ウクライナ戦争は年末まで続くか: ずくなしの冷や水

2022年06月30日

ウクライナ戦争は年末まで続くか

まずスコット・リッターの最新情勢分析

一部だけ引用

ロシアは、特別軍事作戦は目的を達するまで続けると繰り返しており、これまでの戦闘結果から断然優勢さを保っています。作戦終了時期については言及していません。武器弾薬などの補給も問題はない。(管理人は、シリア戦争でのロシア軍の新型武器投入を見て、ロシアは武器弾薬をフル生産しているのではないかとみていました)

ドイツで開催されたG7でゼレンスキーがビデオ参加し、年末までに戦争を終わらせたいと発言したようです。


数日前にチェチェンのカディリョフとドネツクの指導部がともに年末には終わるのではないかとの予想を示したと伝えられています。


ロシアが特別軍事作戦の早期目標達成を望んでいることは言うまでもありませんが、持ちこたえれなくなっているのは、ウクライナであり、それを軍事的、資金的に支援する米英をはじめとする西側です。

西側が提供する武器弾薬は、ロシア軍が集中的に破壊しています。ポーランドの高官がロシアのその作戦を非難していましたが、当たり前のこと。

西側諸国は、武器弾薬のストックを大幅に減らしています。それに西側に対するゼレンスキーの資金援助要求が際限のないものになっています。

西側諸国は、経済制裁が裏目に出て、この先、経済的悪影響がより強く表れることを警戒していますが、経済制裁の失敗を公式に認めることは欧州諸国指導者の自殺行為。ここは強気で通すしかない。

ですが、それもいつかは限界に来る。年末までは、耐えられるとみているのかもしれませんが、もっと早い可能性も強い。どこから西側の連帯が崩れていくか。それは同時に米国の覇権、権威の失墜です。

ウクライナ戦争が第三次世界大戦に発展する可能性はあります。特にウクライナが西側から供与された武器でクリミア半島を攻撃したりすれば、第三次世界大戦に発展しかねないとメドベージェフが警告しています。

この先、日本にどんな影響が強まるかは、まだはっきりしませんが、日本もいずれエネルギー価格の高騰が及ぶでしょう。それは秋になるともっとはっきりしてくるはずです。
posted by ZUKUNASHI at 08:52| Comment(0) | ウクライナ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。