European country warns of ‘general energy collapse: ずくなしの冷や水

2022年06月28日

European country warns of ‘general energy collapse

European country warns of ‘general energy collapse’
Gas shortage might put European states in a position where “even with money, you will not be able to get electricity,” Montenegro warns
Interruptions to Russian gas supplies and a mass switch to electricity would lead to “a general energy collapse” in Europe, the prime minister of Montenegro, Dritan Abazovic, claimed on Monday.

Speaking to parliament, Abrazovic recalled recent remarks by German Vice Chancellor Robert Habeck who, amid looming energy difficulties over the winter period, advised his compatriots to spend less time in the shower and to prepare warm clothes.

In Abrazovic’s opinion, if someone from his government came up with such advice, he would be ridiculed. Montenegrin ministers are now focused on preventing a crisis like this, he said, but not everything depends on them.

“If it comes true that in the fall, or with the onset of cold days, gas is not delivered from Russia to Western Europe at a level that satisfies its economy, and if it switches to electricity, there will be a general energy collapse,” he warned.

He explained that there was an even greater danger than increasing energy prices: In his opinion, there might be a situation in which “even with money, you will not be able to get electricity.”

The country's government, Abrazovic warned, is now focused on preventing the worst scenarios but also on preparing for them. He said that one of the ways to do this was rebalancing the budget. The prime minister also stressed that while Montenegro, unlike some other European countries, was not dependent on natural gas, it must still be prepared and should “look at how to get the most out of the tourism industry.”

“However, both Covid and the crisis caused by the war in Ukraine should teach us the following: We have to increase food production and to become a country that is not energy dependent,” he said.

In order to become more independent, the focus should also be on building new energy facilities, according to Abrazovic.

The prime minister expressed certainty that his government was addressing the issues correctly and that there was no reason to panic.

Earlier this month, International Energy Agency (IEA) chief Fatih Birol warned the EU to be prepared for the possibility of a complete shutdown of Russian gas exports this winter, calling on the bloc's members to widen the span of measures aimed at preparing for this scenario, according to the Financial Times.

Germany, Austria, Italy and the Netherlands announced their plans to step up the use of coal for power generation, while Sweden and Denmark said they would also launch emergency measures to curb the use of natural gas.

The European gas market is already experiencing a severe shortage of imported energy supplies. Shipments by Russia’s Gazprom through the Nord Stream pipeline have fallen significantly this month because of parts shortages due to sanctions.

The reduced deliveries come at a time when Europe is racing to stock up for winter, with gas storages on the continent currently at 55%, according to recent data.

The EU plans to phase out Russian gas by 2030 as part of its response to Moscow’s military campaign in Ukraine, which was launched in late February. However, several countries, including Germany, have repeatedly warned their economies would suffer if the flow were to stop immediately.
ガス不足により、ヨーロッパの州は「お金があっても電気を得ることができない」という立場に置かれる可能性があるとモンテネグロは警告している
ロシアのガス供給の中断と電力への大規模な切り替えは、ヨーロッパで「一般的なエネルギー崩壊」につながると、モンテネグロの首相、ドリタン・アバゾビッチは月曜日に主張した。

議会と話して、アブラゾビッチは、冬の間に迫り来るエネルギー問題の中で、彼の同胞にシャワーで過ごす時間を減らして暖かい服を準備するように忠告したドイツ副首相ロベルト・ハーベックによる最近の発言を思い出しました。

アブラゾビッチの意見では、彼の政府の誰かがそのようなアドバイスを思いついた場合、彼は嘲笑されるでしょう。モンテネグロの大臣は現在、このような危機の防止に焦点を合わせていると彼は述べたが、すべてが彼らに依存しているわけではない。

「秋や寒い日が始まると、ロシアから西ヨーロッパに経済を満足させるレベルのガスが供給されず、電気に切り替えると、一般的なエネルギーの崩壊が起こります。 」と彼は警告した。

彼は、エネルギー価格を上げるよりもさらに大きな危険があると説明した。彼の意見では、「お金があっても、電気を得ることができない」という状況があるかもしれない。

アブラゾビッチ氏は、国の政府は現在、最悪のシナリオの防止だけでなく、それらの準備にも焦点を合わせていると警告した。彼は、これを行う方法の1つは、予算のバランスを取り直すことであると述べました。首相はまた、モンテネグロは他のヨーロッパ諸国とは異なり、天然ガスに依存していなかったが、それでも準備が必要であり、「観光産業を最大限に活用する方法を検討する」必要があると強調した。

「しかし、コビッドとウクライナ戦争によって引き起こされた危機の両方が私たちに次のことを教えてくれるはずです。私たちは食糧生産を増やし、エネルギーに依存しない国にならなければなりません」と彼は言いました。

Abrazovic氏によると、より自立するためには、新しいエネルギー施設の建設にも焦点を当てる必要があります。

首相は、彼の政府が問題に正しく取り組んでおり、パニックに陥る理由がないことを確信していると述べた。

今月初め、国際エネルギー機関(IEA)のファティビロル首相は、EUに対し、今冬のロシアのガス輸出の完全な閉鎖の可能性に備えるよう警告し、このシナリオの準備を目的とした措置の範囲を拡大するようブロックのメンバーに求めた。 、フィナンシャルタイムズによると。

ドイツ、オーストリア、イタリア、オランダは発電用の石炭の使用を強化する計画を発表し、スウェーデンとデンマークは天然ガスの使用を抑制するための緊急措置も開始すると述べた。

欧州のガス市場はすでに輸入エネルギー供給の深刻な不足を経験しています。ロシアのガスプロムによるノルドストリームパイプライン経由の出荷は、制裁による部品不足のため、今月大幅に減少しました。

最近のデータによると、ヨーロッパ大陸でのガス貯蔵量は現在55%であり、ヨーロッパが冬に向けて在庫を確保しようとしているときに、配達量が減少します。

EUは、2月下旬に開始されたウクライナでのモスクワの軍事作戦への対応の一環として、2030年までにロシアのガスを段階的に廃止する予定です。しかし、ドイツを含むいくつかの国は、流れがすぐに止まると経済が苦しむだろうと繰り返し警告しています。+




posted by ZUKUNASHI at 21:12| Comment(0) | ウクライナ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。