燃えたショッピングモールは閉店していた この事件を米国がジェノサイトとして非難: ずくなしの冷や水

2022年06月30日

燃えたショッピングモールは閉店していた この事件を米国がジェノサイトとして非難






次の2枚はGoogle Mapから管理人が取り出したもの。





Russia comments on alleged mall strike in Ukraine
An airstrike on the Kremenchug ammo stockpile in Ukraine caused a fire at a closed shopping center nearby, the Russian Ministry of Defense claims

The Russian military has confirmed an airstrike on the Ukrainian city of Kremenchug on Monday, but claimed it targeted a stockpile of Western weapons. The detonation caused damage to a nearby non-functioning shopping mall, Tuesday’s report said. Kiev had claimed that Russia attacked the shopping center, killing and injuring many civilians.

The Russian Defense Ministry said the location of the arms stockpile was near the Kredmash factory. The Amstor Mall, where a fire was reported by Ukrainian sources on Monday, is right next to it. The military claimed that the Western munitions detonated and caused a fire at the facility, which was no longer operating.

Ukrainian officials claim that the mall was packed with people at the moment Russia allegedly attacked it. However, video showed that the car park outside was almost empty.

According to the latest casualty report, 18 people were killed and 59 injured in the incident, with 25 of the wounded taken to the hospital for treatment.

Ukrainian President Volodymyr Zelensky described the incident in Kremenchug as “one of the most blatant terrorist attacks in European history.” He stated that the site posed no threat to the Russian military and had no strategic value.

Kremenchug is a city in central Ukraine around 250km southeast from Kiev. The Russian military had previously attacked a major oil refinery in the city, denying the Ukrainian military fuel for their vehicles.
ウクライナのクレメンチュグ弾薬備蓄基地への空爆により、近くの閉鎖されたショッピングセンターで火災が発生したと、ロシア国防省が主張

ロシア軍は月曜日にウクライナの都市クレメンチュグを空爆したことを確認したが、西側兵器の備蓄庫を狙ったものだと主張している。爆発により、近くの機能しないショッピングモールに被害が出たと、火曜日に報告された。キエフは、ロシアがショッピングセンターを攻撃し、多くの市民を死傷させたと主張していた。

ロシア国防省は、武器備蓄の場所はクレドマッシュ工場の近くだと発表した。月曜日にウクライナの情報筋から火災が報告されたアムストール・モールは、そのすぐ隣にある。軍は、西側の軍需品が爆発して火災が発生したと主張しているが、この施設はもう操業していない。

ウクライナ当局は、ロシアが攻撃したとされる瞬間、ショッピングモールは多くの人で賑わっていたと主張している。しかし、ビデオでは、外の駐車場はほとんど人がいないことが確認された。

最新の犠牲者報告によると、この事件で18人が死亡、59人が負傷し、負傷者のうち25人が治療のために病院に運ばれた。

ウクライナのヴォロディミル・ゼレンスキー大統領は、クレメンチュグでの事件を "ヨーロッパの歴史上、最もあからさまなテロ攻撃のひとつ "と表現した。同大統領は、同地はロシア軍にとって何の脅威にもならず、戦略的価値もないと述べている。

クレメンチュグはウクライナ中部の都市で、キエフから南東に約250kmのところにある。ロシア軍は以前、同市の主要製油所を攻撃し、ウクライナ軍の車両用燃料を奪っていた。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

・・・・・

ウクライナ戦争は、情報戦の要素が強く、ウクライナ政府に加え、西側の政府、大手メディア、活動家による宣伝活動が活発です。これに対して、ロシア政府機関、ロシア軍、ロシア政府系の報道機関、そして西側の活動家による事実検証、反論の活動が活発です。

シリア戦争では、シリア政府側に情報戦を戦う余力がなく、国民からも情報が出なかったために米英などの情報操作が成功しましたが、ウクライナについては、ロシア政府が情報戦への対抗として国防省が日次でブリーフィングを行い、政府系の報道機関も論点を詳しく取り上げています。

何よりも強いのは、市民や独立ジャーナリストらの発信が多いこと。ウクライナ政府は、外国人独立ジャーナリストをまだ排除していませんが、ウクライナの支配地域はウクライナ政権寄りのジャーナリストが入り、ロシア軍が解放した地域にはロシア寄りのジャーナリストが入ってウクライナ軍の悪行を証言する住民の声を詳しく伝えています。

戦闘地域から市民が投稿する画像情報もあります。ウクライナ側の非難声明も、各種情報を総合的に勘案すると真偽に疑問がつくものも多いです。

ロシア側の発表については、管理人は極力現地の画像などと地図を照らし合わせて信憑性を判断しています。

スマホの普及は情報戦もうまくいかない状況を作り出しました。

米国は、この事件を使い、ロシアがジェノサイトを行っていると非難し始めています。
Russia and West clash at UN Security Council
In an unusual move, Ukrainian President Zelensky joined via video link
Russia does not target civilians in Ukraine and did not strike a shopping center in Kremenchug, Moscow’s envoy to the UN told the Security Council on Tuesday.

