キエフが黒海艦隊を破壊すると威嚇: ずくなしの冷や水

2022年07月20日

キエフが黒海艦隊を破壊すると威嚇

Kiev threatens to destroy Russia’s Black Sea fleet
Russian ships and Crimea could be attacked with Western-supplied weapons, Ukrainian deputy defense minister says

Ukraine will crush Russia’s Black Sea fleet and regain control of Crimea with Western weapons, the country’s Deputy Defense Minister, Vladimir Gavrilov has vowed during a visit to the UK.

Russia’s Black Sea Fleet, which is based in the Crimean port city of Sevastopol, is “a permanent threat” to Ukraine, and Kiev has to address this issue, Gavrilov said in an interview with the Times on Tuesday.

Kiev was waiting to get longer-range weapons from foreign nations before launching an assault, he added.

“We are receiving anti-ship capabilities and sooner or later we will target the fleet. It is inevitable because we have to guarantee the security of our people,” the deputy defense minister explained.

Gavrilov claimed that Ukraine is also planning to take back Crimea - which overwhelmingly voted to reunite with Russia in a 2014 referendum after a coup in Kiev.

According to the official, the Ukrainian government was holding discussions with their Western backers on whether it could use foreign-supplied arms to target Russian forces on the peninsula.

American officials earlier assured that Kiev had promised that US-made arms, including М142 HIMARS and M270 MLRS multiple launch rocket systems, would not be used to attack Russian territory. However, Kiev says it doesn’t view Crimea as part of Russia, considering it to be a Ukrainian area occupied by Moscow.

“Sooner or later we will have enough resources to target Russia in the Black Sea and Crimea. Crimea is Ukrainian territory, that’s why any target there is legitimate for us,” the deputy defense minister stated.

Gavrilov also didn’t rule out the use of diplomatic means in order to reclaim Crimea, saying that “we have to think very carefully how to do it in the right way.”

“Russia will have to leave Crimea if they wish to exist as a country,” Gavrilov insisted.

His statements didn’t go unnoticed in Moscow, with Kremlin press secretary, Dmitry Peskov saying that they were “yet another proof that [Russia’s] special military operation was a correct and absolutely justified move because it was the only way to save Ukraine from such leaders” as Gavrilov.

The deputy defense minister is the latest in a series of high-ranking Ukrainian officials to threaten the use of force against Crimea.

Last week, spokesman for the intelligence service of Ukraine’s defense ministry, Vadim Skibitskiy, also said Kiev considered the region to be a legitimate target for its forces as its being used as a transport hub by Moscow.

Former Russian President Dmitry Medvedev, who is now deputy chair of the country’s National Security Council, warned that if the Ukrainian leadership really decided to attack the peninsula “the Day of Judgment will come to them all simultaneously – a swift and hard one.”

Russia sent troops into Ukraine on February 24, citing Kiev’s failure to implement the Minsk agreements, designed to give the regions of Donetsk and Lugansk special status within the Ukrainian state. The protocols, brokered by Germany and France, were first signed in 2014. Former Ukrainian President Pyotr Poroshenko has since admitted that Kiev’s main goal was to use the ceasefire to buy time and “create powerful armed forces.”

In February 2022, the Kremlin recognized the Donbass republics as independent states and demanded that Ukraine officially declare itself a neutral country that will never join any Western military bloc. Kiev insists the Russian offensive was completely unprovoked.
ロシア艦船とクリミアは西側から供給される兵器で攻撃される可能性があると、ウクライナの国防副大臣が述べた。

ウクライナはロシアの黒海艦隊を粉砕し、クリミアの支配権を西側兵器で取り戻すと、同国のウラジミール・ガヴリロフ国防副大臣が英国訪問中に誓った。

クリミアの港町セヴァストポリを拠点とするロシアの黒海艦隊は、ウクライナにとって「永遠の脅威」であり、キエフはこの問題に対処しなければならないと、ガヴリロフは火曜日にタイムズ紙のインタビューで述べた。

キエフは攻撃を開始する前に、外国からより長い距離の武器を入手するのを待っている、と彼は付け加えた。

「我々は対艦能力を獲得しつつあり、遅かれ早かれ艦隊を標的にすることになるだろう。国民の安全を保証しなければならないので、それは避けられない」と同副国防相は説明した。

ガヴリロフ氏は、ウクライナはクリミア(キエフでのクーデターの後、2014年の住民投票でロシアとの統一を圧倒的に支持した)の奪還も計画していると主張した。

同高官によると、ウクライナ政府は、半島にいるロシア軍を標的にするために外国から供給された武器を使用できるかどうかについて、欧米の支援者と話し合いを行っている。

アメリカ当局者は以前、キエフがМ142 HIMARSとM270 MLRS多連装ロケットシステムなどのアメリカ製武器をロシア領土への攻撃に使用しないと約束したと断言した。しかし、キエフはクリミアをロシアの一部とは見ておらず、モスクワに占領されたウクライナの地域だと考えているという。

"遅かれ早かれ、我々は黒海とクリミアでロシアをターゲットにするのに十分なリソースを持つことになるだろう"。クリミアはウクライナの領土であり、だからこそ、そこを標的にすることは我々にとって合法的なのだ」と同副防衛相は述べている。

ガヴリロフはまた、クリミアを取り戻すために外交手段を用いることを否定せず、「正しい方法でどうやるか、慎重に考えなければならない」と述べた。

「ロシアが国として存在したいのであれば、クリミアから出なければならない」とガヴリロフ氏は主張した。

彼の発言はモスクワでも注目され、クレムリンのドミトリー・ペスコフ報道官は、「(ロシアの)特別軍事作戦が正しく、絶対的に正当な行動であることの新たな証拠であり、ガヴリロフのような指導者からウクライナを救う唯一の方法である」と述べた。

クリミアに対する武力行使を脅したウクライナ高官としては、この国防副大臣が最も新しい。

先週、ウクライナ国防省情報局のヴァディム・スキビツキー報道官は、モスクワの輸送拠点として利用されていることから、キエフはこの地域を自軍の正当なターゲットと考えているとも述べた。

ロシアのメドベージェフ前大統領(現国家安全保障会議副議長)は、ウクライナの指導者が本当に半島への攻撃を決めた場合、「審判の日は彼ら全員に同時に訪れるだろう-迅速かつ厳しいものだ」と警告した。

ロシアは2月24日、キエフがドネツクとルガンスクの両地域にウクライナ国家としての特別な地位を与えるためのミンスク合意を履行していないとして、ウクライナに軍を派遣した。ドイツとフランスが仲介したこの議定書は、2014年に初めて署名された。ウクライナのピョートル・ポロシェンコ前大統領はその後、キエフの主な目的は、停戦を利用して時間を稼ぎ、"強力な武装勢力を作り出すこと "だったと認めている。

2022年2月、クレムリンはドンバス共和国を独立国家として認め、ウクライナが西側軍事ブロックに決して参加しない中立国であることを公式に宣言するよう要求した。キエフは、ロシアの攻撃は完全に無抵抗であると主張している。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

ウクライナ軍が米国製の長距離砲でクリミア、軍港のあるセバストポリを攻撃した場合、ロシアの反撃は激しくなると見込まれます。米国は、クリミアはウクライナだとの立場ですが、ロシアは自国領土への攻撃であり、米国がそれを実行するための武器を供与したとして、米国内の軍事基地を攻撃する可能性があります。横須賀の航空母艦を攻撃するのも論理的にありうることになります。沖縄もありえます。
posted by ZUKUNASHI at 11:27| Comment(0) | ウクライナ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。