diplomacy; it’s a different branch of studying the human nature,” he added.

Later in the day, the Russian FM met with the Secretary General of the Arab League Ahmed Aboul Gheit, telling photographers: “Guys, I’ve heard you shouldn’t take pictures of me.”

The remark prompted laughter in the room, according to Russian Foreign Ministry spokeswoman, Maria Zakharova, who shared the moment on her Telegram channel.

Zakharova advised the photographers to send their pictures straight to the US State Department, which she said is especially concerned that Moscow could use the images for propaganda purposes. “They may use them themselves,” she added.
米国とEUではそのようなイメージに「強迫観念」があると、ロシア外相が述べた。
西側諸国は、アラブ諸国の高官がロシアの高官と写真撮影をすることを禁じようとしたと、ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相が日曜日にエジプトを訪問した際に述べた。

ラブロフは、カイロに向かう前に、エジプトの首都に本部を置くアラブ連盟から、「アメリカ、フランス、ドイツ、イギリス、EUの代表からなる大使のグループによる...あるイニシアチブ」についての文書を見せられたことを明らかにした。

"アラブの友人達に要求したのは" "第一に非難、第二にロシアの行動を拒否することだ そして、このイニシアティブでは特に、我々と一緒に書類に署名したり、写真を撮ったりすべきではないと強調した」と、ロシア外相はエジプトのサメ・シュクリ氏との会談の後で指摘した。

彼はまた、ドイツのアナレーナ・バーボック外相が最近、トルコのレジェップ・タイップ・エルドアン大統領とロシア、イランのウラジーミル・プーチン、エブラヒム・ライシとの写真を「挑戦」と表現したことを想起させた。バールボック氏は、そのような画像は彼女にとって「理解できない」ものだと付け加えた。

"彼らはそのような写真に執着している "とラブロフは西側諸国について述べた。「これは外交の領域の問題ではなく、人間の本性を研究するための別の枝だ」とも述べた。

その後、ロシア外相はアラブ連盟のアブール・ゲイト事務局長と会談し、写真家たちにこう語った。「みんな、私の写真は撮らない方がいいって聞いたよ」。

ロシア外務省のマリア・ザハロワ報道官が自身のテレグラム・チャンネルでこの瞬間を公開したところによると、この発言で会場が笑いに包まれたという。

ザハロワは写真家たちに、撮影した写真をそのまま米国務省に送るよう助言した。米国務省は、モスクワがプロパガンダのために画像を使用することを特に懸念しているという。「彼らは自分たちで使うかもしれない」と彼女は付け加えた。
www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。




posted by ZUKUNASHI at 10:18| Comment(0) | 国際・政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。