元大統領、ウクライナ人は厳しい選択に直面していると語る: ずくなしの冷や水

2022年07月09日

元大統領、ウクライナ人は厳しい選択に直面していると語る

Ex-president says Ukrainians face tough choice
Viktor Yanukovych asked his compatriots if they wanted to fight ‘until the last Ukrainian’
Former Ukrainian president Viktor Yanukovych has called on his fellow Ukrainians to decide if they wanted to return to peaceful life or continue to fight.

In a written address to the Ukrainian people that was posted on Facebook by his press secretary on Tuesday, the former Ukrainian leader said that “an adequate assessment of the situation” in the country was required now more than ever.

“Ukrainian citizens themselves must make a choice − should they fight ‘until the last Ukrainian’, or save what is left? It is important to give everyone who has constructive ideas the opportunity to speak and to give peace a chance,” he said, adding that this would save many Ukrainian lives.

Yanukovych also called the incumbent Ukrainian authorities inexperienced, opportunistic, and untrustworthy. “There can be no talk of any unconditional trust in [the Ukrainian government] … But the constant lies by the authorities only accelerate their downfall, exacerbate the situation … They threaten the future of the Ukraine that we know and love,” he said.

The former president also urged Kiev to show tolerance towards Ukrainians that do not share its views. “The leadership of Ukraine must, before it is too late, stop dividing Ukrainians into the ‘right’ and ‘wrong’ ones,” he stressed.

Yanukovych also believes that Ukrainians do not trust their current government because they have been deceived by both their leaders and their Western allies. He also noted that his post-coup successor, Petro Poroshenko, confessed that Kiev never intended to abide by the Minsk agreements, which were meant to end the conflict in the country.

In 2014, following violent riots in Kiev, Yanukovych, the democratically-elected president, was ousted from power. The aftermath of the coup d’etat was marred by a crackdown on opposition and a deadly conflict in eastern Ukraine.
ヴィクトール・ヤヌコヴィッチ氏は、同胞に「最後のウクライナ人まで」戦いたいかどうかを尋ねた。
ウクライナのヴィクトール・ヤヌコヴィッチ前大統領は、同胞に対し、平和な生活に戻りたいのか、それとも戦い続けたいのかを決めるよう呼びかけた。

ヤヌコビッチ元大統領は、自身の報道官によってFacebookに投稿されたウクライナ国民への演説文の中で、同国の「状況の適切な評価」がこれまで以上に求められていると述べた。

ウクライナ国民は自ら選択しなければならない。『最後のウクライナ人まで』戦うのか、それとも残されたものを救うのか。建設的な考えを持つすべての人に発言の機会を与え、平和のチャンスを与えることが重要だ」と述べ、そうすることで多くのウクライナ人の命が救われるだろうと付け加えた。

ヤヌコビッチはまた、現職のウクライナ当局を、経験不足で日和見主義的であり、信頼に値しない存在と呼びました。「しかし、当局による絶え間ない嘘は、彼らの没落を加速させ、状況を悪化させるだけだ...彼らは、我々が知り、愛するウクライナの将来を脅かしている」と述べました。

元大統領はまた、キエフに対し、自国の見解を共有しないウクライナ人に対して寛容さを示すよう促した。ウクライナの指導者は、手遅れになる前に、ウクライナ人を『正しい』ものと『誤った』ものに分けることをやめなければならない」と強調した。

ヤヌコビッチ氏はまた、ウクライナ人が現政権を信頼していないのは、指導者と西側同盟国の双方に騙されているからだと考えている。また、クーデター後の後継者ペトロ・ポロシェンコが、キエフが国内の紛争を終わらせるためのミンスク協定を守るつもりはなかったと告白したことにも言及した。

2014年、キエフでの激しい暴動を受け、民主的に選出されたヤヌコビッチ大統領は政権から追放された。クーデターの余波は、反対派への弾圧とウクライナ東部での死闘に及んだ。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

posted by ZUKUNASHI at 18:58| Comment(0) | ウクライナ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。