NATOは世界平和に対する最大の脅威: ずくなしの冷や水

2022年07月02日

NATOは世界平和に対する最大の脅威

NATO number one threat to global peace, says French politician
It is stted that NATO considers the EU as "a registration office of its members"
PARIS, June 27. /TASS/. NATO is the biggest threat to global peace since it is pushing the European Union toward confrontation with Russia and China and is seeking to destroy the "buffer zone" by forcing neutral states to take sides in this confrontation, a French member of the European Parliament told TASS on Monday.

"Thanks to widespread NATO propaganda, it is becoming clear that the organization, which was once described by [French President] Emmanuel Macron as brain dead, is morphing from a trans-Atlantic alliance into a global structure," Herve Juvin, a member of the European Parliament’s Subcommittee on Security and Defence (SEDE), said ahead of a NATO summit due to be held in Madrid on June 28-30.

According to Juvin, NATO considers the European Union as "a registration office of its members" and, being guided by this logic, is mounting pressure on such countries as Georgia, Armenia, and Ukraine, "which have never been part of Europe either geographically, or politically, or in humanitarian terms," as well as on Bosnia-Herzegovina, Montenegro, North Macedonia, and Kosovo with an eye of admitting them to the US-led military bloc.

"This is a dangerous step because it eliminates the entire security space, the buffer zone the great powers have given each other as a price for their security. NATO is the number one threat to peace in the entire world because it is encircling Russia and is getting prepared to encircle China. And the European Union’s kowtowing to NATO, which, as a matter of fact, is serving Anglo-American interests, radically alien to Europe. This is the result of the shocking ignorance of European governments and those who were installed there by them at the helm of European institutions," he stated.

He compared the current security situation with the 1962 Cuban Missile Crisis when the United States deployed intermediate-range missiles in Turkey and the former Soviet Union deployed its military in Cuba. However, "diplomacy won the upper hand" back then and the sides recognized mutual concerns in the security sphere, the French lawmaker noted, adding that in the current situation Washington should reckon with Moscow’s concerns and withdraw its intermediate-range missiles from Poland and Romania, and shut down its biolabs and chemical weapons research centers at Russia’s borders.

"But American diplomacy, which used to respect other powers, has fallen into the hands of a tribe of neoconservatives, who dream of biblically crushing any enemy. The key danger lies in disregarding the reality, so characteristic of American and, hence, European politics today. There is nothing more dangerous in foreign politics than to divide people into bad and good guys," he added.
パリ、6月27日。/NATOは欧州連合(EU)をロシアや中国との対立に向かわせ、中立国にこの対立の味方をさせることで「緩衝地帯」を破壊しようとしているので、世界平和に対する最大の脅威だと、フランスの欧州議会議員が月曜日、タス通信に語った。

欧州議会の安全保障・防衛小委員会(SEDE)のエルベ・ジュバン委員は、6月28日から30日にマドリードで開催される予定のNATO首脳会議を前に、「NATOのプロパガンダのおかげで、かつて(フランスの)エマニュエル・マクソン大統領が脳死状態と評したこの組織が、大西洋横断同盟からグローバル構造へと変形しつつあることが明らかになってきた」と述べた。

ジュビンによれば、NATOはEUを「加盟国の登録所」とみなしており、この論理に導かれて、グルジア、アルメニア、ウクライナといった「地理的にも政治的にも人道的にも決してヨーロッパの一部ではない」国々や、ボスニア・ヘルツェゴビナ、モンテネグロ、北マケドニア、コソボを米国主導の軍事ブロックへの加盟を目指して圧力を加えているのだそうです。

「これは、大国が安全保障の代償として互いに与え合ってきた緩衝地帯である安全保障空間全体を排除するものであり、危険な一歩である。NATOは、ロシアを包囲し、中国を包囲する準備を始めているため、全世界の平和に対する最大の脅威である。そして、EUのNATOへの屈服は、実のところ、ヨーロッパとは根本的に異質な英米の利益に奉仕しているのです。これは、欧州政府および欧州機関のトップに据えられた人々の衝撃的な無知の結果である」と述べた。

彼は現在の安全保障状況を、米国がトルコに中距離ミサイルを配備し、旧ソ連がキューバに軍を配備した1962年のキューバ・ミサイル危機と比較した。しかし、当時は「外交が優位に立ち」、安全保障分野における相互の懸念を認識したと、同議員は指摘し、現在の状況では、米国はモスクワの懸念を考慮し、ポーランドとルーマニアから中距離ミサイルを撤去し、ロシア国境のバイオラボと化学兵器研究センターを閉鎖すべきだと述べた。

「しかし、かつて他国を尊重したアメリカ外交は、どんな敵でも聖書的に粉砕することを夢見る新保守主義者の一族の手に落ちてしまったのである。重要な危険は、今日のアメリカ、ひいてはヨーロッパの政治に特徴的な、現実を無視することにある。外交において、人を悪人と善人に分けることほど危険なことはない」とも言った。
www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。


NATOとロシアは合意に達する可能性が高いようです。
1.占領地での現状維持
2.フィンランドとスウェーデンがNATOに加盟したが、軍隊は駐留していない。
3.オデッサ港の保持
4.ウクライナの領土をポーランドに引き渡さないこと

posted by ZUKUNASHI at 20:39| Comment(3) | 国際・政治
この記事へのコメント
日本が憲法を変えてまで戦争ができる体制作りに邁進している。
NATOにも両足を突っ込んでいる。
アメリカの衛兵国として中国との戦場に成るのか?!
友人に不安感を話したら、鼻で嗤い飛ばされた。
だけど、不安感がぬぐえない。

選挙結果によっては、戦争するための改憲は一時止まるだろうけど。
掲示板を見ても広報見てもテレビを見ても、不安感は募るばかり。

どうしたらイイんだろう。
Posted by いま at 2022年07月01日 10:14
シリア、アフガン、ウクライナとNATOが失敗し、ウクライナで方針転換です。日本人は、問題を理解していませんね。
台湾が米国に煽られて破滅の道を選びそうですし、日本、韓国はポーランドや英国の役割をすることになる。
私は、この参議院選でれいわが伸びてくれることを期待していますが、果たしてどこまで?
NATOの危険性は、ネットで海外の論者の論説を読まないと気づきませんから、日本は戦争ができる国に向かって進むのでしょう。衰退が激しい英国の動きから日本もそうなっていくだろうと思います。
気づいた人から声を上げていくしかないですね。
Posted by ZUKUNASHI at 2022年07月01日 11:36
自民党の改憲案をサクッと見せてくれるページを見つけました。
https://kaiseisouan.com/

私たちが今より幸せに暮らしていける事は、絶対に無さそうな案でした。
みんなこれでよいのかしらん?
Posted by いま at 2022年07月01日 13:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。