EUがロシアからのガス遮断に備える: ずくなしの冷や水

2022年07月29日

EUがロシアからのガス遮断に備える









EU prepares for gas cutoff – media
The bloc will reportedly advise citizens to ration should Russia switch off the tap
The European Union is planning out a set of emergency measures to mitigate the impact of a potential Russian gas cutoff, Bloomberg reported on Wednesday. Among the measures being considered are stockpiling, directing supply to key industries, and placing restrictions on public use.

The steps are laid out in a draft document seen by Bloomberg, which calls for “early joint action at EU level” to address the bloc’s fears that Russia may abruptly cut off the gas supply to the continent.

“Acting now could reduce the impact of a sudden supply disruption by one third,” the European Commission stated in the document, which Bloomberg noted is still subject to change before it is adopted as policy next week.

According to the document, gas flows from Russia are now less than 30% of the 2016-2021 average. Should Russia pull the plug, the EU would like to have gas reserves at 80% in order to “reduce the impact of a sudden supply disruption by a third.”

The EU plans to recommend that countries prioritize supply chains and key industries in the event of a cutoff, while incentivizing reduced usage through “market-based measures,” such as auctions or tender systems – which would drive up prices.

Domestic consumers will be hit with information campaigns urging them to reduce their home heating – as has already happened in several countries – and would have mandatory limits placed on their gas usage “during an alert level of crisis,” in Bloomberg’s words.

After the EU placed sanctions on Russia, several of the bloc’s members have seen their gas supplies affected for varying reasons. Bulgaria, Poland and Finland refused to comply with Russia’s ruble-based payments system in April, and as a result had their supply cut off by Gazprom. Germany had its gas deliveries temporarily reduced earlier this month when sanctions prevented the Russian energy giant from receiving a repaired turbine back from Canada, before Berlin eventually negotiated a waiver.

Germany, whose position as Europe’s industrial powerhouse depends on Russian gas, also voluntarily threw its supply into jeopardy when it abandoned the Nord Stream 2 pipeline within days of Russia launching its military operation in Ukraine in February. Germany’s gas woes are set to continue, with Gazprom having shut down Nord Stream 1 on Monday for ten days of annual maintenance.
欧州連合は、ロシアがガス供給を停止した場合、国民に配給を行うよう勧告すると報じられている。
ブルームバーグが水曜日に報じたところによると、欧州連合(EU)は、ロシアのガス供給が停止された場合の影響を緩和するための緊急措置を計画している。検討されている対策は、備蓄、主要産業への供給、公共利用の制限などである。

ブルームバーグが見た文書案では、ロシアが突然大陸へのガス供給を停止するのではないかというEUの懸念に対処するため、「EUレベルでの早期の共同行動」を呼びかけている。

「今行動すれば、突然の供給停止による影響を3分の1に減らすことができる」と欧州委員会は文書で述べている。ブルームバーグは、来週政策として採択される前にまだ変更される可能性があると指摘している。

同文書によると、ロシアからのガス流量は現在、2016年から2021年の平均値の30%以下である。万が一ロシアが供給を停止した場合、EUは "突然の供給途絶の影響を3分の1に減らす "ために、80%のガス備蓄を持つことを望んでいる。

EUは、供給が途絶えた場合、各国にサプライチェーンや主要産業を優先するよう勧告し、オークションや入札制度といった「市場ベースの措置」によって使用量を減らすインセンティブを与え、それによって価格を上昇させる予定である。

国内の消費者には、すでにいくつかの国で起こっているように、暖房を減らすように促す情報キャンペーンが行われ、「危機の警戒レベルでは」ガスの使用に強制的な制限が設けられることになる(ブルームバーグの言葉である)。

EUがロシアに制裁を加えた後、EUの加盟国のいくつかは、さまざまな理由でガスの供給に影響を受けている。ブルガリア、ポーランド、フィンランドは4月、ロシアのルーブル建て決済システムの遵守を拒否し、その結果、ガスプロムから供給を断たれた。ドイツは今月初め、制裁によってロシアの巨大エネルギー企業がカナダから修理したタービンを受け取ることができなくなり、ガス供給が一時的に減少した。

ヨーロッパの産業大国としての地位をロシアのガスに依存するドイツは、2月にロシアがウクライナで軍事行動を開始した数日後にノルドストリーム2パイプラインを放棄した際にも、自発的に供給を危険にさらすことに成功した。ガスプロムが月曜日にノルドストリーム1を10日間の年次メンテナンスのために停止させたため、ドイツのガス問題は続くことになる。
www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

Hungary declares energy emergency
Budapest will ban exports and boost domestic production ahead of winter shortages
The Hungarian government declared a state of emergency over tightening energy supplies on Wednesday. Gergely Gulyas, an aide to Prime Minister Viktor Orban, announced that domestic gas and coal production will be stepped up and gas reserves filled ahead of winter in Europe.