Ambassador Dmitry Polyanskiy said the mall caught fire due to an explosion of Western-supplied weapons and ammunition, stored at the nearby factory and intended to used in shelling civilians in the Donbass, making it a legitimate military target.

He also criticized the UNSC for breaching protocol and allowing Ukrainian President Volodymyr Zelensky to address the council via video-link, after refusing such a request from the Central African Republic.

“In reality, there was no strike on the mall,” Polyanskiy told the council, as Russia targeted a storage facility at the Kredmash factory next door. The weapons and ammunition stored there were bound for the front, where Ukrainian artillery has been bombarding the civilians of Donbass, for many years, to no objection from the UN, he added. “The Russian strike stopped that.”

Polyanskiy pointed out that Ukrainian media clearly shows images of intact merchandise inside the Amstor shopping center, and windows of nearby residential buildings that had not shattered. The fire was caused by explosions of the Western-supplied ammunition at Kredmash, he said.

Moscow’s envoy accused Ukraine of waging a propaganda war, using fakes and lies such as the ‘Snake Island 13’ and the ‘Ghost of Kiev’ to campaign for more weapons and financial aid from the West. Actual testimonials of civilians from Donbass show that they blame only the Ukrainian military, which deploys around residential homes and uses civilians as human shields, Polyanskiy argued.

Tuesday’s session was convened by Albania, a NATO member state which chairs the UNSC through the end of June.

It was opened by Rosemary DiCarlo, a US diplomat currently serving as UN under-secretary-general for political and peacebuilding affairs. She said that entire cities in Ukraine were being “leveled” by the Russian military and described Monday’s incident in Kremenchug as “one of the most shocking attacks of the conflict.”

The keynote speaker, however, was Zelensky. Appearing via video-link – in what Polyanskiy objected to as a breach of protocol – the Ukrainian president once again demanded that the UN declare Russia a “terrorist state,” expel it from the Security Council and the General Assembly, and set up an international tribunal, as had been done for the Rwandan genocide.

“Deprive the terrorist state of its powers!” he told the council.

Zelensky accused Russia of waging a “full-scale war of conquest” against Ukraine and being a “terrorist and enemy of humanity.” Russia only has a permanent seat in the UNSC due to the “shortsightedness” of the West at the end of the Cold War, he insisted, and ought to be expelled from the UN outright.

Russia is the world's largest nuclear power. A subject Zelensky didn't mention.

Representatives of Poland, Estonia, and the UK voiced support for Kiev. Polyanskiy insisted that Russia launched its military operation to prevent Ukraine from becoming an anti-Russian weapon in the hands of the West.

“Until these goals are achieved, our operation will continue,” the Russian envoy said.

ロシアはウクライナの民間人を標的にしておらず、クレメンチュグのショッピングセンターも攻撃していないと、モスクワの国連特使が火曜日に安全保障理事会で述べた。

ドミトリー・ポリャンスキー大使は、ショッピングセンターの火災は、西側から供給された武器と弾薬の爆発によるもので、近くの工場に保管されており、ドンバスの民間人への砲撃に使用される予定だったと述べ、正当な軍事目標であるとした。

また、国連安保理が中央アフリカ共和国からの要請を拒否した後、ウクライナのゼレンスキー大統領にビデオリンクによる演説を許可したことについても、規約違反であると批判した。

ポリアンスキーは、ロシアが隣のクレドマッシュ工場の倉庫を攻撃したことについて、「実際には、ショッピングモールへの攻撃はなかった」と話した。そこに保管されていた武器と弾薬は、前線に向かっていた。前線では、ウクライナの大砲がドンバスの市民を長年にわたって爆撃してきたが、国連からの反対はなかったと、彼は付け加えた。"ロシアの攻撃はそれを止めた"

