コロナ後遺症 時間とともに悪化するとの説が有力に: ずくなしの冷や水

2022年08月24日

コロナ後遺症 時間とともに悪化するとの説が有力に

2022年06月29日
コロナに関する記事 についてのお断り




筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群(ME/CFS)














コロナ後遺症は時間とともに悪化することが多いとの説が有力になっています。中国のゼロコロナはやはり評価できる。

夏は過労を避け、体力を維持。
感染の恐れがあったら抗ウィルス薬で急いでウィルスの退治
イベルメクチンが副作用が少なく効果があるとの体験者がいる。
posted by ZUKUNASHI at 16:04| Comment(4) | Covid19
この記事へのコメント
「麦門冬湯」咳止めの漢方薬では、かなりお勧めです。
私も2年前から、常時鞄に入れてあります。
副作用としては、若干便秘気味になりましたが、すぐ治りました。
Posted by 閻魔の弟子 at 2022年08月24日 10:46
ばくもんどうとう 薬箱に加えます。
Posted by ZUKUNASHI at 2022年08月24日 10:54
ずくなしさま、お久しぶりです。久しぶりにコメントさせていただきます。iPadのバッテリーがへたってから新機は買わず、その後はmacを使っているのですが、macでは長いこと閲覧できませんでした。記事をクリックしてもびくともしなかったのです。まるで一枚の絵です。理由はわからないですが、見られるようになったので、良しとします。前々回のアプデから使えるようになったのですが、改めましてこんばんは!驚異の持続力ですね!
実は竹輪の治験は2013年ごろにあって治験の内容は竹輪とは報告されていないのですが、現在に至るまでの死亡率は97.5%という話です。やはり破滅的です。ただ2年以上生きれるということですね。そりゃ2年は短かすぎてあちらからしたら訴訟などを考えると大変です。だから放射能のように晩発性障害が出るようにセットできれば因果関係を立証するのは難しくなります。確か保険商品でも、放射能による死亡なら対象にならないと書いてあった気が。。。健康被害があると認めてるじゃん、ふふふ。。。
ただ、年末近くになってサル痘の影響でコロッとなるのは加速すると想像できますね。とにかく結果を早く出したいのでしょうね。
息子さんのことで嘆いていらっしゃいますが、うちも同じです。
持病もちの親は竹輪にすぐに飛びつき今まだ生きていますが、それは持病から血液をサラサラにする薬を二人とも常用してるからです。なので心配はしていません。問題なのは兄弟です。成人前の子供たちが何人もいるので、親は率先して子供と打っているのですが、まだ年齢が低いため打っていない子供たちがそれぞれいます。親が先にいなくなった場合、その子供たちはどうするのかと言うのが竹輪当初からの課題でした。結構具体的に心配しています。なのでお気持ちはすごくわかります。福一の事故後、物事は最悪の状態から考えることが癖になっているので、クールな語りに違和感を感じられるかもしれませんが、現実はいつだってそう言うものです。まさに今は戦時中ですからね。そう思わない人もいるかもしれないけど。
567はかからないでいることをずっと願いたい代物ですが、sheddingはなかなか手強いです。近しい友達で567のことをあれこれ伝えていたにも関わらず、家族からの要請で打たなければいけなくなった人がいて、危険と承知で打ったので私に伝え辛かったのだと思いますが、知らずに一緒にカラオケに行きました。人数もいたので2時間ですが、その後体調がすごく悪くなりました。しかも私だけではなかったのでイベルメクチンを毎日1週間飲み続けました。そのメンバーの中で打っている人は一人でした。イベルメクチンを飲んだあと、副作用などは特になく快癒しました。メンバーは567にはかかりませんでした。普通に風邪にも効きそうだなというのが飲んでみた感想です。
また薬ついでですが、567が流行り出した頃買いだめしたものの中にダスモックがあります。ちょっと咳が出た時にこれを飲むと早く治りました。一時は品薄になっていましたが、今はどうなんだろう。バクモンドウも入っています。
Posted by 千のたね at 2022年08月24日 21:02
こんばんは Macで見られませんでしたか。このブログのアクセスに使われている機械はMacが一番多いんですよ。Macは、千のたねさんのように、知的な職業の人が使っておられますね。このブログを見るためならWindows7でも8でも足ります。
兄弟の誰かが不幸にも亡くなったら、そこは千のたねさんの出番です。娘さんも大きくなられたでしょう。
>物事は最悪の状態から考える
ふつうは、それが鉄則なのですが、いろいろ生活に追われていたりすると、なかなか気が回らない人も多いでしょうね。
ネットにいろいろ書いてあっても、世間の常識と異なるものは頭に入らないでしょうね。
シェッデングで具合が悪くなる人はいます。私は、7月にワクチンを何度も打った人たちと会食し、海外で感染して帰国したものとも会いましたが、幸いシェッディングによると思われるような体調不良は出ませんでした。
ダスモックですか、市販薬ですね。覚えておきます。
基礎疾患あり肥満の高齢者としては、生き抜くために脅威の持続が必要なんですよ。
何か関心事項があったほうが時間がつぶせますが、コロナにウクライナにカルトとちょっと忙しすぎますね。
Posted by ZUKUNASHI at 2022年08月24日 21:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。