ウクライナ人権擁護局長のでたらめを扱ったジャーナリストが「反ウクライナ的」な者のリストに載る: ずくなしの冷や水

2022年06月29日

ウクライナ人権擁護局長のでたらめを扱ったジャーナリストが「反ウクライナ的」な者のリストに載る

Journalist branded enemy of state by Ukraine
The journalist got into hot water after penning an expose highlighting how Ukraine’s now ousted human rights chief spread false rape claims
Ukrainian journalist Sonya Lukashova ended up on the notorious Mirotvorets (‘Peacemaker’) website after penning an article claiming that a vast majority of Russian military rape allegations produced by the country's now former human rights chief, Lyudmila Denisova, were false. Mirotvorets, widely believed to be run by Ukraine’s Security Service (SBU), lists individuals deemed to be “enemies of Ukraine.”

The bombshell expose was published by the Ukrainskaya Pravda (Ukrainian Truth) newspaper on Monday. According to the piece, citing various official sources, a vast majority of allegations of “sexual atrocities,” purportedly committed by Russian troops amid the ongoing conflict, were false. The allegations have been spread by human rights chief Denisova, who got ousted in late May after a no-confidence vote over her failure to organize humanitarian corridors and prisoner exchanges as well as “inexplicably focusing” on spreading unverified and unsubstantiated claims.

According to the report, Ukrainian law enforcement officials tried to investigate Denisova’s claims but found no evidence to back them up. After interrogating Denisova several times, officials discovered she had received all her explosive revelations from her daughter, Alexandra Kvitko, “over tea.” The latter ran a ‘psychological hotline’ for victims of wartime violence, established in collaboration between Denisova’s office and UNICEF.

The hotline lacked transparency, and while Kvitko reportedly told investigators it received over 1,000 calls in only a month and a half, with some 450 of them detailing the rape of minors, the hotline’s logs suggested it got only 92 calls. The exact nature of the calls remained unclear as well, since Kvitko failed to provide investigators with any details on the alleged victims, according to the report.

Multiple Ukrainian public figures condemned the expose, insisting that reporting on the activities of the disgraced human rights chief and her daughter helps Russia. Political commentator and prominent supporter of ex-president Petro Poroshenko, Taras Berezovets, for instance, bluntly accused the reporter of producing prime material for “Russian propaganda.”

“The author of the Denisova investigation, Sonya Lukashova, who accused the former human rights chief of creating numerous fakes about the rape of Ukrainian children, ended up on the Mirotvorets database. Lukashova’s material has been very heavily cited by Russian propaganda,” Berezovets said in a social media post.

The Mirotvorets listing for Lukashova states that the reporter’s activities are somehow “incompatible with journalist ethics.” The journalist stands accused of actively participating “in special information operations of the Russian aggression against Ukraine,” as well as of “manipulating publicly significant information.” The report published by the newspaper amounts to “concealing evidence of crimes” allegedly perpetrated by the Russian military, according to Mirotvorets.

The Mirotvorets website was created in 2014 as a public database of “pro-Russian terrorists, separatists, mercenaries, war criminals, and murderers.” The website provides links to social media accounts and personal information, such as home addresses, phones, and emails. Over the years, numerous high-profile public figures and politicians have ended up on the Mirotvorets list over actions deemed to be “anti-Ukrainian.” Hungary’s PM Viktor Orban and former US Secretary of State Henry Kissinger
ウクライナの人権擁護局長を解任されたソーニャ・ルカショワが、虚偽のレイプ被害を広めたとする暴露記事を書き、大問題になった。
ウクライナのジャーナリスト、サーニャ・ルカショワは、ウクライナの元人権チーフ、リュドミラ・デニソヴァが主張するロシア軍のレイプ疑惑の大部分は虚偽であるという記事を書いた後、悪名高いMirotvorets(「平和の人」)ウェブサイトに掲載されることになりました。ミロトヴォレッツは、ウクライナの保安局(SBU)が運営していると広く信じられており、「ウクライナの敵」とみなされる個人をリストアップしている。

この爆弾発言は、月曜日にUkrainskaya Pravda(ウクライナの真実)新聞によって発表された。それによると、紛争が続く中、ロシア軍が行ったとされる「性的残虐行為」の疑惑の大半は虚偽であったというのだ。この疑惑は、人道的回廊や囚人交換を組織できなかったこと、また検証されていない根拠のない主張を広めることに「不可解なほど集中」したことを理由に、5月末に不信任投票で更迭された人権担当のデニソヴァ氏によって広められたものである。

報告書によると、ウクライナの法執行機関はデニソワの主張を調査しようとしたが、それを裏付ける証拠は見つからなかった。デニソワを何度か尋問した後、当局はデニソワが娘のアレクサンドラ・クヴィトコから「お茶を飲みながら」爆発的な暴露を受けたことを突き止めた。クヴィトコは、戦時中の暴力被害者のための「心理ホットライン」を運営し、デニソワの事務所とユニセフが共同で設立した。

このホットラインは透明性を欠き、クヴィトコはわずか1ヶ月半で1000件を超える通報を受け、そのうち約450件は未成年者のレイプに関するものだったと捜査官に語ったというが、ホットラインの記録では92件しかなかったという。Kvitko氏は、被害者とされる人々の詳細を調査官に提供しなかったため、通報の正確な内容も不明なままであったという。

複数のウクライナの著名人がこの暴露記事を非難し、失脚した人権擁護委員長とその娘の活動を報道することはロシアを助けることになると主張した。例えば、政治評論家でペトロ・ポロシェンコ元大統領の著名な支持者であるタラス・ベレゾヴェッツは、この記者が「ロシアのプロパガンダ」のための素地を作っているとあからさまに非難した。

"デニソワ調査 "の著者であるサーニャ・ルカショワは、元人権局長がウクライナの子どもたちのレイプに関する数々のフェイクを作成したと告発し、ミロトヴォレッツのデータベースに登録されるに至ったのである。ルカショワの資料は、ロシアのプロパガンダに非常に多く引用されている」とベレゾベツはソーシャルメディアに投稿している。

ミロトボレッツのルカショワのリストには、この記者の活動は何らかの形で "ジャーナリスト倫理と相容れない "と書かれている。この記者は、"ロシアのウクライナ侵略の特別な情報作戦に積極的に参加した"、また、"公に重要な情報を操作した "ということで告発されているのです。ミロトボレッツによれば、同紙が掲載したレポートは、ロシア軍によって行われたとされる「犯罪の証拠を隠す」ことに相当するという。

Mirotvoretsのウェブサイトは、"親ロシアのテロリスト、分離主義者、傭兵、戦犯、殺人者 "の公開データベースとして2014年に作成された。このウェブサイトでは、ソーシャルメディアのアカウントや、自宅の住所、電話、電子メールなどの個人情報へのリンクが提供されています。長年にわたり、数多くの著名な公人や政治家が、「反ウクライナ的」とみなされる行動によってミロトヴォレッツのリストに掲載されてきた。ハンガリーのヴィクトール・オルバン首相やキッシンジャー元米国国務長官も、このデータベースに最近追加された一人である。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

・・・・・

カナダ人の独立ジャーナリスト エババートレットもこのリストに載せられているはずです。
posted by ZUKUNASHI at 21:09| Comment(0) | ウクライナ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。