ポリャンスキー氏は、ウクライナのメディアには、アムストールショッピングセンター内の無傷の商品と、近くの住宅の窓が粉々になっていない映像がはっきりと映っていると指摘した。火災の原因は、クレドマッシュで西側から供給された弾薬の爆発によるものだという。

モスクワ特使は、ウクライナはプロパガンダ戦争を行っており、「蛇の島13番地」や「キエフの幽霊」といったフェイクや嘘を用いて、欧米からさらなる武器や財政援助を求めるキャンペーンを行っていると非難した。ポリャンスキー氏は、ドンバスの民間人の実際の証言によると、彼らは、住宅周辺に展開し民間人を人間の盾として使用するウクライナ軍だけを非難していると主張した。

火曜日のセッションは、6月末まで国連安保理の議長を務めるNATO加盟国アルバニアによって招集された。

開会宣言は、現在国連事務次長(政治・平和構築担当)を務める米国の外交官、ローズマリー・ディカルロ氏によって行われた。彼女は、ウクライナの街全体がロシア軍によって「平地化」されていると述べ、月曜日のクレメンチュグでの事件を "紛争の中で最も衝撃的な攻撃の一つ "と表現した。

しかし、基調講演を行ったのはゼレンスキー氏だった。ビデオリンクを通じて登場したウクライナ大統領は、ポリアンスキー氏が規約違反だと反対したように、国連がロシアを「テロ国家」と宣言し、安保理と総会から追放し、ルワンダの大量虐殺で行われたような国際法廷を設置するよう再び要求したのである。

「そして、ルワンダの大虐殺の時のように国際裁判を起こすのだ。

ゼレンスキーは、ロシアがウクライナに対して「全面的な征服戦争」を行い、「テロリストであり人類の敵」であると非難した。ロシアが国連安保理の常任理事国であるのは、冷戦終結時の西側諸国の「近視眼的態度」によるものであり、国連から完全に追放されるべきだと彼は主張した。

ロシアは世界最大の核保有国である。ゼレンスキーが触れなかった話題だ。

ポーランド、エストニア、イギリスの代表は、キエフを支持する声を上げた。ポリャンスキーは、ロシアが軍事作戦を開始したのは、ウクライナが西側の手に落ちる反ロシア兵器になるのを防ぐためだと主張した。

「これらの目標が達成されるまで、我々の作戦は継続される」とロシア特使は述べた。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

Ukraine confirms Russian missile hit plant adjacent to burned down shopping mall
The strike left a large crater at a factory that was used to stockpile weaponry, according to Moscow
The Russian military on Monday targeted the Kredmash vehicle plant in the Ukrainian city of Kremenchug, the chairman of the factory’s supervisory board, Nikolay Danileyko, has confirmed. The plant is located right next to the shopping mall that was destroyed in a blaze after the missile strike, with 18 people reported killed and over 50 injured.

The factory was a civilian facility and had not produced military vehicles or parts for them since 1989, Danileyko told local media. The plant’s workers were not injured in the attack, he added.

Footage from the scene aired by local media shows a large crater in the middle of one of the factory’s hangars. The strike inflicted heavy damage on the building, blowing away parts of its roofing and walls and rupturing underground piping.

While Kiev was quick to accuse Moscow of deliberately attacking the shopping mall itself, the Russian military maintained it had targeted a stockpile of Western-supplied weaponry on the premises of the Kredmash plant. Secondary detonations of the destroyed weapons sparked a fire that spread to the shopping mall, the Russian military claimed.

Ukrainian President Volodymyr Zelensky claimed the shopping mall was tightly packed, with “more than a thousand civilians” visiting it at the time of the strike. Footage from the scene taken moments after the strike, however, showed that the parking lot by the mall was almost empty, with several armed individuals in military uniform roaming the area.

The mayor of Kremenchug pinned the blame for the civilian casualties on the venue’s operators, accusing them of ignoring a warning of an imminent air attack.

“Ukraine is at war, so ignoring an air raid alert is a crime, which the tragedy in Amstor [mall] demonstrated once again,” the mayor, Vitaly Maletsky, wrote on social media.


この公園は、工場の北側に位置し、ショッピングモールと反対側です。ロイターは、ショッピングモールに攻撃があったかのように誤解させようとしています。

空襲警報が出ていたようで市長が市民は警戒が足りないと言っています。
工場へはかなり大きな爆弾が落とされています。
posted by ZUKUNASHI at 00:18| Comment(0) | ウクライナ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。