With the EU cutting itself off from Russian energy imports, Gulyas told reporters that Europe will likely not have enough gas for this autumn and winter. In response to the supply crunch, he announced a seven-point plan, effective from August.

Hungary will increase domestic gas production from 1.5 to 2 billion cubic meters, while filling the country’s storage facilities with foreign gas. At present, Gulyas said that Hungary’s reserves are 44% full.

Meanwhile, his government will impose a ban on the export of firewood, while increasing domestic coal extraction. At the same time, the coal-fired Matra power plant will be restarted as soon as possible, having been partially shut down since January 2021.
EUがロシアのエネルギー輸入から切り離されたことで、グリアスは記者団に対し、今年の秋から冬にかけて、ヨーロッパでは十分なガスが確保できない可能性が高いと述べた。供給不足に対応するため、8月から7項目の計画を発表した。

ハンガリーの国内ガス生産量を15億立方メートルから20億立方メートルに増やし、同時に国内の貯蔵施設に外国産ガスを充満させる。現在、ハンガリーの施設貯蔵率は44%だという。

一方、政府は薪の輸出を禁止する一方、国内の石炭採掘量を増やす。同時に、2021年1月から一部停止している石炭火力のマトラ発電所を早急に再稼働させる予定だ。



Germany reveals when it will wean itself off Russian energy
The country will stop buying coal on August 1 and oil on December 31, the deputy finance minister has said
Germany will completely end its dependence on some types of Russian energy this year – it will stop buying coal on August 1, and oil on December 31, Deputy Finance Minister Joerg Kukies announced on Wednesday.

Speaking at the Sydney Energy Forum amid ongoing gas shortage concerns, Kukies accused Moscow of having “a blatant disregard” for contractual obligations “by using gas as a weapon.” His remarks came after Gazprom reduced the flow of gas to Germany via the Nord Stream 1 pipeline by 60% last month, citing sanctions-related issues. Kukies, however, said his country placed itself under “this concentrated risk of sourcing energy in such an undiversified way from one source.”

The deputy finance minister explained that in order to diversify sources of energy, his country is accelerating the drive for renewables. However, instead of switching directly from fossil fuels to renewables, it must switch “from fossil fuels including Russia to fossil fuels excluding Russia into renewables,” adding that doing so “simultaneously adds complexity,” but the first goal will be achieved very soon.

“We will be off of Russian coal in a few weeks. 1st of August – complete sanction, zero volume of coal from Russia, it used to be 40% of our coal mix,” he said.
ドイツは今年、一部のロシア製エネルギーへの依存を完全に解消する。8月1日に石炭、12月31日に石油の購入を停止すると、ヨルク・クキエス財務副大臣が水曜日に発表した。

ガス不足が懸念される中、シドニー・エネルギー・フォーラムで講演したキューキエス氏は、モスクワが契約上の義務を「あからさまに無視」し、「ガスを武器として使っている」と非難した。ガスプロムが先月、制裁関連の問題を理由に、パイプライン「ノルドストリーム1」を経由するドイツへのガスの流量を60%削減したことを受けての発言である。しかし、クキエス氏は、自国が「一つの供給源から分散されていない方法でエネルギーを調達するという、この集中的なリスク」にさらされていると述べた。

財務副大臣は、エネルギー源を多様化するために、自国は自然エネルギーの推進を加速していると説明した。しかし、化石燃料から自然エネルギーに直接切り替えるのではなく、「ロシアを含む化石燃料から、ロシアを除く化石燃料を自然エネルギーに切り替える」必要があり、そうすることで「同時に複雑さが増す」と付け加えたが、最初の目標はすぐに達成できるだろう。

「私たちは数週間以内にロシアの石炭から離れます。 8月1日–完全な制裁、ロシアからの石炭の量はゼロで、以前は私たちの石炭ミックスの40%でした」と彼は言いました。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

ドイツは強気ですが、LNG施設の整備に加え、LNG供給元の確保、LGN船の調達などハードルは高いし、コストは大きく上昇します。



Russia’s Gazprom stops another turbine in major gas project
Natural gas supply via the Nord Stream 1 pipeline will be reduced from its current 40% capacity
Russian energy major Gazprom has stopped the operation of another Siemens turbine, the company announced on Monday. The supply through the Nord Stream 1 pipeline will not exceed 33 million cubic meters per day starting July 27, business daily Kommersant has reported.

Gazprom says the decision to switch off the turbine was made based on its technical condition and the fact that it’s due for an overhaul.

According to an earlier report by Kommersant, several of the nine turbines at the Portovaya compressor station are in need of repair.



posted by ZUKUNASHI at 06:58| Comment(0) | ウクライナ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。