Ukraine reiterates threat to strike Crimean Bridge: ずくなしの冷や水

2022年07月02日

Ukraine reiterates threat to strike Crimean Bridge

Ukraine reiterates threat to strike Crimean Bridge
The attack will take place “at the right moment,” Zelensky’s top aide says
Ukraine still has plans to strike Europe’s longest bridge connecting Crimea to Russia’s Krasnodar Region, Alexey Arestovich, a top aide to Ukrainian President Volodymyr Zelensky, has said.

On Friday, alarming reports emerged of large plumes of while smoke coming from an area near the Crimean Bridge, also known as the Kerch Bridge. But the Crimean authorities later said there was no reason to panic, explaining that Russian police were holding drills near one of the sections of the 19km-long structure.

When asked about those exercises during an interview with activist Mark Feygin on YouTube, Arestovich said the authorities “were right to be preparing.”

“Nobody is being sentimental. If such a need arises, we’ll strike the Crimean Bridge, at the right moment,” he said.

However, the presidential aide acknowledged that the weapons currently possessed by the Ukrainian military were “technically incapable” of reaching the strategic bridge.

“But the time will come and we’ll be able to do it. In this war, there have long been no constraints. It’s only about technical capability,” he insisted.

The Kerch Bridge was built between 2016 and 2018, becoming a symbol of Crimea’s reunification with Russia. During the conflict with Kiev, Moscow has been using it to transport armored vehicles and other military hardware.

Several Ukrainian officials and military commanders have issued warnings over the past four months that the multi-billion-dollar infrastructure could become a target for Kiev’s forces.

Arestovich, who was among those who issued warnings, acknowledged last month that delivering significant damage to the bridge was a tough task, even with weapons of adequate range, as one of its 595 pillars would need to be destroyed. “It’s built in a way that one would need to use tactical nuclear weapons to bring it down,” he claimed.

The Kremlin Press Secretary Dmitry Peskov said in mid-June that Moscow “was aware and took notice” of the Ukrainian threats. The security of the Kerch Bridge and the whole of Crimea was “guaranteed” by preventive measures taken by the Russian Armed Forces, he said.
ウクライナ、クリミア橋への攻撃予告を再確認
攻撃は「適切なタイミングで」行われる、とゼレンスキー首席補佐官
ウクライナは、クリミアとロシアのクラスノダール地方を結ぶヨーロッパ最長の橋を攻撃する計画をまだ持っていると、ウクライナのVolodymyr Zelensky大統領補佐官のAlexey Arestovichが述べた。

金曜日には、ケルチ橋として知られるクリミア橋の近くの地域から大きな噴煙が上がっているという驚くべき報道がなされた。しかし、クリミア当局はその後、パニックになる理由はないと述べ、ロシア警察が全長19kmの構造物の一区間の近くで訓練を行っていると説明した。

YouTubeで活動家マーク・フェイギンにインタビューした際、これらの訓練について尋ねられたアレストビッチ氏は、当局が「準備していたことは正しかった」と述べた。

「誰も感傷的になってはいない。もしそのような必要が生じれば、我々はクリミア橋を、適切なタイミングで攻撃するだろう」と述べた。

しかし、大統領補佐官は、現在ウクライナ軍が保有している兵器は、戦略的橋梁に到達することは「技術的に不可能」であることを認めた。

「しかし、その時が来れば、できるようになる。この戦争では、昔から制約がない。技術的な能力の問題だけだ」と主張した。

ケルチ橋は2016年から2018年にかけて建設され、クリミアのロシアとの再統一の象徴となった。キエフとの紛争中、モスクワは装甲車などの軍用ハードウェアの輸送に利用してきた。

数十億ドル規模のインフラがキエフ軍の標的になる可能性があるとして、複数のウクライナ政府高官や軍司令官が過去4カ月間に警告を発していた。

警告を発した人物の一人であるアレストビッチ氏は先月、橋の595本の柱のうち1本を破壊する必要があるため、十分な射程距離を持つ武器でも大きなダメージを与えることは困難であることを認めた。「橋は戦術核兵器を使わないと倒せない構造になっている」と主張した。

クレムリンのドミトリー・ペスコフ報道官は6月中旬、モスクワがウクライナの脅威を「認識し、留意している」と述べた。ケルチ橋とクリミア全体の安全は、ロシア軍による予防措置によって「保証」されていると述べた。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

ロシアは、橋が攻撃によって破壊されれば、キエフの意思決定本部を攻撃するとしています。
posted by ZUKUNASHI at 17:19| Comment(0) | ウクライナ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。